カテゴリ:ベーシックカラー( 118 )

ライダース考

a0263388_17003328.jpg
革もの更新時期にライダースジャケット並べた。

右の赤みベージュ合皮は顔映り良く、春めいた色が可愛いけど、床材と同じで匂ったりベタついたり。加水分解されたのか、襟がズタボロで処分。常にスカーフでガードしていたのに残念。ネットによると、合皮耐久年数は製造から3年。


中央のALISIシングルライダースはこれから着る予定。カーフよりソフトなラム好き。サンドグレーでさ失敗して来た私に、サンドベージュが似合うかというと……レースのカーキスカートや青緑色パンツに合いそう。

ちびがロンスカ感覚で穿けるワイドパンツと、ハイウエストのテーパードパンツはマイ定番だから、流行が去っても着るだろう。


左のキャメルはテーラード型のライダース。綺麗めな膝下スカートに合わせて実家に行くと「そうそう、いつもこうでないと(笑」と父に誉められた形。
小花模様スカート70年代コーデに飽きたので、保留して処分を決めた。


しかし、ウェーブ体型にライダースやツィードジャケットは、ハード過ぎて向かないそうな……確かに不思議アメーバみたいなカーデが似合うけど、完全無視。
ストレッチ感ゼロの素材にゴムまりみたいな身体を詰め込んで、ほとんど趣味で拘束してるようなものだ。

本来、Tシャツの上にピッタピタに着るべきものを、寒がりはハイゲージニット着ちゃう。鎖骨が浮くスレンダーなロッカー限定、ハードな艶黒で眼を楽しませてくれ。






a0263388_17010166.jpg
クロワッサン
カキフライと千切りキャベツ
カツオと九条ネギのカルパッチョ
レンコン白菜とベーコンのスープ





a0263388_17010690.jpg
レンコン入りオムライス
カブとトマトのパルミジャーノチーズサラダ
潮汁

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-12-11 20:05 | ベーシックカラー

a0263388_13373753.jpg
旅支度はオシャレより防寒を優先。カシミアストール、ハワイアンキルトのバッグ、革手袋はベビーピンクでまとめて。ボナーアイリッシュのニットキャップ。



行事と試験週間に向けて、風邪だけはひくまいと誓う。気温10度未満の寒さが続き、雨模様になるという。まだマシなの、アートスクールのライブなんて台風だから。

一泊ならスマホPASMOとキャッシュがありゃ良い。現実は…折りたたみ傘、充電器、常備薬、のど飴、マスク、本、オーデコロン、メイク用ポーチ、洗面ポーチ、カーラー、ネルのパジャマ、器を買った際の梱包用タオル、ガムテ、実家に送る定形外郵便用品一式…。



遠征……駆け落ちと同じ甘美な響き…荷造りはお済みですか皆さん。じつは移動恐怖症の私は、(合宿や社員旅行でとうとう克服出来ぬまま)カラのスーツケースを開けて震え上がる。






a0263388_13380790.jpg
出発日と2日目(帰宅日)共通はユニクロ×ルメールのガウンコート。
出発日はトランクに入れるとシワになる、ソリアークのコットンシルクボウブラウスとリミフウのロングベストにブラックデニム。


2日目はスキャパの千鳥格子ワンピースに紅珊瑚のネックレス。還暦を過ぎた先生には二度と遭えない気がする。






a0263388_13382213.jpg
ご飯
きんぴらごぼう
菜花のからしあえ
うろこまぐろの西京味噌アルミ箔焼
チーズアスパラトマトのアルミ箔焼
豚汁





a0263388_13383164.jpg
ご飯
千枚漬け
菜花のおかか和え
秋鮭のタルタルソースとコールスローサラダ
作り置き鶏そぼろの豆腐もやし炒め

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-11-20 20:05 | ベーシックカラー

白の鮮度

a0263388_08015863.jpg
忘年会打ち合わせのモーニングコメダ。23区のシャツとベロアパンツ、ミシェルクランのPコート、ミサハラダのシルクキャスケット。

気温10度を下ると、スカートやめてこの上下。白は黄ばむので、定番シャツとPコートはいずれ買い替えることになる。メルトン生地より、薄軽ダウンジャケットのほうが遥かに暖かい。午後はこのまま高校生のインフル予接に直行。



来週のボストン美術館「鈴木春信展」を楽しみに、スチームモップで床磨き。春信を150点も見る機会なんて、めったにないこと。

ウキウキしていたら、高校から「設備費ご寄付の願い」一口一万円通知が来た。その点、上の子のときの私立は授業料13000円で堅実だった。学費を値上げされたら困る。来年度からのスポーツ入学がドカンと無くなると、運営はーー。


