カテゴリ:美意識をやしなう( 138 )

東山動植物園 温室後館

a0263388_12535251.jpg
お目当ては温室後館(重要文化財温室の保存修復工事に伴い、前館閉鎖)。入室した途端に咳が止まって、快適な温度と湿度を実感。さすがに見応え有り。




a0263388_12540672.jpg
水生植物室。35年前の先生と、深大寺睡蓮池にいると錯覚したままでいる。




a0263388_12541222.jpg
ハワイアンハウスで気根を垂らし咲くキッスス…デイゴのオバケみたいなやつ。




a0263388_12541827.jpg
中南米産植物温室に泊まりたい。通路の高低差が奥行きを感じさせるサンギャラリーで、植物パネルを見て学ぶ。自ら歩けぬ植物は、花が重要な生殖器官である……エロチックな姿形ばかりだった。





a0263388_12542999.jpg
万葉の散歩道を抜けて、赤にうっとり。団員LINEで五色もみじをお裾分け。





a0263388_12543753.jpg
懐かしいマメゾンでハンバーグランチの1時間後には、帰りの新幹線乗車。星ヶ丘の三越デパ地下は土産物と総菜の宝庫で、買いやすい。
くたくたで口も聞けず、包丁が持てずに夕飯を並べる。きしめん、串カツ八丁味噌ダレ、手羽先、大口屋の麩饅頭。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-11-25 20:05 | 美意識をやしなう

a0263388_15315718.jpg
26年ぶりの名古屋駅に着くなり、変化に戸惑う。金山駅のボストン美術館を目指す。
展覧会入り口の巨大スクリーンに自分のシルエットが映り込み、まるで春信の世界に同化したかのよう…。

前置き。(岡倉天心と交流を持つ親日家で、本人遺言によって、遺骨一部がフェノロサの墓の隣に埋められたという)ビゲロー医師のコレクションに感激。大森貝塚発掘の際のモームに同行したとか!このたびは初の里帰り作品が8割である(パンフより)。


第一部は先人達の三色刷り(紅刷り絵)から、明和期で五色にまで飛躍させた錦絵のヒーロー、春信誕生。その画風は女性と体格差がない華奢な男性を、あえて描くのが特徴。知識人との交流も深く、大家さんも兼ねて生活に困窮してない。
(金持ちの交換会に利用された為か)紙質が良く、空摺技法は工芸品のようなうつくしさ。

第二部は江戸の恋をテーマに初々しく。こたつで向き合う男女、女性が男性の足をコチョコチョ(笑。美人画の寵児にも関わらず、春信の作風にはあざとさが見受けられない(本名じろべえ………)。源平合戦の的矢に、恋文が結ばれていたり。


古典や故事、和歌、伝説の武将は、みーんな江戸の女に置き換えて見立て絵・やつし絵に(笑。着物の図柄には、陰暦の数字が隠されている。
遊女や茶屋の看板娘で人気を博し、大衆にも普及させる……凄まじいまでのセルフプロデュース力だが、じろべえ像は無いのか残念。
作品数のボリュームに椅子でぐったりしては、観てを繰り返す。

40代で急逝した春信を慕う、浮世絵師たちの作品も展示。しかし構図は凡庸、部屋のしつらえの描き方は雑で物足りない。
のちに「我こそが真の継承者」天才絵師歌麿現わる。見たものをハッピーにする家族・母子像などがボストンの修復士による解説で、平面の浮世絵を多角的立体的に体感出来た。以上。





a0263388_15321555.jpg
名古屋駅を出てひつまぶしランチ。女性はミニ膳で充分、絶対また行く。





a0263388_15322445.jpg
夜は宿から徒歩圏内のハコで、ダイズワンマン。関東/関西勢の集結にビビる。
大さんがステージから身をせり出して、切り込むような激しいギグ。りょうちゃんのベースラインをじっくり聴く。
さみしいという感情はヒマ人のものだと思ってたけど……さみしくなるよ。

