白とブルーの保護者会

a0263388_18124147.jpeg
部活見学も最終学年となる。ボーダーシャツとワイドパンツに白いリネンジャケットを羽織って。


病み上がりの部活顧問は、遅れて真っ青な顔で現れた。前日の画像とは似ても似つかず若い………男子校合唱部にいそうなタイプだ。テノールではなくて、華奢な全身でバリバリ鳴らす感じ。

合唱祭当日の早朝リハについては。
「そんな前に練習しても、声は2、3時間で元に戻る。のどをつぶすな」とのこと。


部員は顧問のピアノ伴奏で「あやしく歌ってね」と指導され、「棗(なつめ)のうた」を練習していた。黒鍵になりたーーい。

黒板で譜面読みをバンバン説明している。
「聴いてもらえるかどうかは最初の3、4小節で決まる」
「小節内でdimの始まりの位置を見て」
「クレシェンドでレベル10からじわじわ40に上げるのは当たり前。初め10なら途中でいったん5に下げて、最後にインパクトあるように」


毎晩 棗をひとつづつ食べたので
毎晩 棗がひとつづづ減りました

何かの依存症なのか?食べたぶんだけ減るのは当たり前…しかし中学生の清冽な声でこれを歌うと、なんとも危うい。


……一目惚れする恋もなく
……故里もなく
……小犬もなく

言葉遊びのような歌詞は、おそらく主人公の(気がかりな恋や故里や子犬へ向ける)意識を、夜ごとの棗摂取にすり替えている。

もうすぐこれを食べ終えたらあの恋は恋でなくなり、故里は故里でなくなり、子犬は子犬でなくなるんだわ。

けれど最後の一粒を食べ終えても、次を(買ってでも)求める私を私はどこかで自覚している。私は私のままなのだから。


a0263388_18205792.jpeg
発表会の年間計画会議中。ん?裁断テーブルのむすうのチャコット跡にB-T?
下にすべて彫り込んであるね(笑。

ちなみに上のほうに「凛」も画数多いのにあった……探せば乙龍とかありそう……ダメだ、たのしすぎる。


a0263388_19313170.jpeg
ご飯
ぬか漬けキュウリ
イカの塩辛
ラムステーキとラディッシュ
湯葉チップスとロメインレタスのピンクグレープフルーツサラダ


[PR]
by kimawasanai_2 | 2016-05-14 20:05 | 美意識をやしなう

着まわせない主婦が組み立てる、ワードローブ