<   2015年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

2月の10着を選ぶならば

ちまたでは「フランス人は10着しか服を持たない」という書籍が読まれているらしい。タイトルは衝撃的だが、

「服は素材感を揃えないと貧乏くさい(アウターがウールコートならばパンツもコーデュロイにする。当時は真冬にテロテロブラウスやホワイトジーンズなんてもってのほかで、季節感のない人と称された)」という昭和の慣習を脱却して、シーズンレスワードローブになりつつある私には、正直、参考になりそうもない。

図書館の本はいつも貸し出し中、読書会を開いている図書館司書の知人に内容を教わった。又聞きで悪いがざっとこんな感じ。結論から書くと、なーーーんだと思った。


10着というのにはカラクリがあって、総数10ではなくシーズンごと10着でよい。
1.コート、ジャケット、ブレザーのアウター類は数に含まない(私はこれが多い)。
2.カクテルドレスは数に含まない(私なら礼服が含まれる)。
3.Tシャツやキャミソールなどは数に含まない(ボーダーTが多いから楽勝な気がする)。

a0263388_21323387.jpg
厚切りベーコンのトマトソースパスタ、うるいのお浸し、たことイエロートマトのサラダわさびドレッシング


厳寒のマイ10着は。。
01.イエローの薄手ウールセーター
02,ミントグリーンの薄手カーディガン。単品でもツインニットとしても着られるように。

03.オリーブグリーンのニットワンピース
04.ダークグレーのポンチワンピース。ワンピがないと飽きるから。

05.赤レンガ色のベロアパンツ
06.ブラックジーンズ。カラーパンツはなにかと重宝だから。
07.オフホワイトの細うねコーデュロイパンツ

08.白いオックスフォードシャツ
09.水色のオックスフォードシャツ。究極は白と水色。
10.白いハイネックセーター。ワンピースの中に着込んだり。


機能的だけど、プリント類がなくてさみしい印象。今までブログで手持ち服をカウントしてきたからワンシーズン40着は欲しいところだ。





[PR]
by kimawasanai_2 | 2015-01-31 16:38 | ワードローブ

サクラブラウン

a0263388_17205762.jpg
日中の雪は止み、室温は8度になった。室内でもコート姿でソファーでゴロゴロするので、もはやガウンと化す。

髪をアッシュブラウンから1年ぶりにピンクぽいブラウンに染めた。


a0263388_18220942.jpg
地鶏だし塩鍋、揚げシュウマイ、キンピラ、ぬか漬け


息子が滑り止めの大学に落ちた。このまえの調査書騒ぎの時点でアウトだと思った。入学金が一桁下がって、すごい倍率になり赤本が売り切れた。その大学の学校推薦は特待生クラスの1人が持っていった。

昨年の秋、息子は学年主任に掛け合って特待生クラスの持ち枠を3校も貰ったのだから、因果応報だ。

もともと行きたくない大学だからそこの二次募集を調べる意欲もないらしく、夫に死ねといわれていた。

わが舅の弟は、親に跡取り娘との結婚を反対されて、家族の前で農薬を飲んで死んだそうだ。

しかし夫の父親とて、私の夫が生まれた最中に覗きにきた昔の女に線路に飛び込まれた……バカか??みんな簡単に死ぬな。

傍から見ればとっても面白いが笑、バカ息子には生きていて欲しい。

2月8日で終わる受験の予定が3月まで粘るそうだ。8日のママランチは、なしだ。





[PR]
by kimawasanai_2 | 2015-01-30 17:18 | 顔色補正

a0263388_21021440.jpg

50代はショートパンツと決別しよう……黒いセーターと白いコットンパンツに紺のウールロングコート。イタオヤになってしまった。
誰かとバッタリ合っても恥ずかしくはない格好だけど楽しくない。


桃色の梅が満開の、キャットストリートのランバンオンブルーから連れ帰ったショートパンツ。

外観は地紋があるポリの二枚重ねだけど、めくれ上がらないようにコットンのアンダースコートが縫い付けてある。
厚手のタイツに合わせると、細胞がプチプチ跳ねる感じーー。



