お手本はバラ

a0263388_14241530.jpg
テキストは新に限る、親切丁寧なこれ一冊があればいい。図書館で古いテキストを借りてきて作ったら行程が釈然とせず、時間ばかりかかった。

基本の丸つまみさえマスターすれば、応用でバラが出来ちゃう素晴らしさ。


問題はサウスポー。そこは伝統工芸、ピンセットを右手に持ち替えてつままないと。
耳たぶをつまみたい。



a0263388_14243850.jpg
ヘルシューレンの消毒をする。今季もカミキリムシにやられた。



a0263388_14245818.jpg
ルイ16世の立派なアブラムシも、素手で捕殺。



a0263388_14251073.jpg
ラベンダーを縛ったのは誰だよっ。


a0263388_14253229.jpg
姑も誘い苗木屋へ。ケース売りを2軒で分けっこ。「その色が好きねえ」といわれる。庭のあちこちに男が植わってるから、いまだ退屈しないの(笑。

友のメッセージを見る。
「きりちゃんて女ですか?」
「そうよ惚れたな…ま、どっちでもいっか」

「あれ以来忘れられなくて、ドラムを追いかけてみようかと」
「ヒステリックじゃないのは希有だよね」


a0263388_14254666.jpg
大きな声では言えないが。
加湿厳禁の白い河原撫子にきりちゃんと呼びかけ、いざ花を満開に着けると実家に里子へ出すという、屈折した愛よ。
夏の植物園経由大阪泊、ふたたび京都がさくさく進むんでしょうか?この私に。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-05-07 20:05 | 美意識をやしなう

着まわせない主婦が組み立てる、ワードローブ