カテゴリ:更年期のらりくらり( 71 )

日だまりで15分×3クール

a0263388_15141283.jpg
夕べはO-WESTでゆらゆらと3時間踊り、朝風呂でウエストに凄いくびれを確認。腰骨にビンが乗っかりそう(昼の炭水化物で戻る)。

身体が軽くなって、市役所に初の課税納付証明書を受けに行く。これで修学旅行の積立金ぶんが浮く。庭木の株元に堆肥を漉き込むこと45分間。



a0263388_15144199.jpg
しょうちゃんの新しいバンド、ラルベラを観に行った(ベースIORIは2バンド掛け持ち)。ジグラットのスタートは俄然楽しくて紅ショウガみたいな男だ……ステージでどすどす跳ねるたびに、こっちの足元がソニック状態になって怖かった。

めがねがないとサオリーナに見えて、夢中でキスを投げたらニコッとしてくれたラッキー(←大間違い)。物販で「今夜のベースはシン君」といわれ、、、。

一昨年10月に初めてダイズを観たとき、宝川温泉を(雪景色を見ながら首まで浸かり、ドイツ人観光客と泳いだのを)思い出していた。激しい曲でもあやかしの狂気でも、手足が伸ばせる温泉。大さんが知らない曲をガーベラって歌ってた…若かりし頃のU2やミューズが歌ったら面白そう…たくちゃんのああいう表情は久しぶり。


物販でリスクノオトと怪人20面奏のシングルを買った。耳に残るハスキーな声、まーだまだ化けそう。

ZIZはリマールちっくなのと、ヘヴィなのが両方聴ける。ところがあああ……最後にこうじの投げたピックが私のひじに当たり、バウンドしたのを後ろの人がキャッチ。

主催ラルベラ、黒いバイオリンに黒尽くめのメンバー。しょうちゃんはガッツ溢れるナイスガイだと思うけど、ハコ友が「お茶目で可愛い可愛い」と騒ぐほどなのでしょうか(笑。うーーー、ソフトなアー写から多少ソフトなのを期待したけど。ゴリゴリで手足は伸ばせない。


これから高校生の電車通学定期、バス代、スマホ代もろもろを支払うことになる。母が「ライブに行けるうちはまだ余裕がある」と笑ってたけど、ヨカッタ。


a0263388_15145790.jpg
焼うどん、スモークサーモンのクロワッサンサンド、枝豆、うさりんご。

パスタや焼きそばの出来立てを中華鍋に蓋して、すっぽりと洗濯かごに入れて職場に運ぶ日々。帰宅する頃には鍋が乾いていて持ち帰れるし、何より食器の破損の心配がないので、このスタイルに落ち着きました(笑。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-03-29 20:05 | 更年期のらりくらり

両親とランチ

a0263388_20585508.jpg
今年は誰にもチョコをあげないと決めた。
チョコの代わりに、実家に暖かいフィッシュ&チップスをお裾分けしたら、父に露骨にイヤな顔をされた。

「僕ァ、この辺の魚臭い料理は食べない」

(両親は朝飯抜きで、隣町イタリアンへのドライブを楽しみにしていたそうな)。


母は私にネット検索で予約電話を入れさせようとしたが、食べログは古く、昨年閉店した模様。
私は「近場にイタリアンが他に2軒あるみたい、そこにしたら?」と提案した。

母は「新規の店なんてイヤ、フィッシュ&チップスをいただくわ」なーーんて(最も恐れていた事を)言いだすから、父の怒り心頭。

父は私を完全無視で次妹宅に駆け込み、新規店の地図を書かせ、2名の電話予約を入れた。

「これといった目印がなくて、一回でたどり着けた客はまだいないそうだよ」
「私が車出す。ママランチに使いたいの」

フリーハンド地図がビミョーで、やっと着いた。完全予約制の隠れ家。



a0263388_21224125.jpg
来てヨカッタ……ママランチにゃ贅沢過ぎ。


a0263388_21265254.jpg
私って金のかかる女なの。



a0263388_21293203.jpg
母のリクエストは、これと同じ金古美ステーションネックレス。仕上がり寸法100センチ。



a0263388_21314610.jpg
イクラご飯
ガーリックチキンソテーとベビーリーフのサンドイッチ
キャベツとスモークサーモンのサラダ
厚揚げと絹さやの味噌汁

