春鯛を食べさせたくて

「春らんまん お花見&行楽弁当!春の食材を使った料理」【レシピブログ×特集連動企画】


a0263388_19580430.jpg

わが家はケンカにならないように、行事のお弁当はあらかじめ、同じものを四つ作ります。

偏食の多い家族に、お菓子感覚でいただける赤飯を丸めて、肉や魚もコンパクトにカット、騙し騙し完食させます。


赤飯おむすび
真鯛の塩焼き
エビフライ
タコさんウインナ
チコリボート
肉巻きアスパラガス
菜の花とロケットサラダのわさび醤油和え
玉子焼き
紅白かまぼこ
うさちゃん紅玉リンゴ


a0263388_19582318.jpg

お彼岸前から咲き始める、中庭の紅富士桜(寒緋桜の一種)は、この樹木の群生で空が綿菓子色に染まることで有名な、オープンガーデンで勧められて試しに植えました。

17年経っても花付きがまばらなのは、山桜系だからです。


四角いティーポットの中身は、鯛の出汁でとったお澄ましです。



a0263388_19590145.jpg

菜の花は夫の実家、ロケットサラダの花は私の実家からもらいました。どちらもアブラナ科の植物なので、免疫力を高めてくれるようです。

いつも花見運転手の私は呑めず、庭で甘酒と重箱ランチを楽しみます。
想定外に長引いた子の受験から解放されて、家を離れる子を太らせてから旅立たせ鯛…ものです……お粗末さま。




[PR]
by kimawasanai_2 | 2015-03-12 19:57 | 更年期のらりくらり

着まわせない主婦が組み立てる、ワードローブ