<   2014年 06月 ( 34 )   > この月の画像一覧

a0263388_14433786.jpg

USビンテージの七宝焼きブローチは、ペンダントトップにもなる。海の家みやげに毛が生えた程度のアクセには目がない。貝のイヤリングと。

a0263388_14433739.jpg

寿退職者用に花束を頼んだ。いつものガーベラ、カーネーション、アルストロメリアとヒペリカムに、バラのブルームーンと水色のトルコギキョウが今年らしい。自分のごほうびには黒いコリウスを。

a0263388_14433716.jpg

アガパンサスも満開。

a0263388_14433785.jpg

ピーマンの肉詰め、茹でエビのライム、かつおの叩き、辛子明太子、ネギと豆腐のみそ汁
[PR]
by kimawasanai_2 | 2014-06-30 14:43 | お買い物

水玉の傘と奇跡

a0263388_17111028.jpg

桜庭一樹の直木賞受賞作「私の男」が映画化され、夫に子どもをあずけて観に行った。

正気のうちに書いておきます(笑)。小動物の撤去で上り電車が遅延して、なんとか到着駅のホームに降り立った。

そのまま右の階段を降りて改札口に向かうべきところを、ホームで固まった私。

痩せた長身の男が、右から「マスクしてるから話しかけないでね」オーラを出して歩いて来る。

すれ違うときに私は男を涙目で見上げたが、男は降車客で混み合うホームを、流れに逆らうように左へ突き進んでいく。

ライトグレーのコードジャケットに無地のパンツ、歩く姿は百合の花てか‥5月15日はベースギターだったが、今はチャコールの傘を持つ‥生涯忘れまいと目に焼き付けた。

(Minoru, Come back!)

年増の眼力はすごい。男はUターンして私の右隣に並んだ。白線内に居続けるのも恥ずかしいので立ち去った。
もし上り電車が遅延しなかったら‥。

映画のほうは肩すかし‥高良くんの役割って客寄せ??花の人生を受け止めてこそ人間ドラマなのに。
[PR]
by kimawasanai_2 | 2014-06-29 17:11 | オシャレ小物

黒いサンドレス

a0263388_13462117.jpg

ギャミヌリィのサンドレスは、ハイウェストでキューッとリボンを締める。

今季は染め珊瑚ネックレスのドライピンク×黒ワンピ。流行ってホントに不思議、好きな紺×ピンクよりも新鮮なんだから。

a0263388_13462113.jpg

寒色系チェックのシャツにもピンクが入っている。

a0263388_13462159.jpg

イオンモールの植栽は見事だ。梅雨はクチナシの香りがパーキングに漂う。春の白い藤棚も捨てがたい。

a0263388_13462147.jpg

エビチリ
豚肉とミョウガの冷しゃぶサラダ
辛明太子入り玉子焼き
[PR]
by kimawasanai_2 | 2014-06-28 13:46 | ワンピース

チュニックの裾

a0263388_1641013.jpg

昨日のリルブラドレスのスリットを修復し、ついでにblondyのチュニックの裾を20センチカットして、ドレスにオン。

a0263388_1641041.jpg

ついでに、切り取った裾でコードブレスを作り、チャームをつけた。
時計は昔のクリオブルー。私の飽きたオブレイを、夫がオーバーホールして使っている。

a0263388_1641087.jpg

花友と待ち合わせてパンをかじり、寄せ植えの振替レッスン。チコリとクリーピングタイムの苗が手に入った。

皆さん、ムーレンベキア(ワイヤープラント)・水苔・ワイヤー・麻紐・ココヤシで、私のよりはるかに太くて長くて逞しいキノコを創作していました‥ドキドキ‥。

先生を囲んでお別れにお茶した。私は生花が好きで、夏場のアート・リースやプリザードが嫌なのだ。

a0263388_1641099.jpg

さわらの竜田揚、マボちゃん、イエロートマト
[PR]
by kimawasanai_2 | 2014-06-27 16:41 | レース

ビリビリブラックドレス

a0263388_18425716.jpg

a0263388_18425754.jpg

休日、「ソラニン」のDVDを観て、高良健吾でなごむ。あらたさんも素敵よ。

夫と出かける。ドライブの友はヒースロー空港で買った3枚組CD、「80'S MIX TAPE」

私がナマ足なので、おさわりドライブになった。

帰宅してソファーで昼寝したいのに、
「最新号のウオモとメンクラが買ってあるから読め」といわれた。

夫が私の脚を広げるので、麻のブラックドレスのスリットがビリビリ裂けた。
私はひたすら2冊を読み通した。

150分間、ソファーでクンニと痛い手マンが続いた。くたくたで、トイレで寝入った。
[PR]
by kimawasanai_2 | 2014-06-26 18:42 | ワンピース

a0263388_23345646.jpg

じゅくに送り込む前に夕飯を食べさせたり、作り置くのはプレッシャーだ。魚を焼く間に花を生ける。

秋鮭と大根おろし、揚げシュウマイとイエロートマト、コンキリエのツナサラダ、枝豆、ナスとミョウガのみそ汁。

a0263388_23345676.jpg

2009年に、この素晴らしい本を真似して植えた樹木や草花たちが(高温多湿で株が腐ったり絶えたりして)育った。

建物などのフォーカルポイント、シンボルツリーの下草たち、ガーデンアクセサリー、レンガの壁、朽ちたトレリス、さまざまな材質のコンテナ、バードバス‥上からの全景が見事だ。