シュバルツ・スタインの貫禄たっぷりな1ST「ニューボーグ・チルドレン」(2003年)。
いったん解散したものの、2014年に官能的かつパワフルな再結成ライブで、ファンを喜ばせています。kayaさまの太ももがバーンと張っててかっこいい。
女装より悩ましい男装に倒錯を感じてしまう不思議(注 : 男です)。

Horaはヴェルヴェット・エデンにいた事もある人なので、キャッチーで良い曲を書く。二人の激しい掛け合いも素敵。

これは異界の胎児が生まれるコンセプチュアル・アルバムになっているみたい。最後は鳥人間になるのか??

さすがマナ様の総合プロデュース、ハードでロマンチックなよつうちデジタルビートが押してて聴きやすい。

私も緩いドレスコードのあるライブを体感したいなあ。。白塗りでは電車に乗れませんが。




[PR]
by kimawasanai_2 | 2015-01-29 20:57 | お買い物


a0263388_15172372.jpg

3ヶ月ぶりに顔剃りのあとは、肌の状態がワントーンアップしてニコニコ。北風が吹き荒れる中、黒づくめにしたくなる。


ダウンコートのエナメルの艶、ミドルゲージニットの黒、スウェードのバッグ、シボ加工のエンジニアブーツ……黒を掛け合わせて、タイツは紺。

69.黒いカンガルーセーターの裾から、ピンクボーダーシャツとTOP SHOP蛍光キミドリスカートを覗かせて、春色も楽しむ。



a0263388_15463876.jpg

男性誌マデュロとレーキに、プラスチックの付箋が貼ってある。
夫はアーミーウオッチのベルトをカーキから派手なパープルに替えるまではイライラして落ち着かなかったらしい……ビョーキだ。


岸田さん、あなたの雑誌はこういう老眼鏡オヤジによって支えられているんですよーー。
どちらの雑誌のコーデも奇抜な色は使ってないのに、かなりイカれています。

a0263388_18235687.jpg
カキ鍋
豚肉のゴボウ巻き
鮭の西京味噌焼き
四色サラダ・パルミジャーノチーズドレッシング




[PR]
by kimawasanai_2 | 2015-01-28 15:13 | オシャレの参考書

a0263388_16505979.jpg
気温17度、土手に菜の花が咲いている。午後の通院はエディバウアーの水色シャツと、ミントグリーンの薄手カーディガンで済む。

時間が押しててオシャレ出来ないので、白いモカシンと持ち手がヌメ革のトートバッグで春気分。

しかし天気予報によると夕方、いきなり寒気が入り込むそうなので、独特の吹きすさぶ赤城おろしに備えて、きのうのライダースジャケット持参で行く。

ホント、帰りは暗雲が垂れ込めて空気が冷たい!寄り道しないでよかった。

触診の間はベッドに仰向けでバンザイして無になっているんだけど、タコみたいにグニャっとした。

冷静に調べると、乳房再建手術は豊胸手術と同じ原理らしい。保険適用はシリコン入れるから周りの組織と癒着が起きそうで、そこから癌化も起きうる。親と家族は
「シリコンなんて何、考えてんの?おぞましい」って猛反対。高校生だけはワクワクしてるみたい笑。

これは切除よりもかなり精神的に応えたな…たぶん人間は本能的に健康と美の象徴…シンメトリーでありたいのだ。
私の入院のときだって、夫は夏休みに延期しろとゴネて、執刀医に怒鳴られたぐらいだから。


自費のほうは日帰り手術で脂肪を注入して、あとは自己管理で毎日連続10時間!カップで圧をかけて吸い上げて膨らませる……そんなんできない。



夕べまで知らなかったけど、マリスのKさん、亡くなっていたんですね。サスフォーのイベントで2回ほどライブを観ました。あのときはがっしり健康そうな体躯だったので、ただビックリです。

