色素沈着対策の色選び

担当医師に、乳がん初期治療と補助療法について説明を受けた。
10年再発率(18%)リスクを7%減らすべく内分泌療法、化学療法併用で6%減らす。

がんの浸潤径0.8と0.3センチ、pT1b、悪性度2/2、増殖能25%やや高‥オーダーメイド疾患と呼ばれるゆえんだ。

夕べの家族会議で、エストロゲン受容体陽性HER2陰性乳がんに対するS-1術後療法ランダム化比較第三相試験に参加することにした。
友人の夫が胃がん手術の後に服用で効果を上げていると教えてくれた。

a0263388_1022236.jpg

5年間ホルモン療法の副作用は肥満、更年期障害、うつ、子宮体癌など。
1年間無償抗がん剤の副作用は口内炎と皮膚の色素沈着など。

つまり、色白の小太りちび→→色黒の加齢臭デ○ちびになる。
腹が立つが5年後10年後と定年無く働いてオシャレする為に、併用療法を受けるしかない。

肌を白く見せるのはアイボリー、紺、赤のトラディショナルカラーだろう。
白、黒、ペールトーンは難しい。
[PR]
# by kimawasanai_2 | 2013-07-31 10:02 | バランス考察

リボンとペプラム

a0263388_1452930.jpg

夕方の通院は前開きブラウスとスカート。診察に素足・ネイル・アクセはNG。

巷では黒のフレアーミニが出始めた。いろんなジャガードの織地が素敵。

でも秋にベリーカラーのトップスとバッグを合わせたい私には、黒は強すぎる。

紺のフレアースカートはペプラムとリボンが取り外せる。(ペイトンプレイス)
紺の細身パンツにもオンするつもり。
[PR]
# by kimawasanai_2 | 2013-07-30 14:05 | ベーシックカラー

a0263388_2029436.jpg

6日間の乳がん手術入院中に、映画スーパーサイズミーの監督の著書、「食べるな!!危険」を借りて読んだ。

身体に良くないのは承知で月に2度はジャンクフード(マクド、ケンタ)が欲しくなる。
その周期を探ると、夕食が淡白な日(シラスご飯、湯豆腐)の翌昼に買いに走っているみたいだ。

☆明太子シラスご飯・すりごま風味
☆大根サラダマヨネーズあえ・ハム添え
☆かにかま入り玉子焼き海苔がけ
☆ポテトのバジルソースがけ

翌日に反動が来ないように、こってり系も献立に加えた。すりゴマやゴマ油の風味で満腹感は高い。


(九)
平たい指がスカートの中の薄い布切れを剥ぐように突き進む間、私はしゃんと正面を見据えていた。

サディスティックにいたぶられる女優は、こめかみと目尻のシワが自然だ。ボトックス注射を止めて、ようやく母親役が来たのだろうか‥‥と、思った。
[PR]
# by kimawasanai_2 | 2013-07-29 20:29 | 更年期のらりくらり

コンサバとは

a0263388_14193859.jpg

自転車のパンクを直すついでにデパートの最終セールに寄る。

「あーーもう、何着ても似合わない!ぜんぜんダメ」とかボヤいてるマダムがいた‥入院中もこの口調だった。

私は店員に聞こえるように「背は高いし顔も小さいんだから、全部買いな!!」と言った。

痩せ形のリンパ節郭清マダムは、私のレインブーツとショートパンツに目が釘づけ。
「うわっ、派手、若い」と後ずさりした。

かく言うリンパ節郭清マダムはショートボブで、退院日と同じ半袖ニットにロングスカートにパンプス。頑なまでに変えないんだな。

私の知り得る限り、税理士や開業医の妻は上から下までこのパターンである。(近所のパート主婦がうるさいから車は国産、外観は那須の山荘みたいで、中は大理石のオール床暖房の屋敷に住み、子どものサピックスと年に数回の海外旅行に捧げている)

「足の甲が日焼けすると貧乏くさいから」真夏でもストッキングにパンプスしか履かないし、「他人につま先を見せません」だ。

[PR]
# by kimawasanai_2 | 2013-07-29 14:19 | バランス考察

髪もキャラメル

a0263388_1112182.jpg

夕べの暴風雨前にパチリ。イヴリンが元気なシュートを伸ばして咲き、青リンゴの香りを振りまく。ERやORの背景はミナヅキがぴったり。

舅の一周忌に家族は寺とホテルに出かけた。当初の手術予定日は8月1日だったから、私も出席のはずだった。

家事の間は気が紛れるが、車の運転と食事の姿勢が痛い。

a0263388_1112142.jpg

髪を今月もキャラメルブラウンに染めた。
高いパーマのお陰で入院中のシャンプーもラクだったが、明後日からの通院が始まると、副作用でこの状態をキープするのが難しい。
[PR]
# by kimawasanai_2 | 2013-07-28 11:12 | 顔色補正

着まわせない主婦が組み立てる、ワードローブ