<   2016年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧

助手席の日は

a0263388_13114985.jpeg
LUCAのボーダーシャツに紺のチュールスカートとシルバークラッチ。次妹経由ジョニーモークのパンプス。


カーステのダイズCDを聴きながらドライブ。
夫「始まる…ワンタッチ?」
私「ファンタジーだよ…オヤジ」

a0263388_13122307.jpeg
庭もメンテナンス。コデマリを伐採。

a0263388_13124877.jpg
ノコギリ片手に30分間集中。

a0263388_13144329.jpeg
左手前がチューリップ越王冠。

a0263388_13151445.jpeg
恋心はオフホワイトに淡紫ライン。

a0263388_13155515.jpeg
アネモネも咲き揃ってくれた。

a0263388_18313092.jpeg
ご飯
桜大根
坦々もやし鍋
赤エビのソテー


[PR]
by kimawasanai_2 | 2016-03-31 19:10 | ベーシックカラー

あと1ミリで


a0263388_13030557.jpeg
土曜に帰宅して入浴する際、屈んでピンクシャツのボタンを上から順に外していくと、既に第3ボタンを掛け外れているのに気付いた。

(あれぇ?このシャツ、前にも外れていた事があった。ま、あの時は上着を脱がなかったから電車移動もセーフだったし……ボタン穴が広がっちゃったかな、ブルックスやラルフに比べて作りが甘い)。

ボタンを上から掛け始めて順次、下からボタンをなぞって掛け忘れがないかどうか確認するシャツの着方を、この30年間崩した事はなかった。その夜は釈然としないまま眠りに就いた。


昨日はシャンプー台でトリートメント中にとろとろ眠りながら、円らな瞳の視線の矛先と直ぐに立ち去る背中を思い出していた。
ふいに胸騒ぎがして、桜堤を観ずに帰宅した。


a0263388_13032365.jpg
「検証します!来ないで下さーい!」
子どもをリビングに追いやり、玄関の姿見の前であの日のワイヤーブラとシャツに着替え、屈んでみる。

すると胸元は第3ボタンでぱかっと開き、寄せて上げた胸の谷間とエメラルドグリーンの立体レースとリボンが覗いている。
(まさか…ずっとG.とVo.に向けてご開帳?)

俯く佇まいが綺麗で好きだった…だけどあの日は何か引っかかった。

通年、花冷え時期のハコはとても寒く、上着を着たままの記憶しかない。あの日に限って打ちっ放しコンクリートの室内は熱気で、シャツ1枚になった。ワンピースにすべきだった。

ステージを漆黒の闇に塗り替える軍団を前にして、いったい何が嬉しくて…ピンクから中のピンク見せちゃったなら可愛げもあろうが…何故エメグリーン?バンギャの黒キャミやタンクの様式美をぶち壊す勢いである。


a0263388_19392201.jpeg
姿見の前で崩れ落ちたが、定番ブルーシャツも取り出し、ボタンからボタンへの間隔と厚みを巻尺で計測してみた。

昨今、どのシャツも第2ボタンまで開けてもいやらしくないように設計されている。問題シャツは薄手の生地に合わせて厚さ1ミリの貝ボタン使用。下にワイヤーブラ装着では、この左右の段差ならシャツ地に負担かかる。

通常シャツの厚さ2ミリボタンは外れない。ボタンに対して穴の大きさも1.5倍と妥当。問題シャツは穴の大きさがこれと同じ規格で、ボタンのみ小さめ。

悔やんでも悔やみきれないが処分しよう。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2016-03-30 18:20 | 更年期のらりくらり

古典配色

a0263388_13182314.jpeg
パーマ日和。慣れ親しんだネイビー、モスグリーン、ホワイト。
ついでにお花見して来るから、スペルガのオリーブグリーンを掛け合わせて。