もはや名物の、大粒のヒョウが降ってきた。世界一特大サイズも記憶に新しい。





[PR]
by kimawasanai_2 | 2015-01-27 16:49 | 流行色

昼に好物のサバ寿司だけではもの足りず、イチゴタルトも食べてしまった。そんな罪つくりな愛くるしいKayaさま、ショコラのスイートバージョンをどうぞ〜〜。


a0263388_16112637.jpg
58.ベージュの合皮ライダースジャケットにミモレ丈スカートで。
今現在発売中のファッション誌の3月号を寝かせておいて、3月になってから読むぐらいでちょうどよい私。

流行に関わらず体感温度で着たい色が変わる。ベースカラーは紺、白、灰、ベージュ。
好きな色はスミレとピンクとカーキ。
似合う色はコーラル、アップルグリーン、レモン、ターコイズブルー。

a0263388_18202666.jpg
1月 暖かい日にはベージュやミルクティー、パステルやネオンカラー、小物に白とシルバー

2月 梅春に黄色、ダスティカラー

3月 お彼岸前後でピンク

4月 紺、白、緑、ブルージーン

5月 母の日あたりでラズベリー

6月 暑さの幕開け、白にエメラルドグリーン、父の日あたりでスパイスカラー、小物はガラス

7月 猛暑、青と白、オレンジ、小物はメタル

8月 酷暑、もはや考えられない

9月 残暑、薄手素材のボルドー、カーキ、オリーブグリーン

10月 モスグリーン、レンガ、マスタード、ワイン

11月は10月とほぼ同じ。違いはジャケットからコートに変わるだけ。黒とマロンカラー
、小物にゴールド

12月ウィンターホワイト、グレーに赤。




[PR]
by kimawasanai_2 | 2015-01-26 15:02 | 流行色

a0263388_17554292.jpg
暖かい朝、連日受験の息子は試験会場まで自分で調べて行って受けている。68.トミーヒルフィガーのピンクシャツで脱、白シャツ。

ダブルモンクストラップシューズはつま先がとんがってるのは怖いので、ほどよいラウンド型をお取り置きした。

昨今、塾の先生までこんなの履いてるからびっくりだーーけしからん。二段金具にホコリが溜まりやすいので、それなりに手入れが必要だし。

がっしり7センチヒールは邪道なんだろうが、パンツの裾巾にしっくりくる。今まで履いていたバレエパンプスはブルージーンズ用にしよ。

a0263388_19112174.jpg
これを食べないと春が来ない。


ぐるぐるウインナ、イチジクパン添え
塩茹で海老芋
ウドとニンジンの煮物
茹でそら豆
ホワイト玉ねぎスライスのゴマだれ和え








[PR]
by kimawasanai_2 | 2015-01-25 17:55 | バランス考察

タイトルをV系にまとめてみましたーー。
a0263388_13343585.jpg

ディルアングレイの初回限定版TOUR12-13を送迎の合間に観ている。DVD3枚組だから、うるわしいトッチをたっぷりたんのう出来ちゃう。

アクロの丘あたりから、この世でもっとも綺麗なベーシストだと信じてやみません。50肩で口紅が持ち上がらないときは、トッチの画像で奮い立たせ、美のオーラにあやかります。


最後に官能的で蠱惑的なアイマスクを威勢よく客席に投げていたけど、女性のガーターベルトに匹敵するわドキドキ………。
CからMachiavellismの流れが好きで、正座して観ます。来週は三ヶ月ぶりに診察だから、トッチみたいにわきをスベスベにしないといけませんの。


南天色した可愛い丸玉。もし本物の血赤サンゴネックレスだったら、法外な値段になってしまう。
叶姉妹ブログのブレスレットは、血赤サンゴブレスレットのダブル使いが見事でした。美香さまナイス!!

