カテゴリ:美意識をやしなう( 134 )

ロングカーディガン

a0263388_13052159.jpg

宮城美術館アリスの庭にて、パチリ。ナチュビューの亜麻色ロングカーデ、青緑色ハイウエストパンツ、ロザエのグレーカシミアストールとグレー型押しバッグ。
地元の人が「今朝、初めてニットを出して着た」というくらい冷える。



a0263388_13053765.jpg
中国人で混み合う可愛いバスは20分置き走行、一周(ただし片道方向)70分ほど。主要な観光ポイントを乗り放題の一日乗車券なら、入館料一部値引きなどのお得感たっぷり。


a0263388_13054496.jpg
ママ友ランチや商用で、美術館内カフェのみ利用する人もいる。本棚に向かって横に並んで食す人たち、ラブチェアからてこでも動かない人。デザイナーズチェア好きにはたまらない。こってりドウノワーフラザニアとアイリッシュコーヒー。




a0263388_13060418.jpg
夕刻は電力ビル入り口裏手のティールームへ。ラベンダーミルクティーに、熱々サクサクのスコーンと自家製イチジクジャム。至福のひととき。


a0263388_13061848.jpg
夜はライブを観ない友だちが(汁ダクの音源持参)入り口でお出迎えしてくれた。18:00スタートが迫り、ゆっくり再会を喜び合う間もなく、記念撮影と互いのアクセサリーを取り替えっこ。白桃みたいな頬に吸い付いて、彼女の肩越しに見た景色は今も褪せない。

ヘイトクライムリキッドアンミュレ。やっとLOVERSが聴けて、来た甲斐あった。
20:15の終演後も出口で私の名を呼ぶ声がするじゃないか。お見送りされて、最終はやぶさで深夜帰宅……指定席がとれず、デッキで死ぬかと思った……。





a0263388_13062456.jpg
お土産は白松が最中ミニの単品、ずんだチョコ、仙台限定の紅茶など。そしてアンミュレ無料配布音源。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-10-07 20:05 | 美意識をやしなう

a0263388_12512508.jpg
5時起きでPTA研修バスツアーに参加した。その前夜、団員に「月曜は発表会だから、鎌倉横浜で頑張りすぎないで」と釘をさされた。

八幡宮は車中参拝で済ませたいので、自己紹介で「小町通に直行して、趣のある日本家屋の美術館でのんびりしたい」と予防線張る。偶然にも、明日の演奏会でお琴を弾くという支部長と隣り合わせ、私もそこに行きたいといわれる。
パーキングで「私達も連れてって」と声掛けられ、ツアコンと化す。

道すがら蕎麦屋でおじいさんのそば打ちを見る。残念なことに、大飯店の飲茶ランチが控えてる。
エントランスに続く紅白の萩とシュウメイギク、庭には入れない。鎌倉駅からは小町通りを抜けず、反対口の銭洗弁天側から入るとスイスイ。



a0263388_12513839.jpg
右が観た企画展のパンフで、左が今月末からの特別展。この差をどう思われる?どうしても華麗な「ザッツ文化勲章」の左に眼がいく。

でも彼女達は実物の画材に見入り、タッチパネルではしゃいでいた。
「挿絵で稼いだお金を、こっちの大作につぎ込んだのね」
「お坊ちゃまだったから、農民が珍しいんじゃない?」
「綺麗な奥さん、お婆ちゃんになっても凄い」
「良家の子女が多い?いつもこんな妻と娘に囲まれてたら、そりゃ描くわ」
「おじいちゃんが好きなの?」
「……娘達にエグいのが嫌がられて、人魚図を隠したんだよ」



3年ぶり逢瀬に、思いがけず人がついて来たようなもので。ゴス女の私が(今回は挿絵と夏の家での出来事の絵巻物やスケッチという小品メインの企画展、奥様たちには物足りないのでは…と)ちゅうちょしたのも致し方ない。





a0263388_12515696.jpg

無事終了、支部長に「また明日」と別れた。共通の知人友人の、意外な一面を知らされて驚いたり驚かせたり。
「あの(偉大なる)先生が、何であなたたちの顧問でいるのか不思議キャハ」
にくたらしくて可愛いひとに弱い。

