<   2015年 02月 ( 31 )   > この月の画像一覧


a0263388_20224489.jpg

夕べ、地曳いくこさんの著書第3弾を読んだ。第1弾のときは、あーーわたなべさんか…デブゴンの説教なんか聞きたくないや!!と思ったが(ゴメン、木暮美奈子さんと勘違いしてた。オリーブ少女の頃から山本ちえさんのファンです……)、本作スリーブの著者近影はスッキリして美しい。


まず表題の、買うならと捨てなさいの間の「、」がピリリと効いているし、表紙イラストが春めいていて購買意欲を煽られる。
私にとっては余りにも耳の痛い切実な内容なので、続きを5時起きして読んだ。

私の周囲で服のやりとりをする際は、

「まだ綺麗だから持っていく?数取りにあれば着るでしょ」
「地味だけど通院ならピッタリじゃない?」
「襟ぐりが古くさいけど、上に何か羽織っちゃえばまだイケるね」

などの会話が飛び交い、バブルを通過すると「たられば服」が当たり前の感覚なのだ。


第1作「50歳、おしゃれ元年。」が30代にも反響が大きかったらしく、今回は30代40代50代をターゲットに書かれたみたいだ。

着まわしを推奨せず、具体的に処分すべき服の見極め方法や買い足し方法が丁寧に書いてあるので、男性が読んでも参考になるだろう。

文面より、ワンシーズン3ヶ月間に持つ数を多めに見積もってみたら25着。年間推定75着以内といったところだろうか。
そして一貫して、服は足りないままでよい…とあって、ブレない。


a0263388_20544609.jpg

手羽先揚げ
チーズパンケーキ
ポテトサラダ
かぼちゃコロッケ
トマトリゾット


[PR]
by kimawasanai_2 | 2015-02-28 20:21 | オシャレの参考書

a0263388_13255892.jpg

これから参観日で体育見学。冷たい北風対策にチェスターコートとアーバンリサーチの大判ストール復活。
しまむらの細畝コーデュロイパンツは屋外でパッと明るいから重宝する。


MacBookが入るロンシャンのキャメルトートをプレでいただきました。現行の軽いロドではなく、小さな金のバンブービスがアクセントになったクラシックなタイプ。


a0263388_13323783.jpg

お昼にココイチカレー煮込み鍋を仕掛ける間、果たしてどれくらいあるのか、ベージュとキャメルのアイテムを並べてみました。

大きさや質感のチープさでさんざん失敗してきたベージュ・キャメルバッグは、このトートとビッグクラッチがあればこと足りる。


ひとえにベージュといっても、ピーチ色がかったのからタバコ色に近いものまでいろいろ。
ワントーンコーデが難しいわけですね。
素人がワントーンにすると地味、貧相、のっぺらぼう、ハダカに見える色味だ。

大草直子さんの「明日の服に迷うあなたへ」を読んで、「ベージュはベースカラーではない。差し色である」という項目を読んで、ああなるほどと思う。
ちなみにベースカラーはこん、黒、グレー、カーキとある。

日焼けした大草さんにグレージュカラーはよくお似合いだけど、ベージュのワントーンコーデは手強そう。

素材もスウェードトレンチ、ステンカラー、牛革サファリ、ウール、ツィード、合皮ライダースにチノクロスパンツのバラバラな7着。

ベースカラーを白と紺にした私は、いつもベージュには裏切られ落胆させられるけど。50才に寄り添う7着は多いか少ないか??


[PR]
by kimawasanai_2 | 2015-02-27 13:22 | ワードローブ

アーネストソーン

a0263388_12004582.jpg

こちらは即決した生デニムのベスト。男性誌でアメリカのメーカーだというのを知った。狭いラペルが、日本のワビサビを表しているのだろうか………私は昔からバイヤス使いや立体裁断の服が好きだった。