天然石、ガラス、貝殻、しんちゅう……エポカのアクセサリーはやり過ぎ感がなくて好き。



a0263388_13335019.jpg

暖かいとモッズコートは重宝だけど、オリーブグリーンの面積が大きくてのっぺりする。クラッチとパンプスでヒカリモノを添えて。




[PR]
by kimawasanai_2 | 2015-01-24 13:29 | オシャレ小物

フィガロ3月号

a0263388_17034927.jpg

雨の休日、室外機が不調で室温10度にしかならない。子に頼まれた家族写真の現像に出かけると
「店内でお待ちになりますか」と訊かれ、無意識に
「いいえ、ご飯を食べて来ます」とハッキリ答える自分にビックリした。食べたいものが明け方の夢に出てくるから、胃袋が言わせたんだろうな笑。

職場で毎日自炊なので、作るのは苦にならないけど、自分用はお茶漬けやクロワッサンで済ませることもある。

物心ついたときから大所帯で、ひとりきりでご飯を食べた事がなかった。会社の独身寮ではなく一人暮らしをしたら、まわりは知人友人だらけ。みんな感心して
「えらいね、仕送り受けてないなんて」
当たり前よね、月々の家賃は親が払ってたんだから笑。ありがたいと思ってなかった。

どこかの家にホカ弁持ち込んで食べて飲んで、手料理ごちそうになればお礼に洗い物して、そこからご出勤。あまりのオキラクご気楽っぷりに、親に呼び戻された。

出て行くときは不動産屋に「すぐ同棲するかと思ったら、住んだ形跡がありませんね」といわれた。
向かいのパーマ屋の高校生が屋根伝いに二度もベランダに侵入し、疲れたの。


このままではいけないと、40代は月に2回のおひとりさまランチするようにしている。みんなの嫌がるトンコツラーメン店に10年ぶりに行ったら、美味しいこと美味しいこと。



a0263388_21030086.jpg
フィガロは、高良くんとチョコレートの特集があるので買った。

映画「マルホランドドライブ」のサントラ盤(2001年)を聴きながらまったり。大好きなナオミ・ワッツの演技に酔いしれます。ラスト10分間は弾丸みたいで泣いちゃうんだけど、名作です。

かつて(この状況って、マルホランドドライブみたいだわ…)と感じた一瞬があった。

後日、若いクリエイターさんに話したら
「それって、マルホランドドライブみたいですよね」っていわれたことがある。
ゴス女の私たちはたぶんクラブ・セレンシオの場面を思い浮かべたのか……うふ。



[PR]
by kimawasanai_2 | 2015-01-22 16:42 | オシャレの参考書

a0263388_14560984.jpg
真冬のコートにピンクが華を添える。キルトバッグはファスナー付きが安心。

突風でまた工場から大容量ポリ袋が飛んできて、65.ラルフのフェアアイルがらセーターと66.白い混紡パンツで下草を刈り込んだ。
ホットカーラーつけたまま除草したら、サザエさんヘアになった。こんなにボリューム出るんだから、年に3回のパーマは大事だ。


今年はお花のレッスンを4月まで休会したので、先週末の様子をチラチラ探るべく友だちに、玄関の一年草スイートピー画像を送ったら…以心伝心。

同じ送信時刻に宿根スイートピーの豪華な画像がくる………新年恒例、せんせい大盤振る舞いのバラ、ガーベラ、アネモネ、チューリップ、エリカ、アイリスが見事で、歯ぎしりする私。彼女は下の子の就職先が決まったから、ようやく趣味の時間がとれた。


a0263388_17491845.jpg

ディルアングレイでどれか一枚を選ぶとしたら、聴きやすい「ウィザリング・トゥ・デス」だろう。
京のデス声控えめ、薫のギターが大好き。激しい曲とバラードにもある変則的リズムが、あーーディルだなあ。

ヴィジュアル系とかハードロックに拒否反応示す人も、これは美メロでイケる。これ以降のアルバムにはついていけなくて。高校生にまたバカにされるけど、中古DVD買おう。


これ聴きながら車の運転は出来ないが、聴き飽きないのでリピートして寝ます。



[PR]
by kimawasanai_2 | 2015-01-20 16:06 | ワードローブ

着まわせない主婦が組み立てる、ワードローブ