終演後。母君にそれとなく探りを入れ、来れない友にメール報告(オーイオイ)。タクちゃんと話したら二度ビックリされて、うれしいやら複雑な気持ち。





a0263388_15323021.jpg
一夜明け…母と自分にダイアンサス・ブラックアダーの苗木を買う。ヒゲナデシコの改良品種、黒紫のベルベットみたいな花弁と芳香。





a0263388_15324071.jpg
動物園をパスして植物園のみなら、星ヶ丘駅で降りたほうが近い。ガーデンテラスの繊細な植栽が素晴らしい。




a0263388_15324905.jpg
東山動植物園にて錦秋のもみじ狩り。イロハモミジ逆行ショット。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-11-24 20:05 | 美意識をやしなう

映画Atomic Blonde

a0263388_14464836.jpg
日中はニットを着ないで済む。白シャツとキャメルのカーフジャケットに、マスタード色のベロアプリーツスカートにハイヒール。4日間続けて着たらカーフが馴染んだ。

休日は夫と、シャリーズセロン主演「アトミックブロンド」を観る。
しかしシャリーズ嫌いの夫は、正月映画ジェニファーローレンス主演「レッドスパロー」のエロい予告編に「次はこれ!」とウハウハだった。

舞台は1989年のドイツ冷戦時代、同年11月ベルリンの壁崩壊(当時、ニュースを観ていた私は24才ビックリ)。
ソ連の後押しを受けて社会主義国家になられたら困る西側、混沌と化す東側。よって英国MI6、米国CIA、ソ連当時KGBの麗しいスパイが暗躍するよワクワク…ってのを想像していた私たち。さらにフランスも関わってややこしい。


ヒロインはすでに戦闘を終えて、話は回想シーンで進むから、観ていて疲れる。
衣装はどれも見応えたっぷりだけど(全裸のほうが神々しく美しい)シャリーズの、80年代ロンドンガールらしいモヘアニットやBOY LONDONのT。私、名優になったジェイムズマカヴォイが好きじゃないんだな。昼飯を吐きそうで、どこにも救いがない話だから、バーテン役の男の子だけ見てた。

舞台がロンドンならBGMは80年代UKの有名どころで、ベルリンなら向こうのに切り替わる。スジバンの「CITIES IN DUST」が流れたあとに「ここは奇怪なおもちゃ箱(tinder box)よ」という現地女性の台詞がきて、ニマニマ。
でもマリマンがかかる場面が数回あり、ストーリーを示唆しているみたい。


暴力に暴力、泥臭いアクション、火ぶくれの顔から毛先まで血まみれ。ほとんど逃げるか殴り合ってる以外は、シャリーズとソフィの百合セックス(2回ある)だけが静的シーンで心休まる。階段の長回しシーンで夢にうなされそう………。
同じスパイアクションなら、昨年の「コードネーム・コンドル」が娯楽性は高い。





a0263388_14471510.jpg
ブルスケッタ
かぶの塩揉み
甘エビとサラダほうれん草のわさびソース
ローズマリーチキン




a0263388_14472589.jpg
梅しらすご飯弁当、かじきマグロのバタ焼き、タコさんウインナ、ときリンゴ。





a0263388_14473131.jpg
かますの塩焼と紫蘇の和風パスタ
イカリングフライ
ぬか漬けきゅうり





a0263388_14473725.jpg
ご飯
きゅうりぬか漬け
鮭の白子かりかり焼き
ししとうおかか和え
パセリオムレツ
しじみの赤出汁



a0263388_14475716.jpg
牛タン塩弁当

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-10-27 20:05 | 美意識をやしなう

a0263388_13583374.jpg
A&Wボタニックガーデンに到着したら、男性職員たちが非耐寒性の植木を掘り上げる作業中だった。




a0263388_13585179.jpg
台風でほとんどなぎ倒されたダリア。球根が夏は腐り、冬は凍る土地柄。




a0263388_13594359.jpg
りんごのエスパリエ仕立てに実がなる。



a0263388_13595112.jpg
去年のコスモスは筒状パスタの花弁だったけど、今年はすべて八重咲き。




a0263388_14000855.jpg
バーガンディーカラーのつるバラの根元にモウ様。地面には真紅のバーベナ。刈り込まれた柘植のエッジがランチボックスみたい。
具材に赤と黄のコリウス。春はほんわかした紫色のアゲラタムだったのに。





a0263388_14001670.jpg
カラーリレーション。ダリアの目線でぐーーーっと寄ると……右後方にコリウス赤と黄、さらに左奥に黄色ピラカンサスと、黄変するクヌギ類。