気の合う友は4人もいれば充分だし、いちばん大切なものは何かってわかっている人だからと、私を死ぬほど甘やかす親友はひとりで良い。

先週も夜のスーパーで団員に「また明日」と言った。ようやく受験生がいなくなり子育てがラクになったのにもよるが、今まではお客様で済まされていたところを、アラカンに恩返しする責任が生じたのだ。





a0263388_12521296.jpg
夜会へ。ピンクの衣装注文計画は頓挫し、ここに所属する限りこれだ。10ン年前に小学校PTAが着古したこれを、同じ系列の合唱団体に貸し出してもいる。独特の金属臭がよみがえる(泣。

「水洗いなんてそんな恐ろしい…消臭スプレーよ」とマダムたちが、着回してたわけで。バーカ、振り洗い出来るんだよ。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-10-02 20:05 | 美意識をやしなう

上村松園 美人画の精華

a0263388_13323424.jpg
休日の朝、高校生を駅に送り込んだ足で恵比寿へ行き、2年ぶりの山種美術館で美人画展へ。見覚えある美女ばかりだけど、当時の装いや髪型の解説が楽しい。
秋に特化した展示ではなくとも、鈴木春信の「柿の実とり」になごむ。数を見進めているうちに、着物の柄と帯の季節感にマッチした簪やこうがいの関係が、分かって来る。

四季の、行事や昆虫を愛でるまなざしが優しい。小林古径の、清姫が安珍の寝所に忍び入る「清姫」はスリリングな1枚。
月岡芳年(よしとし)の風俗三十二相は、(けむさう、みたさう、にくらしさう、かいたさう)……なんて、ひらがな尽くしの連作に欲情しちゃう。
 
鏑木清方の絹本・彩色は「伽羅」一点のみなので、さみしい。






a0263388_13330492.jpg
しぶやばしの「白い建物はパッタイの美味しいお店」と教わった。
夜はお隣の目黒へ(エレベータ改装中の庭園美術館の開館は11月中旬)。





a0263388_13332616.jpg
手刀は似通った系統のバンドで組まれる安定感があるけど、目黒は予測つかぬので面白い。
入り口でたいちゃんが、「傘がいりますか」と訊く。
「綺麗な御髪が台無しになりますよ」と答えたら、鼻にかかった甘い声で「ふふ、そうでもないけど」と雨の街に消えてった。


勢いがあって、全部かっこいいバンドばかり。音楽性が違うバンドマン同士で、素直にかっこいいと言える音のバンド。
朋のクリアな表情に、身体の澱が流れ出す。しんたろのドラムは最高だが、愛しTELL50の色気と「俺は泣いた」の重みに泣いた。さらに魔はペーソスが加わる。


しかし、家を出てから12時間後に睡魔に襲われた。最近は気力より体力の衰えが勝るのを感じる。油が切れる感じ。

あちこちの会場で常々思うんだけど…主催者のステージは、メンバー交代で観たほうがいいんじゃないの。再結成したカルペちゃんは、物販で結束して観てたよ。

「せめて名前だけでも覚えて帰れ」て、筋彫りの腕を差し出されても……。レンさんの手前おとなしくしてたけど、お前らなんか嫌いだバーカ。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-09-08 20:05 | 美意識をやしなう

帯で変わる印象

a0263388_11003597.jpg
立秋を意識した浴衣はアイボリー地にボルドーの花模様。業者がそっと同梱してくれた帯は、パープル/黒で大人っぽい。ベリーカラー同士で浴衣が引き締まる。




a0263388_11040103.jpg
気温26度で涼しい。透けないモカブラウンのスリップワンピ着用。ライブにはミントグリーン/浅葱の帯で明るく。


コレットマルーフの紫コームで夜会巻き、つまみ細工の鉄線を添えて。ネイルは花の芯と同じオレンジ。




a0263388_11045660.jpg
O.A.ローズマダーは聴きやすい。mimiさんの紅い毛先が、タクちゃんの黒い裾に乗っかってエロっちい。呪術的ではない心地よいフィメールボイスに旋律、まさに今、今の音が押し寄せて来る。