休日、もっと学費が安い大学のAO入試を控えた睡眠学習生を見張りつつ、増えすぎたベストの整理。2枚買ったら2枚処分。


なんのかんの言ってバカ息子は、軽音部でギター弾きながら親の手をわずらわせず、学部の中では日本最古の大学に現役合格した。もんだいしゅうを4回反復したらしい。

やっと医学部受験はあきらめてくれたみたいだが、良い成績をとっていれば早稲田の従兄弟のように、編入試験も受けられる。


寒の戻り、濃紺のデニムオンデニムでキースのライトオンスや黒いバッグに合わせた。
味のあるアタリが魅力だが、白い服やバッグに色落ちして付きそうだ。


[PR]
by kimawasanai_2 | 2015-02-26 12:00 | お買い物

ヘレン・ストーリー

a0263388_14354372.jpg

このまえのカーディーラーの帰り、寄り道したがために大好物に出会ってしまった。

左右の前建てに並んだハードなメタルバーと4つのバックル。チェックの生地とわきに吸い付くエラスティックな黒い生地が、いかにもブリテン。胸の奥がキュンキュンと。

ああ拘束と解放よ、タンスにビスチェはもうないけれど。


私が欲しいベストはデニム素材のもの。理想通りの一点を見つけた、しかしこいつも連れ帰りたいっ。妻妾同居よ。

セカンドストリートの建物の外に出て、一旦、車内で白湯を飲み、冷静になって考えた。無地のワンピースに重ねれば、過激にならないかもしれない。

80年代に憧れていたロンドン三大美人デザイナーはヘレン・ストーリーとキャサリン・ハムネットにアリ・カペリーノ。

なかでも、エキセントリックな美貌のヘレンは今はロンドン芸大の教授だそうな。
大抵のファッションデザイナーはオージーだったりするけど、彼女みたいな生粋のロンドンっ子て珍しい。


あの素敵な校舎の中にいらしたかもしれない。円安で地階トムディクソンのインテリアのレストランにも入れなかったけど。5度目は物欲しげにガラス越しに眺めてないで、校舎に入ってみよう。。


a0263388_15021836.jpg

フェイク?でおすすめの一枚ならば「トゥモロー・トゥデイ」

ケン・ロイド節とイノランのギターでスカッとします。ケンのボーカルは良いと、ルアージュファンに教わりました。
夫にガソリンの安いスタンドを教わり、カーステレオでガンガンかけて行ってみよう。



[PR]
by kimawasanai_2 | 2015-02-25 14:34 | お買い物

梅春もグレー

a0263388_13442087.jpg

日差しが柔らかい、昨日のワンピースに76.パトリツィアぺぺのジャケットを羽織った。

脱ウールコート脱マフラー脱ブーツ。隙あらばジャケット、隙あらばシルクストール、隙あらばモンクストラップ。

きれい色は2点投入が自然。パイソンクラッチもパステルカラー。


大柄チェックのタイツが菱形にならず綺麗に履けるようになると、困ったことにマリオネットラインが現れる。

私の場合、45キロを切ると肺炎で寝込んでしまう。アラフィフに肉じゅばんは必要だ。


a0263388_19204228.jpg

実家で摘んだロケットサラダやイタリアンパセリを、チビチビ使う。

カナッペサンド
(玉子、とろサーモン、ケッパー、アボカド、レッドキャベツ、チコリ)
エリンギと刻みキムチの炒め物
ナスのおかか和え




[PR]
by kimawasanai_2 | 2015-02-24 13:43 | ベーシックカラー

今朝、中学校の挨拶運動にスッピンにマスクで参加し、正門の影から娘たちを見守った。
娘は振り返りながら
「お母さん、私より早く家を出たのに」と、同級生に言うのが聞こえた。


a0263388_17050243.jpg

フィットアンドフレアのジャージーワンピースは、もう今季は出ていなかった。でも、昼から15R-映画「フィフティシェイズオブグレイ」を観るには、禁欲的な白襟ワンピでしょう。

モモンガニットをガバッと着て、シルエットを変えればまだまだイケる。ショートブーツを脱いで、禁欲的なメリージェーン。


わが家で「○○君て、キレると相手の子の首を締めるんですって」と同級生の問題児の話題になったとき、「たまにならいいけどね」「いいね」と、シレッとお茶する50才。クールビューティーなんだけどね。

女4人で後ろ2列を占拠し、終始無言で観た。痛いのとかSM部屋に興味ない私も、あの分厚い文庫本3冊を読むのはかったるいから、手っ取り早く映像で。

期待しないで観たわりには良かったが、同じソレ要素のある映画ならば「ラストコーション」や「キリングミーソフトリー」、「セクレタリー」のほうが余韻があった。

卒業間近な大学生アナの、初めてのキスと初体験の相手グレイがサディストだったというのが話のキモで、他のマミーズポルノとは一線を画している。

27才の成功者グレイは変態嗜好の持ち主で、女とノーマルな恋愛経験がない。鍛え上げた身体で激しいファックを好むが、そのくせ触られるのが嫌。女と一緒に朝まで寝るのも嫌のイヤイヤ尽くし。