色づく庭に、枯れたイエローコスモスやエキナセアの黒い花芯がアクセントになる。だから咲き終えてもむやみに抜いてはいけない。通院前20分間で駆け抜けたけど、その都度、新しい発見のある植栽。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-10-26 20:05 | 美意識をやしなう

ロングカーディガン

a0263388_13052159.jpg

宮城美術館アリスの庭にて、パチリ。ナチュビューの亜麻色ロングカーデ、青緑色ハイウエストパンツ、ロザエのグレーカシミアストールとグレー型押しバッグ。
地元の人が「今朝、初めてニットを出して着た」というくらい冷える。



a0263388_13053765.jpg
中国人で混み合う可愛いバスは20分置き走行、一周(ただし片道方向)70分ほど。主要な観光ポイントを乗り放題の一日乗車券なら、入館料一部値引きなどのお得感たっぷり。


a0263388_13054496.jpg
ママ友ランチや商用で、美術館内カフェのみ利用する人もいる。本棚に向かって横に並んで食す人たち、ラブチェアからてこでも動かない人。デザイナーズチェア好きにはたまらない。こってりドウノワーフラザニアとアイリッシュコーヒー。




a0263388_13060418.jpg
夕刻は電力ビル入り口裏手のティールームへ。ラベンダーミルクティーに、熱々サクサクのスコーンと自家製イチジクジャム。至福のひととき。


a0263388_13061848.jpg
夜はライブを観ない友だちが(汁ダクの音源持参)入り口でお出迎えしてくれた。18:00スタートが迫り、ゆっくり再会を喜び合う間もなく、記念撮影と互いのアクセサリーを取り替えっこ。白桃みたいな頬に吸い付いて、彼女の肩越しに見た景色は今も褪せない。

ヘイトクライムリキッドアンミュレ。やっとLOVERSが聴けて、来た甲斐あった。
20:15の終演後も出口で私の名を呼ぶ声がするじゃないか。お見送りされて、最終はやぶさで深夜帰宅……指定席がとれず、デッキで死ぬかと思った……。





a0263388_13062456.jpg
お土産は白松が最中ミニの単品、ずんだチョコ、仙台限定の紅茶など。そしてアンミュレ無料配布音源。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-10-07 20:05 | 美意識をやしなう

a0263388_12512508.jpg
5時起きでPTA研修バスツアーに参加した。その前夜、団員に「月曜は発表会だから、鎌倉横浜で頑張りすぎないで」と釘をさされた。

八幡宮は車中参拝で済ませたいので、自己紹介で「小町通に直行して、趣のある日本家屋の美術館でのんびりしたい」と予防線張る。偶然にも、明日の演奏会でお琴を弾くという支部長と隣り合わせ、私もそこに行きたいといわれる。
パーキングで「私達も連れてって」と声掛けられ、ツアコンと化す。

道すがら蕎麦屋でおじいさんのそば打ちを見る。残念なことに、大飯店の飲茶ランチが控えてる。
エントランスに続く紅白の萩とシュウメイギク、庭には入れない。鎌倉駅からは小町通りを抜けず、反対口の銭洗弁天側から入るとスイスイ。



a0263388_12513839.jpg
右が観た企画展のパンフで、左が今月末からの特別展。この差をどう思われる?どうしても華麗な「ザッツ文化勲章」の左に眼がいく。

でも彼女達は実物の画材に見入り、タッチパネルではしゃいでいた。
「挿絵で稼いだお金を、こっちの大作につぎ込んだのね」
「お坊ちゃまだったから、農民が珍しいんじゃない?」
「綺麗な奥さん、お婆ちゃんになっても凄い」
「良家の子女が多い?いつもこんな妻と娘に囲まれてたら、そりゃ描くわ」
「おじいちゃんが好きなの?」
「……娘達にエグいのが嫌がられて、人魚図を隠したんだよ」