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-02-12 22:05 | 更年期のらりくらり

実家でのんびり

a0263388_15575024.jpeg
久し振りに暖かい休日。上のクラスに受かったの……という私のつぶやきを、庭とリビングでそれぞれキャッチする両親。
10年前にあの学校を勧めた次妹も飛んできて、おめでとうおめでとう。

長かった…手間取らせやがって……。



a0263388_16132022.jpeg
仏壇じゃなくて、母手彫りのシューズボックス。先月、私が投げ入れたままの花。



a0263388_16170933.jpeg
ヒューマンリーグDVDを開封して、母と観る。代表曲を一通り網羅してあるが、YouTube動画に比べたら、衣装が地味な印象。

「あーーこの顔だ、もういい。ドンチューウォンミーベイビー」
「フィルオーキーを観ても、私たち幸せになれないよ」

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-01-26 20:05 | 更年期のらりくらり

腑に落ちる髪型

a0263388_17195104.jpeg
休日、5ヶ月ぶりにパーマをかけに行く。前回は、バブルを通過して来た50代のオヤジ店長が、華やかに仕上げてくれた。

「僕の世代で、隈鳥さんほどファッションやメイクに気をつかってる人を知りませんよ。行き遅れた娘さんでも、通用しますね」

……有難くないが、姑も全く同じことを言っていた。


今回は美青年が仕上げてくれた。思わず鏡に向かって発した言葉は。
「ありがとう、これで私もおばさんマダムの仲間入り。自分がこんな風になれるなんて」

女のスタイリストは指先から(こいつ、普段からマメにブロウしそうもねぇな…ムースで仕上げとくか)感が漂う。

しかし、男のスタイリストは無意識に理想の女性像を作り上げているという。
「こうあって欲しいお袋」像になった。


昼に夫とホテルで落ち合って中華レストランのランチ。あんかけご飯と海老チリが絶品で、白米にダブル掛け……ムッチリのままでいい。



a0263388_18430751.jpeg
バケット
鯛と蛤のブイヤベース
鰹のたたき
えごまドレッシングのサラダ
とちおとめ

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-01-12 17:19 | 更年期のらりくらり

a0263388_14293882.jpeg
(こんなストライプのネイビースーツを、成人式に着ただろう!)と、部屋干しされた置き土産を見上げる。

アローズで買うためにコツコツ貯めてたんだな。持ち主は昨日、新幹線で帰った。


下の子が「お兄ちゃんの写真まかせといて!」とスーツ姿の画像をLineでバンバン送って来て、昨夜から私は虚脱感に襲われている。

これがお腹を切って産まれた子?……高校生までは夫にそっくりだったのに。顔立ちが、私の実家の父方の男によーく似て来た。




a0263388_14303820.jpeg
魚介のトマトソースパスタ
肉じゃが
ベビーホタテと赤大根のマヨ和え
しらすキュウリ



a0263388_14322645.jpeg
ブリの塩焼き弁当
高菜漬け
オクラのベーコン巻き
タコのキムチ
サラダ


a0263388_14531698.jpeg
エポカのばらけたビーズをチェーンに付けてサクランボにした。

イヤリングはクラシックな瓢箪タイプと、ポップなスティックタイプの2通り。

The Human League - The Sound Of The Crowd (1981) Show
[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-01-10 20:05 | 更年期のらりくらり