男としてうつわが小さいというか、共感できるところがない。ジェイミー・ドーナンの演技が凄くて、目がちっとも笑ってない。
優しいキスをしてもノーマルえっちをしても満足してない風体……綺麗な顔を踏んづけたくなりました笑。サディストに奇跡は起こらないね。

可憐なダコタ・ジョンソンもなかなか一筋縄ではいかないが、次第にグレイに蝕まれて行くのが見ていてつらい。

一人ぐらいは、グレイの異常性に気付く大人がいなかったのか?と思います。もし、母親の4番目の遊び人男と引き合わせていたら案外、ピンと来るかも。

無垢な女子大生にいろいろ教え込んで、オモチャにしてひれ伏させておしりペンペンはそりぁーー楽しいでしょうよ。

私だったら、若さをそんなことには費やしたくないなあ。もしパーフェクトなスタイルに生まれついていたら、週末の趣味としてボンテージは着るでしょうけれど。。




[PR]
by kimawasanai_2 | 2015-02-23 17:04 | ワンピース

ザックリ、整理収納

手持ち服をカウントし始めてから75着まで挙がった。さすがにもう、この数で冬は越せる。暦の上では春だが、3月のお彼岸が終わらないと体感温度は春にならない。

のこり25着はピラピラの薄もの、羽織りものということになる。



いろんな雑誌にある春夏・秋冬の収納ケース入れ替えみたいにはいかない。体感温度でくくれば春は楽しい、夏はだらだら四ヶ月、秋は楽しい、冬は夏の反動で凍る。


同じ気温20度でも春と夏では空気が違うが、ゆとりがないので、虫喰いの心配がない綿や化繊の春物・秋物アイテムは年間通してバーに掛けっぱなし。ホコリ対策はバーの水拭きぐらい。

ウールコートやニットにボトムス、シルクストールは扉のあるタンスへ。


夏物は独立して別の収納タンスへ。これは寒い季節にノースリーブやシースルーを視界に入れると混乱するから、分けたことで上手くいった
(タンスのある部屋は、一階ユーティリティールーム洗濯機への直通ドアでつながっているので、盛夏の着替えはストレス知らず)。


私の場合、上手くいったというのは、すぐ他のアクションに取り掛かれるということだ。
たとえば今までは諦めていたこと……玄関で娘を待ち構えて予防接種に連れて行くなど、受付締め切りまでに5分の猶予を争うときも、スンナリ行くようになった。



[PR]
by kimawasanai_2 | 2015-02-22 20:09 | ワードローブ

紺ジャケにオン

a0263388_18224394.jpg

昨日の調子で外に出たら寒ーーい。ジャケットにぶどう色ダウンジャケットを羽織ったら、袖がもたつかないぶんだけ運転がラク。

中学生の舞台用にミモレ丈スカートを貸すことになり、このストライプスカートなら惜しみなく貸せそう。
しかしそこは女のコ、紺のチュールスカートのほうを狙っている……嫌なこった。


a0263388_19360208.jpg
マルシンハンバーグの厚みを半分にして焼いたら、みんな騙されていた。


毎朝の寝起きに、まずコットンタイツから決める。ライトグレー、ブルーグレー、ダークグレーにネイビー。
ここ数年、カラーコーデのパターンは決まっている。

春のグレーやネイビーのタイツに合わせるのは、ベージュ、カーキグリーン、くすんだ水色、オレンジ、黄色、シルバー、黒、こげ茶。トラッドな赤やピンクは難しい。
タイツのバリエーションが増えると、服が減る気がする。





[PR]
by kimawasanai_2 | 2015-02-21 18:21 | バランス考察

ホワイトデニムスカート

a0263388_16470385.jpg
プラ定規を車のCDデッキに差し込んでもラチがあかず、はるばるカーディーラーに診てもらいに行った。

75.サンカンシオンのデニスカは、昨冬ホワイトと今季ヒッコリーストライプで迷ったが、寂しいことにホワイトのほうがしっくり来た。
アスファルトに陽炎揺れる午後、紺ジャケにチェックのストールで実家を経由する。


a0263388_16584011.jpg

7人の孫が沐浴した和室が、介護認定を受けた母の寝床になろうとは。世間体が悪いからまた申請を取り消せと、父と妹にいわれた。
夜中に階段から落ちた時、家族が救急車を呼ばなかったのを恨んでいる。


a0263388_16590405.jpg
76才、経理の合間に植物画を続けているらしい。いつも来客が絶えないので、私は庭仕事とブーケ作り。
ロケットの花は清楚で大好き。採りたての葉はサラダに最高!昨日までのサラダは何だったの?

