A&Wボタニックガーデン1

a0263388_15470065.jpg
夕べ、花友に教えられローズウィーク真っ只中のアンディー&ウィリアムス・ボタニックガーデン(2002年オープン)へ出掛けた。
11時スタートの無料ガーデンツアー(45分間)にも参加して有意義な2時間だった。

まず駐車スペースに濃厚なカカオの香りが漂っている……手前のチョコレートカラーのスモークツリーだ。
(県立がんセンタ→ベクトル→小麦や→イオンモールのルートしかないと思っていたら、2万平米のイングリッシュガーデンがある……10年前に向かいのジョイフル本田のパイン家具しか見なかった家族を悔いた)


a0263388_16065314.jpg
ビクトリア朝の権力の象徴、ライオンの石像もウェルカムサインのパイナップルも、英国より運び込まれた。

a0263388_16104735.jpg
入園料550円、入口で日傘を借りる。ロンドン弾丸ツアーしなくていいね。

a0263388_16122754.jpg
隅に鳩小屋の模型。花のない季節も楽しいノットガーデン。

a0263388_16214857.jpg
気温30度のホワイトガーデン。サマーアイスと羽衣をメインにシャクヤク、ツユクサ、フウロソウ、ダイアンサス、カラミンサなど。

a0263388_16260037.jpg
フォーカルポイント豊富で、レンガを積み上げた小休止スペースもある。正面アーチめがけて進むと。
a0263388_16374349.jpg
木立のニセアカシアのライムカラーとバラのアーチが見事。両わきのポピーが見ごろ。

ヘッドガーデナー曰く「淡色バラの根元には銀葉の宿根草花で調和をとり、両脇から赤と白のつるバラを渡してコントラストをつけるなど、計算し尽くされています」


[PR]
by kimawasanai_2 | 2015-05-17 15:44 | 美意識をやしなう

着まわせない主婦が組み立てる、ワードローブ