どのガーデナーの服も素敵なのは、サイズ感が合っているからだと気付いた。


ピンクアベリア
ミナヅキ赤
ヘメロカリスアメジスト
ピンクソープワート八重咲
ベニバナトキワマンサク


a0263388_23345663.jpg

バラも水切りして生け直せと夫がうるさいので、思い切りコンパクト化。
先生に、7・8・9月のレッスンを休会して10月から再開すると連絡した。


[PR]
by kimawasanai_2 | 2014-06-25 23:34 | オシャレの参考書

a0263388_9312964.jpg

a0263388_9312948.jpg

スカートも一巡してフェイクスエードのプリーツ(ボールジー)に戻った。初秋のボルドーカーデと(エミスフェール)。

黒いバッグが重たいので、靴はキラキラで明るく。

4月にはじけたスカートにすんなりトップスイン出来たのは、6月12日のホンマでっかTVでブルガリアンスクワットを見たから。
毎食前、入浴後の10回が効く。最初は8回しか出来なかったのが、今は40回だ。


装着 (十五)
のどの奥が開き、快感のスペースが出来上がったので、「次に、とっておく」とジィが言い出すまで私は咥えていた。

一年ぶんのセックスをそろそろ使い果たすことになり、聞き分けのないことをした。

地上に出て、目の前の若いカップルのあとに続いた。
「さっきのエレベーター‥いくつぐらいだった?」と、ジィがささやく。「さっきは短大生かと‥服の感じでOL」と、当てずっぽうに答えた。

若い男は、女のマシュマロみたいな胸や股間に顔をうずめて精を放ったのだろう。貧相なスーツ姿から立ち上る湯気まで見えるようだった。

ジィがあのマシュマロ娘に埋もれるところを想像していた。

装着
(了)
[PR]
by kimawasanai_2 | 2014-06-25 09:31 | バランス考察

今季の巻き巻き

a0263388_8354033.jpg

雷雨注意報の涼しい朝、読売新聞に出ていたストールの巻き方を試した。

クルッと一回転させて、両端をそれぞれ輪の内にくぐらせてから外へ出すだけ。これなら左右で違う水玉が楽しめる。

a0263388_8354010.jpg

焼き肉サラダ(セロリ、京菜)、ビピンバ、ベビーホタテとしいたけのバター焼き、ぬか漬キュウリ、ネギと厚揚げのみそ汁

a0263388_8354012.jpg

装着 (十四)
舐めまわしながら片手でジィの手首をとり、腕時計の時間を見た。
あと10分しかないのでジィは眉をひそめたが、私の片頬にビッグフェイス時計のスチールの冷たさと硬さが伝わり、もはや止められなくなった。

やはり自分は全裸の男には欲情しないタチみたいだ。
ジィ以外の男たちは、時計のフェイスの色はなぜか主張の強い黒だった。
勤め人がオフィシャルの場でプレーンな白を選ばぬのは、一家の大黒柱ではないからだろうと思う。

俺のは短いから奥まで入るだの、届かないだのとよく言っていたが、こんなに太かっただろうか。
[PR]
by kimawasanai_2 | 2014-06-24 08:35 | オシャレ小物

テニスカーディガン

夕べのステージは素晴らしくて7分間、ママ友と泣き通し。やはり伝統校はレベルが違う。

しかもその20分前に偶然、70代の義叔母が赤いドレスで歌う姿を見つけ、客席に戻ったところをキャッチ。

祖父の葬式以来だから10年ぶりに、わが娘と引き合わせた。義叔母の三男坊が家に通い、夫がエレキギターを教えたのだ。
a0263388_13491342.jpg

夏至はシークレットセールの季節。長持ちしそうなマカフィーのコットン100カーデを購入。右のカーデはアクリル45がヨレて処分。

グリーンノエル「ポップス・コーン」

a0263388_13491370.jpg

夕べは野菜創作料理レストランのディナーを個室で楽しんだが、わが家はイエローミニトマト・アイコを3粒収穫。


装着 (十三)
「このあとどうする?」と、ジィは私が答えるまで繰り返し訊いた。きょうは時間が限られているからだろう。

「途中で降りて買い出しをするわ」
「わかった」
床にひざまづき、シャツ姿のジィの股間に顔をうずめた。
(どうしたの)という顔をして立つジィの中心を口に含んだ。
[PR]
by kimawasanai_2 | 2014-06-23 13:49 | お買い物

レースのパフスリーブ

a0263388_1225197.jpg

a0263388_122517.jpg

6年ぶりに幼稚園時代のママ友と、発表会を観に行く。終われば会場整理もあるからカットソーワンピで(ジョイアス)。

黒よりボルドー、ロマレースの袖は今年も使える。

a0263388_1225152.jpg

装着 (十二)
「ジィは財布を持たずマネークリップなのですか?」
「YES」

数年前に男は、私の前に会計を済ませた。(こういう先輩がカフェテリアにいたなあ‥チャキチャキして垢抜けた人だ)と横目で見た際、男はむき出しの紙幣を取り出して店員に渡し、釣り銭をポケットに入れると「ハーイ」と言って立ち去った。その声のトーンを覚えている。あれは確かにジィだった。

かつて私の結婚式の二次会で大学時代の同級生に、新郎を引き合わせたとき。
「お前の魂胆がよくわかった。じつはHさんが好きだったんだろ」と、いきなり先輩の名前を出された。

「ウフフ、まさか。そりゃたしかにH先輩は、私の父に良く似ていましたけどね」

ファザコン娘が父親と似た男を見つけて結婚したり寝ているのでは、身がもたない。
[PR]
by kimawasanai_2 | 2014-06-22 12:02 | レース

着まわせない主婦が組み立てる、ワードローブ