4days in LONDON 5

2014.11.23(日)4日目は帰国に向けて機中泊

午前5時半起床、ホテルを6時半までにチェックアウト、自宅に電話。予行演習どおり他の乗客とパディントンのバス停で27を待つ。待つこと40分、電光掲示板にバスナンバーがupされても来やしない。

フィリピーナ「地下鉄駅はクローズだったわ、ドゥユーハブァウオッチ?」
私「7:10」

フィリピーナ「ぇえ?!セブン?そんなばかな…私のスマホと一時間違うわ…あなた、何時間前から待ってるの…」

初めて云われて凍りついた。夜明けが来ないのが不思議だったから!

a0263388_18274160.jpg
バス27に乗り込み、車内の電光掲示板の行き先と現在時刻を確認する。やはり、私の腕時計は一時間早い。。。ハマースミス駅のホームで7時過ぎに夜明けを迎える。

思い当たる節がある。到着日は機内アナウンスで時刻を合わせ、ホテルチェックイン後に日本から持参した目覚まし時計を合わせた。夜景バスツアーにも足並み揃えて参加した。

旅程2日目、朝のMews散策から部屋に戻り、腕時計が止まっていたので目覚まし時計を見て合わせた。。。まさかあのとき以来。
しかし、フロントにルームキーを預ける際に世界時計をチェックする癖をつけていたのだ。

あれは旅程3日目、運河を歩いてバスを乗り継ぎ、キングスクロス駅のカレー屋に午後3時までのランチタイムにぎりぎり駆け込んだとき。。
午後4時前に客が来ては、ランチを注文するのが不思議だったのを覚えている。せめてレシートで確かめるべきだった。

運河でもたつき、緑のういろうみたいな水面に浮かばないように、神様が時を早めてくれたのだろう。消えるより生きるほうが容易い。

a0263388_18430159.jpg
ヒースロー空港ターミナル3到着。ドキドキしながらセルフチェックイン。UKを余すことなく食い尽くす。ジェイミーのサラダとヨークシャーパイ。

2014.11.24(月)帰国日
朝食はフルイングリッシュ。午後には帰宅、イクラ丼作ってシアワセ。以上。



[PR]
by kimawasanai_2 | 2014-11-28 18:50 | ロンドン旅行

4days in LONDON 4

2014.11.22(土)3泊目、最終宿泊日の続き

トライフル食べて回復し、ラドブロークグローヴのバス停で23に乗るつもりなんて毛頭ない私。トルコ人のじいさんに助けを求める。

私「本当は、キングズクロス・セントパンクラス駅に行きたいです」
じいや「23では無理じゃ。228からひとつ乗り換えが必要だよ。わしもそこで降りるよ。きみは18バスでユーストン駅終点まで行かないと。そこからなら歩いて行ける」

じいやと228に乗り込み、次のフィフスアベニュー/ハーロウロードで降りる。お礼を言うと「きみ、18才かね」とeighteenを繰り返し笑う。

a0263388_17381493.jpg
無事にユーストンのバス停到着。立派な国鉄駅とビル群を直進、赤レンガの建物にいたく感激したのもつかの間……大英図書館の間違いである。


a0263388_17471542.jpg
間もなくネオゴシック建築のセントパンクラス国際駅と、アールデコ様式のキングズクロス駅が現れた。ランチタイムはマイルドな小エビのカレー。
地下鉄セントパンクラス駅わきの緩やかな坂道を上ると、正真正銘キングズクロスのガスワークスが見える。美しい意匠は再利用されるのだ。

趣きのある、見た感じかつての砂糖やスパイスの倉庫と思える建物は、王立芸術学院。オシャレなレストラン街もあり、円安でムカつく。

a0263388_17560629.jpg
ステイブルスだったこの界隈にも、運河がある。記念に地下鉄で帰りがてら、構内のカップケーキ専門店LOLA・Sで、ひと口サイズを買う。砂糖がしたたり落ちそうな甘さ。

地下鉄パディントン駅に戻れた。今朝の運河のスタート地点。ナロウボートの本屋でジャズのコンサート。さらに10分ほど離れた、いつもの国鉄駅を見納め。

a0263388_18052924.jpg
ディケンズ・タヴァーンで一杯。鼻水たらしたチビだらけ。


[PR]
by kimawasanai_2 | 2014-11-28 18:08 | ロンドン旅行

4days in LONDON 3

2014.11.22(土)3泊目 最終宿泊日

朝飯は、夕べのタイ料理屋で持ち帰ってきたナン。
a0263388_20110205.jpg
セントメアリ病院と近代的ビル群の間を運河が貫く。クラシックなナロウボートが浮かぶ。

a0263388_20142075.jpg
フットパス沿いに黙々と歩く。ベビーカー族やマラソンランナーとすれ違うのも、ぎりぎりの道幅。ほどなくしてリトルヴェニス到着。
しばらく白亜のお屋敷街が続いたが、ガラッと景色が変わるのが怖いところ。カウンシルフラットも見えて来た。


a0263388_20201817.jpg
橋の上にはパトカー常駐。スケボー少年の聖地をチラ見し、グラフティだらけの塀沿いを進む。うっかりノッティングヒルスポーツクラブのランニングマシーンに気を許していると、またまたヤバそうなエリア突入。
大好きなガスワークスが見えて、下町らしくなってきた。

a0263388_20300297.jpg
船主「アーユーオーケー?」
私「ノー、アイハドロスト。パディントンから来ました。これはキングズクロスのガスワークスじゃないわね。カムデンロック行きルートから逸れちゃった」

