A&Wボタニックガーデン2

a0263388_17054295.jpg
ノットガーデンからカフェコートガーデンを臨む。隣は底床式庭園サンクンガーデン。建物の前に休憩所がある。

a0263388_17125669.jpg
2万平米の敷地に20ほどのガーデンがあって楽しい。日陰に適した斑入りアオキ、ホスタ、クリスマスローズ。

a0263388_17172425.jpg
かわいい菜園!手前は小麦で洋梨など果樹らしきものも。奥は苺の棚。棚にステンシルされたストロベリーが。

a0263388_17212875.jpg
チューダー朝式ハーブガーデンはカーリーミントの香りが心地よい。手前アーティチョークと奥のアイアンベンチの紋章がシンクロしている。

a0263388_17303624.jpg
手間のかかるスパイラルレンガのパーゴラが見事なシールズパレード。朝いちばんと西陽が差し込む夕方が素晴らしいそうだ。

a0263388_17390343.jpg
人気者のロサ・ボンボン。

a0263388_17344803.jpg
パープルパンパスグラスもフォーカルポイント。英国人2人の設計士はバラに特化した花園ではなく、ボーダーガーデンを打ち出したそうだ。
植えてみて、群馬の気候に適さないデルフィニュームやルピナスを排除した。

a0263388_17411496.jpg
早めに咲いたバラと従長気味のパンジー、アネモネが同時に見られて満足。


[PR]
by kimawasanai_2 | 2015-05-17 16:58 | 美意識をやしなう

着まわせない主婦が組み立てる、ワードローブ