エスプリークリキッドでポンポン

a0263388_10332318.jpg
ジェルファンデのリピ買いをやめて、コーセーエスプリークのスタンプ状ファンデに買い換えました。これ、面白〜〜い。
BAに相談してオークル410にした。


秋冬に私が好きなクリームファンデだと、50代はひび割れしやすいので、ちまたではリキッド推奨とか。シワにファンデがめり込むとアイタタタ……。

秋冬をリキッドで過ごすのは初めて……ドキドキ。肌がボテボテしてると母が「化粧が濃い!下手くそ!」と激昂する……「BBA!放っといてくれ」と泣いてお願いしたが無駄でした。

だらしない丸の内OLの母は出勤前、祖母に鼻毛やうなじのおくれ毛まで、執拗にチェックされたそうで。
教免があろうが男女雇用均等法などなかった時代、田舎の荒くれタクシー会社から丸の内社長秘書・中途採用がよっぽど嬉しかったんだろ。


説明には、スポンジを3回ほどメッシュに軽く押し当てた量が顔半分とありますが、私は顔全面でオッケー。ヨレなくていい感じ。

ファンデとコンシーラーは日進月歩を実感する。


a0263388_10340036.jpg
高いジェルファンデの内側から発光するような仕上がりと比べると……遜色ない。

シミは隠れるし、カジュアルな肌作りには充分。
しかし半分のみ隠れるクマには、ケイトスティックコンシーラーのあと、ライラック色お粉を目の下とアゴにブラシでひと刷毛の作業が必須。


a0263388_11111787.jpg
29才のフェイスラインはタマゴ型。当時39キロ、後に産後太りで背が伸びる。

綺麗でオシャレ人間たちの部署で9時5時の内勤、温泉旅行にバス遠足あり…から一転、慣れない環境で夜7時まで詰めて、7時30分の夕飯はゲーゲー吐いていた頃。



a0263388_11200030.jpg
朝露のヘルシューレン撮ろうと早起きしたら、すでに夫に摘まれていた。
リリーズアンドリメインズのライブDVDを観ると、カズヤのジャズマスターに激しい嫉妬をぬぐい得ぬ夫である。

昔、新居にYMCA夜間クラス時代の友人家族を招いてクラプトンの譜面を貸して弾かせたら、夫より上手い。夫はついてゆけず途中で放り出した。

やつはすっかりいじけて、影で悪口。
「ふん、みんな留学とか何だい、何だい……ろくな大学出てないし、ろくな仕事に就いてないくせに」
こういう凡庸なところが最大の魅力だ。笑

ノーベンバーズDVDも観せてあげた。
夫「ラッドのジャケット綺麗だ。家庭があると重みが違うな、高松はグルーピーに要注意だ(←いつの時代だよ)。バンドやりたくなってきた。今度あいつに弦を張り替えさせよう」
私「あの子のほうが巧くて、誉めなかったくせにーー」



[PR]
by kimawasanai_2 | 2015-10-11 10:28 | 顔色補正

着まわせない主婦が組み立てる、ワードローブ