船主「ここはケンサルさ。ウェンブリースタジアムまで行っちゃうよ。大丈夫、セインズベリーストアまで戻れば、23バスでパディントンに戻れるよ」
私「助かりました」

ラドブロークグローヴの広々としたセインズベリーで休憩し、嬉々として土産にハチミツやフルーツ缶、綺麗な石けんを買う。セルフレジのスタッフは日本語ペラペラ。
ショッピングカートの連なる列の向こうに見える屋根の下は、キッズカヌー教室。暮らしが水辺とともにあるんだなあと感心する。





[PR]
by kimawasanai_2 | 2014-11-27 20:42 | ロンドン旅行

4days in LONDON 2

2014.11.21(金)2日目
日の出は7時15分。部屋にバスタブは無いけどヒーターで春の陽気、広くてピカピカ。
a0263388_18323275.jpg
部屋から見える景色。ZONE1の低層住宅がミューズらしく趣きがある。ミューズからホテルの部屋を見上げる。

どの家もコンテナガーデニングが盛ん。モミジや日本のツバキ、ジンチョウゲ、アジサイが人気。冬にハナタバコやハニーサックルが満開。ゼラニウムや大粒イチゴも見事。
しかし、風上から独特の匂いが………。


a0263388_18405923.jpg
うまやではブロンド美女たちが働いている。ジョッキーが来て撮影会が始まった。ハイドパーク管轄のステイブルスで、BATHURST MUSEとある。珍らしいネコちゃんに遭遇。

正面突き当たりの白い円柱のエントランスが泊まっている別館。建物の鍵を自分で開ける。

映画パディントンベア公開で市街地は、パディントンだらけ。早くも帰宅の予行演習をバスで。27バスで懐かしいハマースミス駅へ向かう。

a0263388_18550719.jpg
二階建てバスの最前窓より街をのぞむ。38分後にハマースミスバス停到着。アーモンドの花が満開の街を7年ぶりに散策。

ふたたび27バスでクイーンズウェイのバス停へ。ベトナム料理のバナナツリーに心揺さぶられつつも、地下鉄駅までひたすら歩き、ローヤルチャイナで飲茶ランチ。中華街より美味しい。

a0263388_18552356.jpg
午後はセルフリッジズでフルメイクしてもらい、夕刻はサマセットハウス内のコートールド美術館へ。私もぜひスケートリンクで滑りたかった。日の入りは16時15分。


[PR]
by kimawasanai_2 | 2014-11-27 18:55 | ロンドン旅行

4days in LONDON 1

全身麻酔から醒めたときは、自分にまさか4度目の渡英が訪れるとは思わなんだ。5日間、スマホのない暮らしは夢のようだった。


2014.11.20(木)出発と到着日
a0263388_11360398.jpg
前日チェックイン、VS901に乗り納め。12時間30分のフライト。ヒースロー空港着16:00。時差はマイナス9時間。

a0263388_11434812.jpg
バウチャー持参でヒースローエクスプレスに乗る…ドキドキ…西の玄関、パディントン国鉄駅到着…首から防犯ブザーぶら下げた女パディントン(笑)
アガサ・クリスティ「パディントン駅4時50分発」ロケ地。

a0263388_11442704.jpg
地下鉄構内でオイスターカードを購入ついでに、トップアップしてみる。ドキドキ…乗り越し清算のシステムはなくて、残高不足は最高8000円の罰金だ。

パブでスタウトをハーフパイント頼む。こんなとき、2000円だけ入金しておいた海外専用プリペイドカードは便利。

ヴィクトリアンのタウンハウス、アレキサンドラホテルは駅から直進200メートル。私は別館で、日本の4階に相当するフロアまで階段で上がる。


a0263388_11450589.jpg
くじけずに、夜景ツアーにバウチャー持参で参加。19時30分、グリーンパーク駅のホテルRITZのある通りからオープントップバスに乗る。気温8度で、まだ汗ばむくらい余裕。


a0263388_11453659.jpg
最後尾で観る夜景は最高。しかしバスはビュンビュン飛ばすし、凍てつくような冷え込みに皆、手袋をはめて無口。
21時ツアー終了後、宿泊先近くの中近東カフェ・YA-HALAでファラファル&フレッシュミントティーに衝撃を受ける。

馬事公苑のハイドパークが近いので、ミューズ(うまや)があちこちに見られる。


[PR]
by kimawasanai_2 | 2014-11-27 11:45 | ロンドン旅行

ILLAMASQUAのGlissade

24(月)の朝、当初の予定より一時間も早い便で成田に着き、日常をこなしております。
帰宅してまず驚いたのは、鉢植えの花に水やりがしてあったこと!