雪の庭

a0263388_12034911.jpeg
半ドン、昼の庭。


a0263388_12040503.jpeg
うわぁ、純がストラップ掛けてるーー予知夢か……いけるときに行っとくべきだった。



a0263388_13002591.jpeg
ローリーカーソンの中で良く聴くのは、ファイネストシング。

ハリエットより声量があり、シャリーンほどの癖は無く、サラほどの艶はない。押し付けがましくないのに、声だけで遠くへいざなうようなシンガー。


アフリカンマリゴールドバニラ
ペンタス
シロバナヤマブキ

[PR]
by kimawasanai_2 | 2016-11-24 20:05 | 更年期のらりくらり

小さなロンドン

a0263388_15443956.jpeg
昨夜は行き帰りとも快速電車の中で眠れた。
ボウイ、プリンス、ソフバ、スウェード、アップビート、デュラン2……まだ頭の中がこんがらがっている。

前回、クラセンで同席した女性に、こっちですとお誘いいただき、
「もう、あの人には生きていてくれさえすればいい…」という穏やかな面子で楽しかった。

ラブリーなトイレに、地下鉄ピカデリーラインの路線図が貼ってある。ドアの脇にturn off表示があったので、使用後に消した。

ややしばらくしてベビーフェイスの多時くんは、トイレの電気が真っ暗だったのでひるんでいた。節電オバハンでごめんっ。

開演後にフィッシュ&チップスに没頭してると、「アラセさんを観てあげて下さい」といわれる。空腹で目がかすむの。


合間、DIEファンとiPad片手にX話。


終演後チェキタイム(また、未完成の福笑いみたいな顔で写ったらどうしよう…)。
私のソファーになだれ込む大さんは、鮎の放流……とっさに何が何だかわからず、ひじ鉄喰らわせ(ええっ)。

陰湿なところがなくてキュート。ダークネイルがつやつやして綺麗だ。


またあの仕上がりに、がく然とする。

私だってどんぐりまなこ、何がどう違う?不服だ。目の縦幅はほぼ同じ。
しかし、大さんの両目の横幅は顔の横幅に対して三分の一も占める…よほどのデカ目メイクを施しているのか?
こっちは両目合わせて、顔幅の五分の二を占めるから相当なのに。


もっとも初めて握手したときの第一印象が(この世にこんな大きな眼の男がいる…安心した)なので、吐き気とめまいが起きないね。


a0263388_15575842.jpeg
ルコウソウ白はロマンチック。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2016-09-19 20:05 | 更年期のらりくらり

ひと月ぶりに実家へ

a0263388_15480723.jpeg
昨日の服で、今朝は模試会場に送り込んで実家へ。まだ雨戸が開いてないので、24時間スーパーで夕飯の買い出しを済ます。

母とシュウメイギクが満開の庭で過ごす。

スマホを娘に貸し出し中、この突撃朝ごはんが間違いだった………。



シュウメイギク
ムラサキシキブ
ミズヒキソウ
メドウセージ
トラディスカンティア
シュウカイドウ

母「今朝は(一日置きの)紅茶の日だわ、紅茶なら隈鳥にお願いね」

私が洗い物のラクそうなティーポットとマグカップを選んでいる間に、フレーバードティー嫌いな父は、さっさと母のぶんのコーヒーも淹れた。

母「何で今日もコーヒーなのっ!私は紅茶」
私「ママがこのマグで飲んで。私が両方いただくわ(コーヒーすする)」

母「いいえ、それは置いときなさい。隈鳥は私と紅茶よ!ひとりで飲むなんて紅茶じゃないわ」
私「はあ……」
父「紅茶にジャムを入れるかい」

母「あなた、私はトースト半切れと言ったのに、何で1枚焼くの!食べきれない」
私「その…ヨンブンノイチください」

母「白内障の手術する事になったの。黄斑がどうとかで黄斑の専門医に頼むの。その前に北海道に行ってきたの、はい、北一硝子」

私「乗り継ぎに体力つけないと…長い道のりねーー(聞かなきゃよかった)」

a0263388_19043100.jpeg
ご飯
野沢菜漬
サンマの香味ネギ焼き
サツマイモの鶏そぼろ煮
スイカ



母「そうそう、隈鳥とは神戸に1泊で夜景観たい。あの子も連れてけばいい…待ち合わせはどこにしようかな」
私「は?わたしたちと東京駅ってこと?夜景とかもぅ、どうで…………」