ダイズ5品目、まんべんなく見渡せて美味しくいただきました。おいでと最前にいれていただきまして、タクちゃんのスリットタイツに突進しそうになりながら、煩悩と踊る。
大さんは名古屋系をほうふつとさせるロング×ひらロング、亮ちゃんは対照的に素肌ベスト。綺麗なThe nightがサマーキャンプにぴったり。
しかーーし大さんのかっぽれみたいな踊りで、タクちゃんのソロパート2回とも記憶から抜け落ちた(泣……なあ姿見で練習したんだろ…………

私服が可愛くて下半身しか目に入らない。


ここは池袋のはず……刺さるような101Aでこくりこくりと眠り、ゴッドアンドデススターズでシャッキーーーン。カイン好きだったから、最後までいたかったなああ。
以上。


a0263388_11040981.jpg
スジバンみたいな懐かしいジャケットがスキスキ。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-08-16 20:05 | 美意識をやしなう

山の日、母娘3代

a0263388_13431674.jpg
カラーガーデンを楽しみにしていた。ハト小屋ガーデンで満開のキキョウ、アルストロメリア、バーベナ、ミント類。


わが家の女組は、午後2時スタートのA&Wガーデンツアーに参加する予定を立てていた。実家の母も電話で誘うと「パパとランチかあ。誰かドライブに誘ってくれないかしら」と待っていたそうな。
私の背後で娘は「BBAと一緒な…ヤダヤダ…ゼッタイヤダ!」と身をプルプルさせた。まったくそりが合わない人間は必ずいるもの。

反対にのっけから相手の毛穴まで見通せる、デコとデコの至近距離で、鼻突き出して目と目の会話でこと足りる間柄というのも必ずいて……猫みたいで不思議、謎だ。
意気投合するときはワクワク感があったりテンション高めで、違う。親友同士になったり、伴侶になるのともべつの次元の気がする。疎遠になるときはなる。



母をマイカーで迎えに行き、ロングドライブの途中で立て続けに、玉突き事故現場と火災事故現場に出くわし、同一ミトコンドリア3人で震え上がった。
老いた母とて、いつ死ぬかわからないからスリーショットを撮りまくった。






a0263388_13433431.jpg
頭上を飛ぶ大群。初めて見る、ムクムク黄色の体毛におびえる。桐生の山から2週間後に降りて来たウスバネトンボなのか。




a0263388_13454574.jpg
母「バラは育ててない、どうでもいいわ」
私「ここまで遠いんだから、チェックしなよ」
娘「夏のオシャレな靴、撮ろう」

母「ベンチと門柱しか見て無いじゃない」
私「植物は把握してる」
娘「100枚撮った。きみたちにはB612アプリね(笑」




a0263388_13525499.jpg
ガーデンツアーでメモをとりまくる。


a0263388_13530316.jpg
水生植物がお気に入り。釜飯屋で16才を祝い、帰りはバスで帰宅してもらった。待たずに乗れてご機嫌だった。




a0263388_13541854.jpg
ご飯
みぞれトンカツと千切りキャベツ
ホタテの刺身
チンゲンサイとアオサのゴマだれ和え



a0263388_13542793.jpg
タコ飯弁当、焼ししゃも、キムチ玉子、タラモサラダ、紫オクラのハム巻、幸水梨。


[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-08-12 20:05 | 美意識をやしなう

京都府立植物園2

a0263388_18153316.jpg
濡れタオルで身体を覆い、徐々に回復しつつある。


a0263388_18165536.jpg
キーンコーーーン………よりもライブに行きたい。


a0263388_18191471.jpg
夏と秋の花の混在。私の地元では暑すぎて育たぬ、フウロソウやキカノコユリが満開。さぞや大量の散水が必要なのだろう。



a0263388_18192601.jpg
トラノオとキキョウのブルー。



a0263388_18221331.jpg
大阪へ向かう。JRに在来線とか環状線、わからなくてドキドキ。
以上

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-07-17 20:08 | 美意識をやしなう

京都府立植物園1

a0263388_17420516.jpg

大阪泊の前に、新幹線で京都駅下車。地下鉄で憧れの北山へ。出発前、30代と50代の京都生まれ京都育ちに、それぞれいわれた。
「観光地じゃないからね。京都の夏を舐めないほうがいい」