a0263388_17062609.jpg

母は「お兄ちゃんのはなび」を観て、ホルモン療法だけの私がヅラの世話にならずに済んで、ガッカリしていた……こういう女が母親なら、いつでも熨斗つけて差しあげたいの。

無事にプラ定規でソドッさんを取り出してもらった。結局、プラ定規なのね………CD-Rの凹凸が機械との相性を悪くしていたとのこと、ヨカッタヨカッタ。


実家のCDを引き取った。ハーツのセカンドアルバム「EXILE」が素晴らしくて、運転しながら震える。
母は4年前のハーツ来日公演を忘れている。

私「アダムは来日したら病院に搬送されて、代理を立てたのよ」

母「違うわ、あのキーボードは初日は無事にこなしたのよ。私たちの日はいなかっただけ」

まだ呆けてないよ、このひと!!ラジオでチェックしてたんだって。。


あの時はいつ私が死ぬかわからないから、予備を預けていたアートスクールの「flora」も引き取ってきた。結成15年で活動休止ですね。
またスタジオコーストライブDVDを買うことになるのかしら。

何をー喰ったらいいかーーわかんねぇ。ダメダメっぷり炸裂です笑。




[PR]
by kimawasanai_2 | 2015-02-20 16:45 | ベーシックカラー

ホライズンと十字架

今日はいろいろと考えさせられた。巨大スクリーンのなんとかビジョンは、如実に役者の肌を映し出す。
もともと美しい人がスカウトされて芸能界に入るのだろうから、素が良い人が美容整形をしたらより美しくなるのは当たり前だ。

誰がどう不自然だったかは置いといて……おそらく、出演者のなかで何も施していないのは濱田マリだけだろう(ちなみに私の夫はマリちゃん好きで、フジマキを目の敵にしてた笑)。

昔は弾けるように丸かった顔が、たらーんと下垂して肌もデコボコしていたが、不快ではなかった。枯れたアラフィフ・トヨエツの姉役がピーンと張っていたら不自然だからね。

顔が名刺代わりの人は、整形でも何でもバンバン気の済むまでやったら良い。



しかし昨年、演技派女優のおでこに放射状に浮かび上がる割り箸みたいなのが見えた時、もう、その3本が気になって気になって、映画のストーリーが吹っ飛んでしまった。

だって、そんなヘンテコな筋とか静脈の走り方ってないでしょう。おでこは横に波が走るよね。若かりし頃は鼻筋が通っていなかったが、それとは別次元の話だ。


夕方の芸能ニュースを見ていたら、私の好きな俳優さんも、おでこの横一文字にくっきりと骨みたいなのが浮かんでいて、ななんとそれを2分割する如く、縦にも割り箸みたいなのが浮かんでいる。いや、もしかしたら遺伝的にそういうひたいなのかも。

私は45才の記念に美容外科でシミひとつだけのレーザー照射を4000円で受けた。シミの輪郭に焼火箸を当てたような激痛で3回、くっきりとハート形に残った。ターンオーバーを繰り返し、濃くなったりしたが気が済んだ。

問診票で施術後の姿をイメージして書く欄に、
「集合写真の最前列真ん中で引け目を感じる事なく、笑顔で写る」と書いた(どのサークルでも一番チビなので、端に並んでも周りが気づかって前に前に押しやられるのが苦痛だった)。

今年4年目にして、ハートの下半分がふやけてボロッととれた。肌はナマモノだーー。
テレビで皮膚科の先生が言ってたけど、顔をいじればいじるほどシワが寄る、シミが濃くなる。試しに触らないでいるとシミが薄まる。

美容ローラーでもマッサージ刺激でも、肌はこわばるそうだ。人差し指・中指タッピングの効果が出なければ、最終的に外科処置に頼るのも手だ。ただし、後のイメージがすんなり浮かんで来なければ精神的ダメージが大きい。






[PR]
by kimawasanai_2 | 2015-02-19 21:05 | 更年期のらりくらり

着まわせない主婦が組み立てる、ワードローブ