a0263388_13205043.jpeg
コンビーフのカナッペ
厚揚げと水菜のポン酢あえ
ゆめのか苺
台湾土産のGODIVAチョコ
ビオ桜ヨーグルト

a0263388_13230979.jpeg
土曜日のライブで物販の人に選んでもらった。デビルズアートデカダンスのアートワークはとてもうつくしい。

2曲入りって、人にあげるのに良い。スクリャービンのソナタ黒ミサを勧めてくれた友に。

友「そうそう、ずーーっと前のリサイタル、ピアノがもりしげって男の人だった。その名字の伴奏者は、女の人ならいるのよ。男の人では珍しいから覚えてた」

私「素敵だったでしょ?あなた背の高い人しか興味ないから」

友「それがまったく思い出せなくて」
私「眼科、行ったほうがいいよ」


[PR]
by kimawasanai_2 | 2016-03-29 18:20 | ベーシックカラー

春の害虫注意報

官能の庭へようこそ
(エ○じゃなくて…イタリアルネッサンス、マニエリスムについての著作物からとりました)。


a0263388_13430372.jpeg
カリヨンの音色が響く午後
a0263388_13504643.jpeg
分岐したシデコブシが満開

a0263388_13523589.jpeg
花弁やられた。割り箸で優しく土を掘り返してみる。オルトラン噴霧。

a0263388_13552647.jpeg
お土産のチューリップ球根。剣弁咲きの越王冠と、パロット咲きの恋心。


a0263388_13590611.jpeg
ノリウツギがピンクに芽吹いて。

a0263388_13493661.jpeg
ランチはパエリア弁当、たらの芽の天ぷら。
a0263388_14020931.jpeg
カシワバアジサイも新芽なら扱いやすい。

a0263388_14024848.jpeg
黄緑の苞が終わりかけ、キブシの葉も芽吹く。

a0263388_14044453.jpeg
日陰にはハナニラの白花青筋品種。
(おしまい)

[PR]
by kimawasanai_2 | 2016-03-28 13:42 | 美意識をやしなう

入学祝いで実家へ

a0263388_21310880.jpeg
友引。桜シフォンケーキと玉子サンド持参で、私の実家で両親に息子の入学祝い・進級祝いをしてもらう。

息子は祖父母の有難い申し出をこの1年間突っぱねていたが、「第一志望に落ちたんです」とハキハキ受け答えして大人になった。

無印ボタンダウンシャツとニットに、ミッシェルクランのツィードライダースジャケット。

チノパンツの普段と違う穿き心地に気付いて、計測したらウエスト62になっていた。


夕べは激しすぎた………私が夕飯を置いて出る前、既に天国では交渉ごとが済んでいて
「19:00までに来ていただければ端っこの…」とメッセージが来る。

そうかまたコージキス担当か(担当なんてありません)と思ったが、裸眼となると後ろは…ぇえ減るもんじゃなし、姥桜は喜んで投げますとも投げますとも。

間近で友だちの紅潮した笑顔を見たせいか、昨夜の夢は鉛筆の黒光りした芯がキューーっと音を立てて、私の空洞化した心臓に突き刺さるという、不思議なものだった。

ドレッサーの引き出しに(己のだらしなさから)ペンシルシャープナーが3つもあるのだが、それらをしげしげと眺めながら、(こういう感情がまだ残っているんだ……)と感心した。



a0263388_21335305.jpg

母「あなたはここで産湯を浸かり、毎日たくさんの人の訪問を受けていたんですからねっ」

息子「そうなんだ………」

私「長女がいる家は大変なのよ。私は連日きちんとした服で、ベビー布団の側に常駐していたわ。お祝いをいただけば半返し。あなたはネンネしてるだけ」

ひとつのテーブルで、母と私はデュラン2の思い出話、父と息子は専攻こそ真逆でも知識対決。

「まだまだ俺のほうがいろいろ知ってるなあ!」を連呼する父は(まだ現役だが外食が無理)寿命が延びた事だろう。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2016-03-27 22:30 | クロップドパンツ

Taste meですって。

a0263388_15214162.jpeg
なんと今夜は気温3度になるそうで、新幹線で来る友だちに防寒連絡した。
ガラアーベント(夜会)のウールコート復活。

発表会の送迎で、朝と午後に駅を2往復。早起きで部活の顧問を恨んだが………14:30ピックアップにキャーー❤️

その時間近辺に時間決め駐車場から徒歩で遠回りして、ハコの前を通りかかると、演奏が建物の外まで聴こえて来る。

(若手たちお早い到着で……)とニコニコしていたら、タラララタラララのイントロに身体は無意識に手振りを始めた(笑。
わかてじゃなくてコニャックみたいな声……心の中で部活顧問に感謝した。


a0263388_22220775.jpeg
18:30目がけて出発。(フロントにたたずんでる革ジャケットの裾に黒いドレープが着いた綺麗なひとは、大さんしかいないだろうな……横浜の時はもっと大人っぽかったけど……)眼鏡がなくてもご挨拶は出来た。

着膨れてて恥ずかしかったあ……ステージのumbrellaボーカルに「暑いだろ脱ぎな、うん、それ脱げ、な」とニットを指差された。

MOREは上からパルファンが降ってきた。チャールストン独特の世界観が濃厚だったので、トリのdieSが若くフレッシュに感じた。

後ろ向きの大さんがひざまづいてTakのギターに向かって歌う姿は、スコーピオンズの発禁LPジャケットみたい………良い曲がたくさんあったのに、あとの記憶が吹き飛んだ。