3年ぶり逢瀬に、思いがけず人がついて来たようなもので。ゴス女の私が(今回は挿絵と夏の家での出来事の絵巻物やスケッチという小品メインの企画展、奥様たちには物足りないのでは…と)ちゅうちょしたのも致し方ない。





a0263388_12515696.jpg

無事終了、支部長に「また明日」と別れた。共通の知人友人の、意外な一面を知らされて驚いたり驚かせたり。
「あの(偉大なる)先生が、何であなたたちの顧問でいるのか不思議キャハ」
にくたらしくて可愛いひとに弱い。

気の合う友は4人もいれば充分だし、いちばん大切なものは何かってわかっている人だからと、私を死ぬほど甘やかす親友はひとりで良い。

先週も夜のスーパーで団員に「また明日」と言った。ようやく受験生がいなくなり子育てがラクになったのにもよるが、今まではお客様で済まされていたところを、アラカンに恩返しする責任が生じたのだ。





a0263388_12521296.jpg
夜会へ。ピンクの衣装注文計画は頓挫し、ここに所属する限りこれだ。10ン年前に小学校PTAが着古したこれを、同じ系列の合唱団体に貸し出してもいる。独特の金属臭がよみがえる(泣。

「水洗いなんてそんな恐ろしい…消臭スプレーよ」とマダムたちが、着回してたわけで。バーカ、振り洗い出来るんだよ。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-10-02 20:05 | 美意識をやしなう

上村松園 美人画の精華

a0263388_13323424.jpg
休日の朝、高校生を駅に送り込んだ足で恵比寿へ行き、2年ぶりの山種美術館で美人画展へ。見覚えある美女ばかりだけど、当時の装いや髪型の解説が楽しい。
秋に特化した展示ではなくとも、鈴木春信の「柿の実とり」になごむ。数を見進めているうちに、着物の柄と帯の季節感にマッチした簪やこうがいの関係が、分かって来る。

四季の、行事や昆虫を愛でるまなざしが優しい。小林古径の、清姫が安珍の寝所に忍び入る「清姫」はスリリングな1枚。
月岡芳年(よしとし)の風俗三十二相は、(けむさう、みたさう、にくらしさう、かいたさう)……なんて、ひらがな尽くしの連作に欲情しちゃう。
 
鏑木清方の絹本・彩色は「伽羅」一点のみなので、さみしい。






a0263388_13330492.jpg
しぶやばしの「白い建物はパッタイの美味しいお店」と教わった。
夜はお隣の目黒へ(エレベータ改装中の庭園美術館の開館は11月中旬)。





a0263388_13332616.jpg
手刀は似通った系統のバンドで組まれる安定感があるけど、目黒は予測つかぬので面白い。
入り口でたいちゃんが、「傘がいりますか」と訊く。
「綺麗な御髪が台無しになりますよ」と答えたら、鼻にかかった甘い声で「ふふ、そうでもないけど」と雨の街に消えてった。


勢いがあって、全部かっこいいバンドばかり。音楽性が違うバンドマン同士で、素直にかっこいいと言える音のバンド。
朋のクリアな表情に、身体の澱が流れ出す。しんたろのドラムは最高だが、愛しTELL50の色気と「俺は泣いた」の重みに泣いた。さらに魔はペーソスが加わる。


しかし、家を出てから12時間後に睡魔に襲われた。最近は気力より体力の衰えが勝るのを感じる。油が切れる感じ。

あちこちの会場で常々思うんだけど…主催者のステージは、メンバー交代で観たほうがいいんじゃないの。再結成したカルペちゃんは、物販で結束して観てたよ。

「せめて名前だけでも覚えて帰れ」て、筋彫りの腕を差し出されても……。レンさんの手前おとなしくしてたけど、お前らなんか嫌いだバーカ。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-09-08 20:05 | 美意識をやしなう

帯で変わる印象

a0263388_11003597.jpg
立秋を意識した浴衣はアイボリー地にボルドーの花模様。業者がそっと同梱してくれた帯は、パープル/黒で大人っぽい。ベリーカラー同士で浴衣が引き締まる。




a0263388_11040103.jpg
気温26度で涼しい。透けないモカブラウンのスリップワンピ着用。ライブにはミントグリーン/浅葱の帯で明るく。


コレットマルーフの紫コームで夜会巻き、つまみ細工の鉄線を添えて。ネイルは花の芯と同じオレンジ。




a0263388_11045660.jpg
O.A.ローズマダーは聴きやすい。mimiさんの紅い毛先が、タクちゃんの黒い裾に乗っかってエロっちい。呪術的ではない心地よいフィメールボイスに旋律、まさに今、今の音が押し寄せて来る。