a0263388_17422101.jpg
高校生に弁当を持たせて駅に送り込んだその足で、出発した朝……ワンピースを前後逆に着ていたのに気付かず。カート引きつつ、90分間で24万坪の園内を駆け巡ったのが、間違いの元。



a0263388_17475156.jpg
ワイルドガーデンにトケイソウのアーチ、ハナタバコ、サルビア。


a0263388_17480043.jpg
竹林を抜けると、あじさいとはす池が現れる。

a0263388_17502271.jpg
頭痛がして、トイレで悪寒を覚えること3回。胃腸をやられた。気温34度で見ると忌々しい大温室。


a0263388_17504189.jpg
神社で祈る。もう金輪際、花なんて見ませんから、今夜は大阪に着かせて下さい。花より綺麗な男を次々に見せて下さい(泣。


[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-07-16 21:05 | 美意識をやしなう

神楽音覚え書

a0263388_14043364.jpg
夕べはひょうたん坂の御食事処で、梅酒と土鍋の穴子炊き込み御飯……青山椒って柑橘系なのね、と感激した。ライブの時刻が迫っていたので、残りを頼もしい板さんにおむすびにしてもらった。昔は会員制秘密クラブで、お忍びの誰かが隠し階段から逃げた経緯を教わった。


それはそれは素敵な、神楽坂にぴったりの3人だった。目の前のちっちゃい宅録少年は…ナマリッキー………若返ってた。

沖縄から直行のロビンは、梅雨明け宣言の笑顔。ダウニーのときはサイケデリアで聞き取りづらいけど、アコギの下弦の月が滑舌良くて色っぽい。

ハタノのダンスダンスダンスと、ディスウーマンズワークのcoverに心酔。男の美声で歌うとケイトより説得力ある。帰りがけにお話し出来て幸せ。
ここまでは心地よさと同時にヒリヒリ感が伝わって来たステージング。


すべてを外しまくりのリッキーは、譜面めくっちゃ「出来るかな」と弾き始め、即やめるので安心した(笑。
「何で俺がトリなんだ…2人とも歌がとても上手くて、俺が(順番が)一番だと思ってた」とポツリ。
スカートや14soulsでさめざめと泣いた。泣いたのは、歌詞の精度がまだ高かった頃を思い出したから。またねラブ。



a0263388_14044808.jpg
2年ぶりの赤城神社。まだ余韻に浸っていたいのに。


a0263388_14045861.jpg
コーラス朝練。現実は、前任役員に「黒の網を止めようなんて誰が言ったの?先生と私も気に入ってるのよ」と衣装代で大目玉を喰らう。
今朝は試しに、白で集合するように頼んだ日(上下とも黒はよほどの美形にしか許されないんだよ)。
またもや「今日、白を着てくる事に何の意味があるの?」と、うるさい。

「ひとえに白といっても千差万別だから、慌てたくないだけ」
これは試して正解だった。襟の形もてんでバラバラだし。

「家族に集合写真を見せたら、'デブとブタがヘビメタみたいなネット着てて凄いね'っていわれちゃった」
と言い返しちゃったヒィ。

こんなに余ってる部費を購入に使っちゃいけないなんて、誰も聞かされてないからショック。隣で友だちが「引き継ぎがまだのようね」の一点張り。10年前は折り合いが悪かった彼女と、こうして共同戦線を張ってる…感心してる場合じゃ…ない。


もう、この際だから前任ブーデーに当てつけがましく、デブとブタしか言わんかった(笑。小太りの五十路で悪かったね。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-06-14 20:05 | 美意識をやしなう