母「うふふ、路線が違うから大宮かなぁ…まだ先の話だけど、決めておかなきゃね」
私「そりゃ、リヴァプールに比べたらね(聞かなきゃよかった)」


[PR]
by kimawasanai_2 | 2016-09-04 20:05 | 更年期のらりくらり

ダブルでお願い

a0263388_17080989.jpeg
休日の朝、親子で学校説明会に行く。
「涼しい講堂で話を聴くだけなんだから。夕方の夏期講習サボるな、よ」と、夕べのうちに釘を刺しておいたのだが………。

試験会場までにかかる距離と時間を測るため、電車組と足並み揃え、往復3キロは歩いたことになる。

帰りは駅までの道を気温34度の中、共に保冷剤抱えて歩く。

「私、写真部に入る。でも制服は私立のほうが可愛いな」
「そそそそう、3月まで粘ってみれば?」

途中の古めかしいケーキ屋にサバランがあって嬉しかった。運転しない日と決めたから、リンゴ酒とラム酒の両方とも掛けてもらう。

「もうすでにラムが浸み渡っていますから、その上から香り付けすると、タラーーっとなりますよ」

最初にブリオッシュに酒を浸した人は、天才だ。午後はエアコンの利いた部屋で冷たいフローリングに寝そべって、スプーンですくいながら舌を酒に浸す………ううん目の前でシェリー酒をクイっと飲み干したい……そんなはしたない。


「頭イタイ、ラーメン屋のチャーシューでお腹やられた、じゅく休むーー」


a0263388_19435194.jpeg
シビちゃんいいこねーーでも毎度毎度泣かせるなよーー先輩みたいに笑わせなさーい。日曜のフェスには蝶々の浴衣で参戦するっ。


[PR]
by kimawasanai_2 | 2016-08-04 20:05 | 更年期のらりくらり

Le Blanc

a0263388_20281375.jpeg
マダムにいただいた白バラはルブランよ、検索してみてね…と教わった。美白ファンデみたいな名前。

マダムのイメージにはピッタリな、縁がピンクフリルの白バラだ。かぐや姫をお預かりしてる年寄りの心境(笑
(フロリバンダの割に花数が少なく、消毒なしでは育たないような)デリケートな幼苗を私に育てられるんだろうか?


2年越しでようやく満開、カワラナデシコの白花の鉢を母に託したときは、(よくあのママが)素直に受けとったものだと感心した。

「だって、満開に合わせて持ってきてくれたんでしょ?」
「うん、アパートのベランダじゃ室外機の風でダメ。ママの友だちにはお花の先生もいるし、山野草好きも寄るし。加湿にさえしなければいいの」

じっかで咲き終えた鉢を翌月に見ると、灰色カビ病の兆しがあった。
「いわれた通り、水やりを3日にいちどにしてみたけど、預かりものは常に緊張する。もういいから引き取って」

満開のときはソワソワして、(どうか私の知り得ぬところで綺麗に咲いてておくれと願ったけれど)手元に戻ってホッとした。

灼熱の車のトランクに3日間入れておいたら、苗が青々回復して、また白花をつけた。


想さんの夢を見たので、なーんかあったかなと思ったらつまり…サイレンスがしばしサイレントに?
ムレは私をいつも高みにまで連れて行ってくれるが、サイレンスの世界観とは異なる。
またいつか、きっと。思い起こせば秋に想さんの揺れる髪と灰色の瞳だったのだから。


そもそも、わが家の長男が向こうの教習所通いに忙しくて帰省しないので(夫が帰って来るなと言った)、あの子の好きなおかずが余ったときなんて、どこでもドアが欲しい。


a0263388_20282895.jpeg
バケット
合鴨パストラミ
小エビのカクテルとセロリ
ソーセージとトマト


[PR]
by kimawasanai_2 | 2016-08-02 22:05 | 更年期のらりくらり

着まわせない主婦が組み立てる、ワードローブ