タグ:アラフィフ ( 171 ) タグの人気記事

a0263388_12512508.jpg
5時起きでPTA研修バスツアーに参加した。その前夜、団員に「月曜は発表会だから、鎌倉横浜で頑張りすぎないで」と釘をさされた。

八幡宮は車中参拝で済ませたいので、自己紹介で「小町通に直行して、趣のある日本家屋の美術館でのんびりしたい」と予防線張る。偶然にも、明日の演奏会でお琴を弾くという支部長と隣り合わせ、私もそこに行きたいといわれる。
パーキングで「私達も連れてって」と声掛けられ、ツアコンと化す。

道すがら蕎麦屋でおじいさんのそば打ちを見る。残念なことに、大飯店の飲茶ランチが控えてる。
エントランスに続く紅白の萩とシュウメイギク、庭には入れない。鎌倉駅からは小町通りを抜けず、反対口の銭洗弁天側から入るとスイスイ。



a0263388_12513839.jpg
右が観た企画展のパンフで、左が今月末からの特別展。この差をどう思われる?どうしても華麗な「ザッツ文化勲章」の左に眼がいく。

でも彼女達は実物の画材に見入り、タッチパネルではしゃいでいた。
「挿絵で稼いだお金を、こっちの大作につぎ込んだのね」
「お坊ちゃまだったから、農民が珍しいんじゃない?」
「綺麗な奥さん、お婆ちゃんになっても凄い」
「良家の子女が多い?いつもこんな妻と娘に囲まれてたら、そりゃ描くわ」
「おじいちゃんが好きなの?」
「……娘達にエグいのが嫌がられて、人魚図を隠したんだよ」



3年ぶり逢瀬に、思いがけず人がついて来たようなもので。ゴス女の私が(今回は挿絵と夏の家での出来事の絵巻物やスケッチという小品メインの企画展、奥様たちには物足りないのでは…と)ちゅうちょしたのも致し方ない。





a0263388_12515696.jpg

無事終了、支部長に「また明日」と別れた。共通の知人友人の、意外な一面を知らされて驚いたり驚かせたり。
「あの(偉大なる)先生が、何であなたたちの顧問でいるのか不思議キャハ」
にくたらしくて可愛いひとに弱い。

気の合う友は4人もいれば充分だし、いちばん大切なものは何かってわかっている人だからと、私を死ぬほど甘やかす親友はひとりで良い。

先週も夜のスーパーで団員に「また明日」と言った。ようやく受験生がいなくなり子育てがラクになったのにもよるが、今まではお客様で済まされていたところを、アラカンに恩返しする責任が生じたのだ。





a0263388_12521296.jpg
夜会へ。ピンクの衣装注文計画は頓挫し、ここに所属する限りこれだ。10ン年前に小学校PTAが着古したこれを、同じ系列の合唱団体に貸し出してもいる。独特の金属臭がよみがえる(泣。

「水洗いなんてそんな恐ろしい…消臭スプレーよ」とマダムたちが、着回してたわけで。バーカ、振り洗い出来るんだよ。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-10-02 20:05 | 美意識をやしなう

帯で変わる印象

a0263388_11003597.jpg
立秋を意識した浴衣はアイボリー地にボルドーの花模様。業者がそっと同梱してくれた帯は、パープル/黒で大人っぽい。ベリーカラー同士で浴衣が引き締まる。




a0263388_11040103.jpg
気温26度で涼しい。透けないモカブラウンのスリップワンピ着用。ライブにはミントグリーン/浅葱の帯で明るく。


コレットマルーフの紫コームで夜会巻き、つまみ細工の鉄線を添えて。ネイルは花の芯と同じオレンジ。




a0263388_11045660.jpg
O.A.ローズマダーは聴きやすい。mimiさんの紅い毛先が、タクちゃんの黒い裾に乗っかってエロっちい。呪術的ではない心地よいフィメールボイスに旋律、まさに今、今の音が押し寄せて来る。


ダイズ5品目、まんべんなく見渡せて美味しくいただきました。おいでと最前にいれていただきまして、タクちゃんのスリットタイツに突進しそうになりながら、煩悩と踊る。
大さんは名古屋系をほうふつとさせるロング×ひらロング、亮ちゃんは対照的に素肌ベスト。綺麗なThe nightがサマーキャンプにぴったり。
しかーーし大さんのかっぽれみたいな踊りで、タクちゃんのソロパート2回とも記憶から抜け落ちた(泣……なあ姿見で練習したんだろ…………