ホンワカした頭を根元から捧げてきた。雰囲気が良かったと、電車組はニコニコしてた。


[PR]
by kimawasanai_2 | 2016-03-26 22:50 | 美意識をやしなう

a0263388_14050870.jpeg
居座り寒気で再びタータンチェックストールとカシミヤニットの出番。春でも白地ならば使いまわせて便利。

大判ストールをギャルソン安全ピンで前を止めれば、車の運転も平気。
リバーシブル生地になっていてグレーにしたければ裏返す。リップとレザー手袋も赤。


a0263388_20020596.jpeg
ご飯
うなぎの蒲焼
カキフライとサラダ
ワカメとネギのみそ汁



[PR]
by kimawasanai_2 | 2016-03-25 18:40 | オシャレ小物

冬に逆戻り

a0263388_15195399.jpeg
休日、雨の夜は車送迎ねと約束した。ライナー付きモッズコートとオシュコシュのボーイズレインブーツ。迷彩見ると血が騒ぐ。


a0263388_15274043.jpeg
豚肉の麹漬け焼きとルッコラサラダ
牛肉コロッケと千切りキャベツ
しらすぼし
レンコンチップス


a0263388_15320228.jpeg
芳香シクラメンは窓辺で勢いを吹き返した。
オレンジペコリーフを丁寧に入れてDVD観よう……………腰だよッ‼︎‼︎

屈託なく笑い
屈託なく歌い
屈託なく踊り
泣くことを忘れたのと引き換えに
身悶えするほどの悦びは失せた
そうして退屈な女になる


a0263388_18093739.jpeg
帆立の貝柱ごはん
タケノコとナスのグラタン
プリーツレタスと生ハムのサラダ


[PR]
by kimawasanai_2 | 2016-03-24 18:40 | ベーシックカラー

a0263388_13181383.jpeg
日毎にアネモネの日の丸がクッキリしてきて、ご満悦。

ひと月ぶりのコーラス朝練は、ストーブ点いている。みんなの装いがピンクのストールやらミントグリーンの薄手ニットやらボーダーシャツやら、春めいてきた。

リップもチェリーレッドに染めよう……高発色クレヨンタイプリップクリームと書いてある、血色良く見せる赤。バブルガムみたいなサクランボの香りに、うっとり。

a0263388_13285226.jpg
ご飯
サンマの塩焼き
セリのごま和え
千切り大根とホタテ貝柱のマヨ和え
生ハムそら豆
サツマイモと青ネギのみそ汁


a0263388_13301981.jpg
海老フライと桜エビご飯弁当、ホタテの紐入り卵焼き、そら豆、リンゴ

a0263388_13353291.jpeg
この時季はミモザの花かごを見かける。
レンギョウ
ミツマタ
クリスマスローズ
ローズマリー
乙女椿のつぼみ
から橘の実
シランの実ドライ

a0263388_13391582.jpg
次々咲いて、花器のストックが追いつかない。


a0263388_13403848.jpeg
茎の柔らかいクリスマスローズは、オアシスにハサミで穴を空けてから生ける。


[PR]
by kimawasanai_2 | 2016-03-23 18:20 | 顔色補正

白いコットンパンツ

a0263388_14085235.jpeg
23区の黒いサマーウールジャケットに、ジンジャーエールのストライプシャツと&Dのパンツ。
白黒コーデが苦手な私はグレーを散らして。


一昨日、あさきちがギターかき鳴らしながら(あなたは私のハートを回復できないくらいズタズタに引き裂いたわ、もうエクシタシーへと導いてはくれないのね)と英語コーラス掛け合いのくだりで、「あの時の気持ち」がよみがえってシクシク。

息子「あいつ俺よりちっちゃいぜ♪カッコいいカッコいいって全員、髪で誤魔化してるだけじゃねーか。○○○○もビミョーだし」

私「ここで言ったらミンチになるよ…」

こいつを産んだ年にグニュウツールがメジャーデビュー。華奢なトモとジェイクがおっとり気質なのに、あさきはイキが良いパンクキッズ。まさに歩くUKって感じで好きだった。

96年当時、ラル友の中にグニュウファンがいてビデオも買ったけど、厭世観漂う歌詞はなんとも言えず。その女子大生から大量のラルクグッズが送られて来て……ラルクFCの思い出になってしまった(笑。

97年にジェイクが抜け、ビデオを観るのはしんどい。あさきにまた会えて感慨深かった。

五十路ポニーてーるは母にダメ出しされる。サングラスはシアタープロダクツ。


a0263388_14374877.jpeg
桜海老入り焼うどん、ビオ桜ヨーグルト

a0263388_14390283.jpeg
こうえつのトンカツ
ムール貝と根菜のトマト味噌リゾット
空芯菜新芽の大根おろしドレッシングサラダ


[PR]
by kimawasanai_2 | 2016-03-22 19:10 | クロップドパンツ

着まわせない主婦が組み立てる、ワードローブ