エナメルバッグのお手入れ

a0263388_13475546.jpeg
昨日の気温を忘れるように…とテレビで警告するほど寒い。グレーのコートにパンツでオヤジみたいだと、レモンイエローのバッグが恋しくなり、昔のロンシャンを引っ張り出した。

それなりに経年劣化と手垢で汚れている。しかしガラス加工のエナメルバッグほど水に弱く、デリケートだと思わなければいけない。

矛盾するようだが、いきなりレザークリーナーではなく、固く絞ったタオルで優しくきながに水拭きなのである。
大抵の汚れは落ちてしまうので乾拭き。傷はアクリル絵の具で色を混ぜて補修する。

私は殿下よりキッド派、80年代はボーボーだったココナッツのわき毛がないね。


a0263388_14252921.jpeg
夫が初めて気立ての良いスタッフに2段チョコもらって、気もそぞろ。自室で1段目を制覇したとか。お返しはどうしたらいいんだろうと悩んでいる……情けなや。

かつて高校生の息子がいたので、ゲッティママの気持ちが手に取るようにわかる。今年はもらえたのか?どんなチョコをくれるセンスなのか?ひとくちくれ!……そう神棚に隠そうと、母親の嗅覚はシェパード並みだ。


a0263388_18184441.jpeg
ご飯
紅鮭のアルミホイル焼き
セリの卵焼き
チコリとリンゴのサラダ
ほうれん草と舞茸のベーコンソテー


あの忌まわしい記憶よ。クリスマスパーティーのお礼に、女の子を家に呼びたいと言う小3の長男に、
「お母さんと彼女を比べるなんて出来ないよ」
といわれ、ショックでスーパーのショッピングカートにおでこを打ち付けて泣いてしまった。

その少女がわが家に来て、幼稚園児にお絵描きを教えていたが、途中で「つまンないわ、女の子の友だち呼んで」と言い出した時は、業を煮やした私が「帰れよブス」と言ったことを、息子は知らな〜〜い。
この頃のシールは神がかってます。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2016-02-15 19:30 | お手入れ

着まわせない主婦が組み立てる、ワードローブ