五月のばら

a0263388_14062874.jpg
アンジェラ、バレリーナ、サラバンド、スプラッシュ、アイスバーグ、トラディスカント………バラを届けてくれた奥さんは、ペットボトルに生けて炎天を抱えて歩いて来たんだなあああ。

軽井沢土産のあんずジャムで何、作る。多忙な旦那からオールドローズ30鉢の世話を引き継いだとか……もし私ならば殴り蹴りますけど…。


娘さんの浴衣用に、つまみ細工のバラの中からひとつ選んでもらって、あげた。香椎由宇みたいなシンメトリーのお顔立ちで
「まあ、バラをあげてバラをもらうなんて」とキョトン……。
(美人大〜好きの男組がいたら、ひっついて離れないだろう)

キッチンでごはん食べてる最中に、背後からバラの芳香が漂う。



a0263388_14063821.jpg
じゃこご飯
バタール
ムール貝とタラとアスパラのガーリックハーブ蒸し
タコのカルパッチョ
キュウイのヨーグルト掛け


a0263388_14065467.jpg
焼きそばパン弁当、鶏手羽元唐揚、竹輪きゅうり、チェリー、りんご。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-05-24 20:05 | 美意識をやしなう

雨の日も明るく

a0263388_12110666.jpg
ライブの日は寒くて、レモンイエローのツインニットと急遽デニムに、セリーヌのスカーフ、雨よけダルコート。足元はポインテッドトウ。
みちあきさんコートもベージュ……背中にみとれる…ここはポートベロー。



a0263388_12130546.jpg
大雨に、アクセはぱあっと明るく。ビンテージのエナメルイヤリングとつまみ細工のマーガレット髪留め。白一色は単調なので、薄紫や桃のぼかし縮緬も入れると良い。



a0263388_12194982.jpg
S.A.Nにて。ユニオンジャックのクッション抱えて3時間くつろぐ。お隣と名古屋系バンドの今昔話が尽きない(兄上は元カレに教わったらしい)。私をしげしげと見つめて「バンギャ道ですね……」て(苦笑。

デスOのドラムは人技を超越してるけど、良く歌うから大好き。誰がボーカルだっつーくらい、コーラス陣が歌う。大さんのうなじにケチつけるあさきちは可愛い(耳は少女でそこはやはりオスだ、と常々思う)。そして「みんな、君に夢中」連呼。可愛い過ぎ。


去年との違いは、第一幕からsinのキーボードが炸裂していること。
怪しい絆イントロでシクシク泣く。Oh,what a way to startの長ーーい節回しを大さんは難なくこなす(本人がゴミ呼ばわりしてキャリアから抹消したがった1st2ndほど、日本で愛されてる皮肉)。
あの黄色い髪で脳髄かき乱すほどの快感を、14才に植え付けた人。

ファーズのハートブレイクビートでしっぽりと。


ギネスギネスでトイレに立つ。後半スタンバイでハット姿の大さんが、道を開けてくれている(一生ぶん見つめたので悔いはないわ)。
うわあああああ素敵、肩から長ーーい脚が突き出たような腕といったら、この世の美醜を結集した魔王様だ…もういっぺん、どうぞってしてしてして。
(花道を塞いだままでは第二部が始まらない)。


sinが「かっこいい曲やるからね」と青い青いオーシャンを始めた。マックの面差しを思い浮かべると、胸の奥底で転がり出すボール。10代から潰れない球体。sinの下ねたが出始めて(こいつ横浜の終電に乗れるのか)と心配になるも、「まあジャックダニエルなら…テキーラよりはね」と大らかな客。
一方でお酌に徹する大さんは、水しか飲んでない。すごいよ!!!!!

けんちゃん藤井さんの曲とインダストリアルなのを立て続けにやって、テーブルは盛り上がる。ラスト、NINで忘我に達したあさきを見つめる大さん。その先はステージの大きい子と小さい子が、交互に視界から浮かんでは消えてのぶっこわれ加減にハラハラ。

お疲れさまでした。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-05-15 20:05 | 美意識をやしなう

着まわせない主婦が組み立てる、ワードローブ