ダイズ5品目、まんべんなく見渡せて美味しくいただきました。おいでと最前にいれていただきまして、タクちゃんのスリットタイツに突進しそうになりながら、煩悩と踊る。
大さんは名古屋系をほうふつとさせるロング×ひらロング、亮ちゃんは対照的に素肌ベスト。綺麗なThe nightがサマーキャンプにぴったり。
しかーーし大さんのかっぽれみたいな踊りで、タクちゃんのソロパート2回とも記憶から抜け落ちた(泣……なあ姿見で練習したんだろ…………

私服が可愛くて下半身しか目に入らない。


ここは池袋のはず……刺さるような101Aでこくりこくりと眠り、ゴッドアンドデススターズでシャッキーーーン。カイン好きだったから、最後までいたかったなああ。
以上。


a0263388_11040981.jpg
スジバンみたいな懐かしいジャケットがスキスキ。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-08-16 20:05 | 美意識をやしなう

山の日、母娘3代

a0263388_13431674.jpg
カラーガーデンを楽しみにしていた。ハト小屋ガーデンで満開のキキョウ、アルストロメリア、バーベナ、ミント類。


わが家の女組は、午後2時スタートのA&Wガーデンツアーに参加する予定を立てていた。実家の母も電話で誘うと「パパとランチかあ。誰かドライブに誘ってくれないかしら」と待っていたそうな。
私の背後で娘は「BBAと一緒な…ヤダヤダ…ゼッタイヤダ!」と身をプルプルさせた。まったくそりが合わない人間は必ずいるもの。

反対にのっけから相手の毛穴まで見通せる、デコとデコの至近距離で、鼻突き出して目と目の会話でこと足りる間柄というのも必ずいて……猫みたいで不思議、謎だ。
意気投合するときはワクワク感があったりテンション高めで、違う。親友同士になったり、伴侶になるのともべつの次元の気がする。疎遠になるときはなる。



母をマイカーで迎えに行き、ロングドライブの途中で立て続けに、玉突き事故現場と火災事故現場に出くわし、同一ミトコンドリア3人で震え上がった。
老いた母とて、いつ死ぬかわからないからスリーショットを撮りまくった。






a0263388_13433431.jpg
頭上を飛ぶ大群。初めて見る、ムクムク黄色の体毛におびえる。桐生の山から2週間後に降りて来たウスバネトンボなのか。




a0263388_13454574.jpg
母「バラは育ててない、どうでもいいわ」
私「ここまで遠いんだから、チェックしなよ」
娘「夏のオシャレな靴、撮ろう」

母「ベンチと門柱しか見て無いじゃない」
私「植物は把握してる」
娘「100枚撮った。きみたちにはB612アプリね(笑」




a0263388_13525499.jpg
ガーデンツアーでメモをとりまくる。


a0263388_13530316.jpg
水生植物がお気に入り。釜飯屋で16才を祝い、帰りはバスで帰宅してもらった。待たずに乗れてご機嫌だった。




a0263388_13541854.jpg
ご飯
みぞれトンカツと千切りキャベツ
ホタテの刺身
チンゲンサイとアオサのゴマだれ和え



a0263388_13542793.jpg
タコ飯弁当、焼ししゃも、キムチ玉子、タラモサラダ、紫オクラのハム巻、幸水梨。


[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-08-12 20:05 | 美意識をやしなう

京都府立植物園2

a0263388_18153316.jpg
濡れタオルで身体を覆い、徐々に回復しつつある。


a0263388_18165536.jpg
キーンコーーーン………よりもライブに行きたい。


a0263388_18191471.jpg
夏と秋の花の混在。私の地元では暑すぎて育たぬ、フウロソウやキカノコユリが満開。さぞや大量の散水が必要なのだろう。



a0263388_18192601.jpg
トラノオとキキョウのブルー。



a0263388_18221331.jpg
大阪へ向かう。JRに在来線とか環状線、わからなくてドキドキ。
以上

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-07-17 20:08 | 美意識をやしなう

着まわせない主婦が組み立てる、ワードローブ