ネットによるとイタリアのコクトーツインズとか……明らかに違うだろ。男女で弾けて歌えるというのが強い。エレガントモヒカン。この人たちのギグが見てみたい。

謎だ……イタリアには作れて歌える、この程度の綺麗なパンクスがフツーにいるという事だろうか?案外、普段は髪を下ろして公務員とかやってそう……洞君は詳しいだろうな。





a0263388_08022196.jpg
ご飯
焼たらこ
ムール貝アヒージョと野菜スティック
切り干し大根入り玉子焼き
大根と油揚のみそ汁





a0263388_08023287.jpg
ご飯
千枚漬
トンテキと原木えのきソテー
カツオの叩き



a0263388_08023899.jpg
ご飯
千枚漬
鯵の干物フレーク
キムチ鍋
茹でオレンジカリフラワー
イチジク



a0263388_08025215.jpg
鶏そぼろ弁当、千枚漬、木の葉とじ、オレンジカリフラワー、イチジク。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-11-18 20:05 | ベーシックカラー

ウール100

a0263388_14411004.jpg
昭和の小学生みたいな、ビームスボーイのレトロカーディガン。これが好きかどうかは別として……顔色がぱっと明るくなるし、汗ばむほど暖かい。
アメリカの老舗メーカーのカーディガンはウール50アクリル50で、1年でヘタるは寒いはで懲りた。 

先週は夫と「その色ばっかだね」「もう、帽子置ける場所ないよ」と牽制し合いながら、古着屋でようやく見つけた1枚。
秋冬はグッチのスウェードビブラムソールと。



日本のV系バンドにいても違和感ない。




a0263388_14412059.jpg
手持ち服を書き出してみると自分なりの選択肢があって、色味は素材と密接にリンクしてる。

カシミヤカーデなら真紅と決めていて、サテンロングスカートなら褪せたブルー。
甘いレース素材はカーキグリーンの渋色、レザージャケットとライダースは黒以外。
黒なら可愛いデザインで、軽い素材だったり。



ハンガーに掛かっていると美しいスタンダードなジャケットも、私が着るとダサくなったり……体型がスタンダードじゃないからだ。
かちっとしたトラッドで育った世代には抵抗のある、不思議シルエットのおばさんトップスがほっそり見える。


触れたときは気分が上がっても、五十路の顔と主婦の空気感が邪魔をして、泣く泣く処分した服がほとんどだ。




a0263388_14412764.jpg
チリビーンズタコス

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-11-15 20:05 | ベーシックカラー

メルトンコートの白

a0263388_16390431.jpg
休日、夫と電車で出掛ける。とろみプルオーバーの上は、木枯らしの街歩きに白いピーコートと、サイドゴアブーツでちょうど良かった。青緑色パンツばかり履くと、デニムが遠ざかる。
えびやの大エビ天蕎麦は美味い。



毎年恒例、紺のケリーをリンナイワックスで磨いてもらう…夫は革製品に触れると、ぞくぞくするらしい。

こんまりさんの適正量「カチッとポイント」がワードローブに近づいて来るのを、実感する。
アイシTELL>>>エビ天>しんたろ
マーチン>>カツ丼>おティル




a0263388_16391701.jpg
ご飯
きゅうりぬか漬け
冷やしトマト
鶏つくねと海老だんごの生姜鍋
油揚げ刻みネギ





a0263388_16392997.jpg
焼き鳥弁当、えび玉、刻み油揚げ、オレンジ。





a0263388_16393661.jpg
タケノコと鶏団子きのこ雑炊
きゅうりぬか漬け
ネギトロ
マカロニサラダ

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-11-09 20:05 | ベーシックカラー

a0263388_13220432.jpg
シャツにボールジーのカーフジャケットを羽織って、通院。ぴったぴたで着ると暑いくらい。これは顔色が明るく見えるので、ズタボロになるまで着る。
リサイクルショップに年内最後、スタメン以外の服を持ち込んでホッ。

翌日の朝練にはシャツと赤のスカーフに替えて。






a0263388_13223214.jpg
ガーリックトースト
ししゃもと春菊のマリネ
秋鮭きのこホイル蒸し
きゃべつのコールスローサラダ
バターナッツかぼちゃのポタージュ




a0263388_13223832.jpg
ご飯
みょうが梅漬け
水菜のジャコ和え
八宝菜
炒ぎんなん
マグロの刺身



a0263388_13224933.jpg
ご飯
きゅうりの針生姜和え
肉じゃが
肉豆腐と根菜の炒め物
アスパラオムレツ

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-10-25 20:05 | ベーシックカラー

暗黒PTA

a0263388_13091531.jpg
黒服で学校の地区別総会参加。イケメン皆無の教職員(私学にしては珍しい)が来る前に早退して、ギャ(の成れの果て)は北から南へ移動。