どうやら夫は私の三万円を車検に回したらしく、外食費はすぐに底をつき、終いに子どもたちは餅3枚だったと嘆いていた。
ほほほほっ、さんざん私のゴハンに文句つけておいていいザマ♪♪♪♪♪

a0263388_16264106.jpg
セルフリッジデパートの、黒いコブラが飾られたゴス女の店でフルメークしてもらい、口紅だけ購入。BAは黒を塗っているが、まともなローズピンクだ。小さなバラのタトゥーを入れたBAを日本のケラ!で見たことある。実物はスゴいな。
ドイツ製でUKのメーカーらしい。


運河沿いに歩いていて見つけた、ラドブロークグローヴのセインズベリースーパーで買った3枚組CDは、5ポンド。30曲入りで960円くらい。

80s SYNTHPOPという、いかにも私が食いつきそうなタイトル。12インチミックスを編集してあって、当時のカムデンパレスを彷彿とさせる。すべてロマンチック。

実家に土産と手製のダークチェリータルトを届ける。缶詰めが日本の半額だから、キャリーケースがこわれなければもっと買いたかった。





[PR]
by kimawasanai_2 | 2014-11-26 16:56 | 顔色補正

飽きない服

a0263388_14493066.jpg
出発までに食べたいものを食べ納めしているもんだから、胃が痛い。

あのゲロまずのくせに高いガストロなんとか……紺地に白のストライプエプロンつけたシェフが厨房に見えたら要注意だ。もう、中華とベトナム料理と台湾小皿料理しか食べたくない。

しかしソーホーとかピカデリーはスリが怖くて行ったことがない。ついでにバッキンガム宮殿やフォートナム&メイソンがどこにあるのか、いまだに知らない。

ラルフのフェアウェイルニットは毛玉にならない。バッグのシルバーと靴のホースビットがシルバー。


[PR]
by kimawasanai_2 | 2014-11-18 15:14 | ベーシックカラー

旅支度はこれだけ

a0263388_16355662.jpg
ソフトキャリーケースにスーツケース用バンドを巻き付けて、ショルダーバッグを持ったらオッケー。リフトのない別館4階まで階段を昇ることを思えば、致し方ない。入院中の洗濯もシャンプーとリンスで代用してた。

もうカーボンファイバーのスーツケースが持ち上げられなくて。12年前はその他に一才児をおんぶして、しかもポンドの他にユーロ持ってパリにも行けたんだからな。
紙オムツからはウンコ漏れそうで、気の毒がってジプシーのスリも避けてくれたよ。。いつも移民のひとが席を譲ってくれたから、疲れ知らずだった。

36で産むとマタニティブルーどころじゃなくて、習い事も姑が激しくひがむから、おんぶしたまま通って楽しかった。


何より嬉しいオマケは、押入れの下段が空っぽになったこと!


[PR]
by kimawasanai_2 | 2014-11-16 17:10 | 断捨離効果

白黒×チェック

a0263388_14374947.jpg
昨日のツルピカ合皮スカートとストールとバッグに、白いハイネックセーターでおしとやかに。

白黒に、キャスケットとタイツのブルーグレーを差すとしっくりくる。


[PR]
by kimawasanai_2 | 2014-11-15 14:45 | オシャレ小物

リリーズアンドリメインズのフルアルバム「ロマンティシズム」が届いた。
この新譜でファンが危惧していた、フジマキプロデュースでバキバキに解体されてしまうのでは…ということはなく安心した。

なんか実生活が生々しく伝わってくる歌詞である。これがデビュー作のほうが入りやすいのではないか?ギタポ化したり、バナナラマみたいなのもある。

ナラさんのベースはすぐわかるな。隣で派手にステップ踏んでて、私はうれしくて跳ねていた。泥臭い音楽はやらないけど田舎くささが好き💕

a0263388_16574262.jpg
休日、夫が温泉旅行から早々に戻った。夕べは私も、中・高校生がテレビをつけないようにピリピリしていた。自分はバクチクのVTR観ながら、星野英彦の「MOTEL13」ソロに涙していたんだが。。

「旅館がすき焼きだったから、しゃぶしゃぶランチをラーメン餃子に変更しよう」と急にいわれて、怒りまくる私。
車中で大滝詠一の「ロングバケーション」カラオケバージョンを歌いながら、60分間しゃぶしゃぶ食べ放題に行った。

昔、いきなりTVクルーに「カラオケは何を歌いますか」と訊かれて「ラルクとバクチク」と即答した。それきり忘れていた。
あとでニュースを見た夫に、「おまえは……GLAYは歌わないんですか?と訊かれて、そんなの歌いませんと答えてた」といわれた。

白茶けた中古のバッグを、私がエスプレッソコーヒーを淹れる間に夫がブラッシングした。嘘みたいに綺麗だ。


[PR]
by kimawasanai_2 | 2014-11-13 18:03 | オシャレ小物

着まわせない主婦が組み立てる、ワードローブ