ホワイトリネンジャケット

a0263388_16024769.jpeg
気温32度。難恋のヒロイン・柴山美咲ちっくにスピックアンドスパンのジャケットを日焼け対策に。かごバッグはKOHAKU。

明け方の夢はコーズウェイベイ(トンロー湾)・パークレーンホテルの砕いた蜂の巣から滴り落ちる、ハチミツの朝食ビュッフェだった。
着床したとおぼしき私は、微熱の身体でハチミツを欲し、香港式朝粥ばかりだった記憶がある。見たいと思って見られる夢ではない。


三十路になった友への土産は新譜。
a0263388_16040043.jpeg

TOKYO DEATH DISCOの記憶が帯のようにたなびいて薄れてゆく。のんびり入場、強烈なACOがDJブースでかかる。地下は満杯。

「今さらフロアに降りられないよね」と、隣に居合わせた人と高所から、椿姫みたいに穴の空くほど眺める。

あさっての方向ですが。お目々が限りなく真円に近い大&スクエアメガネにチェックシャツのTak……連休3日間、植木しか見てなかった私にはパラダイス(笑。

高所恐怖症の私が3時間いられたのは、マリス好き彼女のお陰。絶妙な間でポツリポツリと、面白いことを言う。

パープルローブに身を包むデルジISSAYはカトレアの花みたいで、ネックレスと指輪の彫金までハッキリ見える。

「プリンスが亡くなって、しばらく私、おかしかったんです」
「さっき私も同じこと考えてた」
艶かしくて大陸的な月下美人から、裸足のLADY DOLL。マンモスの夜に男の子たち悶絶。

the nightで幕開けのdieSはより一層、禁欲的で戦慄のステージ……これではアウアアコレクションの注釈になってしまう。innocent tabooでは何かがうごめいているような。SMELLが聴けてよかった。
ああ私の頭上にさらなる上から、女たちの涎が落ちてきそうだ………。

DALLEで彼女は「ドラムス気持ち良い」と踊りまくり、頚椎症の私は座る。
紙一重ふたり……コージと八田に挟まれて、スモーキーなハイトーンボイスとデス声を使い分けるryoが合っていて面白い。ノットインラブも砂糖より甘い。

またいつか暗闇に誘われたいものです。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2016-05-07 20:05 | ベーシックカラー

着まわせない主婦が組み立てる、ワードローブ