プレップノット

a0263388_15150950.jpeg
「両の脚 バラのしげみに 引き込まれ」
バラは夏の季語……いつものことだ。

肌寒い朝はジャーナルのカーデをディレクター巻き…にはしないでノットを作る。
スペルガのスタッズスニーカーとヤスエカーターのカゴ。


a0263388_15201093.jpeg
陶器レリーフポットの口にセロテープを格子に張り巡らして、その四角い隙間に花をラウンドに生け込む。

ポットの内側面に茎の切り口を放射状に渡して、花留めとなるようにすれば簡単。


カフェテーブルお手製。爪楊枝でワスレナグサの花芯とバラのつるを描いた……二度とイヤ。


a0263388_15290855.jpeg
オレンジのバラ……TIN TIN
ピンクのバラ……ROCOCO
パープルのバラ……BLUE RIVER
シュンギクの花
ソンブレロ
三尺バーベナ
イキシア
コマチソウ
一重咲きカスミソウ


a0263388_15400710.jpeg


a0263388_15435554.jpeg
10年ぶりにパラソル買い替え。
リクニスの株元で、翡翠色のオオミズアオが羽根を休めたまま。


a0263388_15513205.jpeg
鉢植えのルイ14世を地植えする。ベランダ室外機で干からびたが、オールドローズは野太い。

最後のストックしてある完熟堆肥を土盛りした上に置いてやる。同様、咲き終えたシャクヤクにもお礼肥え(そう愛はこのバラ師匠特製堆肥のように、バンバン枯渇してゆくものなのだ………昨日まではティーカップの底に顔が浮かんでいても、明日はわからない)。


[PR]
by kimawasanai_2 | 2016-05-16 20:05 | 顔色補正

着まわせない主婦が組み立てる、ワードローブ