友だち作、私のリクエストのすみれ色スワロフスキービーズを使った黒いサテンリボンのネックレスを着けた。黒トップスにスワロのみが浮かび上がり綺麗。


実家で父に「あーー日曜の朝から子の通院なんて。自分の事をしなきゃダメだっ!」と一喝される。画面を見て首を傾げているうちに気づいた。4秒ほど見切れてる………神様のいぢわる。

テーブルでシクシクしたら、母が「ピアノを弾いて行きなさい。普段、皆の仕事中は弾けないから」と言って、ピアノに背を向けて絵の通信課題に取りかかった。鍵盤に向かってシクシクすると、譜面台におやつが置かれてゆく。



a0263388_13092592.jpg
ご飯
ステーキきのこソース
マボチャン
にんじんサラダ

a0263388_13094096.jpg
ご飯
ステーキわさびソース
しらすきゅうり
もやしとグリーンアスパラのソテー



a0263388_13095126.jpg
ポテトグラタン

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-05-29 20:05 | ベーシックカラー

a0263388_13385297.jpg
春の陽気に黒の上下をやめて、グレー×水色でまとめた。ラリフのフリルコットンシャツとキースのハイゲージロングカーデに、23区のテーパードパンツ。

おやじパンツの日は、ビンテージのインタリオ薔薇イヤリングとチョーカー、ロングネックレスのてんこ盛りで。


夜の冷え込みにミッシェルクランのデニムコート持参。ラルフのホーサリーとタロンのぺたんこ靴で、渋谷O-WESTへ。ライブの前に南青山でお茶するする。



a0263388_13390524.jpg
ホタルイカとアサリのトマトリゾット、ほうれん草おひたし、しらすキュウリ。


a0263388_13391721.jpg
たけのこ、セリ、ベビーホタテの白ワインレモンソースパスタ、春サラダ。

夕飯のカレーと平行して昼飯を作ったら安心して、手ぶらで出勤。信号待ちの間に(うわっ後部座席に、さっき作ったパスタがない!!)気づいて、家までとりに戻った。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-03-28 23:05 | ベーシックカラー

a0263388_14124296.jpg
ウールのスカートを休ませ、イネドのスウェードを出す。ミントグリーンのカシミヤカーディガンと。大きな貝ボタンで春めく。
ボーイズサイズの腕時計にお手製ミサンガ。

SADIE - Drowing (1996)
a0263388_14150854.jpg
ナイロンコードネックレスの色味に合わせたヘンプコードの平編みブレスレット。装飾パーツを含む仕上がり寸法24センチ。

6段編むのは簡単、端の始末(かぎ針処理と接着)が綺麗かどうかで質感の良し悪しが決まる。


直径2センチの金古美リングをビーズワイヤー装飾で囲む。青系・緑系のビーズと淡水真珠メインに、オレンジとレモンを効かせて。
ハナクソビーズ17粒がミクロの宝石箱みたいになる。



ぐしゃぐしゃした眼で朝テレビを見ていた。ラクトフェリンを飲み続けていると、鼻・頬骨・ひたいが痛むほどの鼻炎は免れる。
涙でかすむ眼をこすりながら、画面に釘付け。お婆さんがスタッフと農産物を選んでいる。品揃え豊富な午前中だろう、ここより物価は2割増しだった気がする。

ンン?

顔を見なくても、入って来る仕草ですぐわかる。何時何処でもああだから。
(カメラクルー、婆さんより黒い人間をもいちど映せ!うちの家族は味噌汁に化学調味料使わないとすぐバレてブーイングなんだよ!

子どもみたいに眼を見開いて。とっさに性別はわからなくて良い…まだ髪が短くて、あたしには直売所ならぬ安息所であった。
お婆さんは東北にお住まいだと勘違いしていた。2007年収録、食卓に菜花で2月か。

Lust Inside--jelsomena
a0263388_14255578.jpg
ご飯
花らっきょう
肉味噌キャベツ炒め
エノキのコンニャク煮
ロケットとアスパラガスのサラダ
neva - sacrilège

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-03-01 20:05 | ベーシックカラー

all black

a0263388_14014133.jpg
半ドン。凍てつく寒さにシャンタルトーマスのカシミヤコートと23区ウールジャケット。

たまには黒尽し、アクセもブラックパールネックレスとスワロフスキービーズのイヤリング。



a0263388_14031163.jpg
昼のアサリパスタと夜の野菜カリーを、同時進行で作る。



a0263388_14063499.jpg
早咲きの寒さに萎れる、後ろ姿。


a0263388_14071620.jpg
アブラムシ巻いた。


a0263388_18264779.jpg
上野でティツィアーノ展のあとはチェリッシュベリーティーで暖をとり、手刀へ。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-02-10 21:05 | ベーシックカラー

着まわせない主婦が組み立てる、ワードローブ