私服が可愛くて下半身しか目に入らない。


ここは池袋のはず……刺さるような101Aでこくりこくりと眠り、ゴッドアンドデススターズでシャッキーーーン。カイン好きだったから、最後までいたかったなああ。
以上。


a0263388_11040981.jpg
スジバンみたいな懐かしいジャケットがスキスキ。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-08-16 20:05 | 美意識をやしなう

猛暑に負けない

a0263388_12394346.jpg
庭で摘んでバケツごと連れ帰ると、今日1日が終わった実感が涌く。
グラジオラス
ミナヅキ
フェンネル



a0263388_12400947.jpg
ライムグリーンのサフィニア。

a0263388_12453533.jpg
紅いマツムシソウ。ベランダの花は無事だったけど、連日、同棟住民の花が刈り取られて捨てられる事件が起きたので、警官がパトロール。



a0263388_12455696.jpg
鉢植えチョコレートコスモスは、積雪でもへっちゃら。


a0263388_12475647.jpg
アキレア


a0263388_12483707.jpg
センニチコウ・ストロベリーフィールド


a0263388_12484888.jpg
海老フライ弁当、鮭ご飯、おから煮、ザーサイ

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-07-22 20:05 | お手入れ

京都府立植物園2

a0263388_18153316.jpg
濡れタオルで身体を覆い、徐々に回復しつつある。


a0263388_18165536.jpg
キーンコーーーン………よりもライブに行きたい。


a0263388_18191471.jpg
夏と秋の花の混在。私の地元では暑すぎて育たぬ、フウロソウやキカノコユリが満開。さぞや大量の散水が必要なのだろう。



a0263388_18192601.jpg
トラノオとキキョウのブルー。



a0263388_18221331.jpg
大阪へ向かう。JRに在来線とか環状線、わからなくてドキドキ。
以上

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-07-17 20:08 | 美意識をやしなう

京都大阪1泊ツアー


a0263388_16232144.jpg
大阪泊前に、京都府立植物園に寄り道してさんざんな目に遭った私。しかし初の大阪ということで、大丸デパ地下で紅茶を物色……懲りてない。



a0263388_16281104.jpg
たこ焼きと苺アイス抱えて、チェックインと仮眠。
夜のライブが迫ると、宿のフロント係が裏口を開けてトンネルを指差す。
「そこをくぐるのはちょっと……高架下を渡ってね。自転車がごちゃっと」


FPCはベースが変わって、見栄えも音も良い。タイトになったケビンは、フロアに飛び降りた。
ストロベリーソングオーケストラは、ちょっとエピタフ。土着で土俗的なのを想像していたら、白塗りでも綺麗なこと………斬平の四弦と美歌さま。でもロングステージであの語りはね…つくづく椅子があってよかった。

地元のコが「東京で見るダイズのステージは、明らかに熱量が違う」と言ってたけど、そんなことない。めまいがするほど熱かったーー。


三重窓の部屋で列車通過音を聴きながら、アイマスクと耳栓で眠りにつく幸せ。



a0263388_16281897.jpg
翌朝7時チェックアウト。ふたたび懲りずに京都に戻り、八坂神社参拝、さらに猛暑の花見小路へ。祇園甲部歌舞練場の敷地内に、例の水玉南瓜が素敵。



a0263388_16384707.jpg
FMOCAにて草間彌生コレクションを、埼玉の主婦と観て回る。ふうん、ドットは外界から保護するお守りなのか……。

極彩色ばかりじゃなくて、渋い小紋模様の水玉もある。夏の百合やヒマワリに貝と魚のエッチングが楽しい。ガーリーかつ艶なる美の殿堂にそぐわしい展示に、感動した。



a0263388_16495660.jpg
四条大橋を渡り先斗町へ。鴨川をのぞむ。


a0263388_16500632.jpg
ずんずん奥に進み、11時オープンの勝牛でランチ。家で夕飯を作る約束をしたので、12時半の新幹線で帰路に向かう。地元駅からマイカーを運転して帰る。




a0263388_16592089.jpg
志津屋のパンで夕飯。マグロペースト、セロリとシラスのサラダ、白桃

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-07-16 20:05 | 更年期のらりくらり

マスカラに求めるもの

a0263388_15144243.jpg
レブロン・ドラマティック・デフィ二ションをリピ買い。まつ毛にボリュームはいらないから、張り感だけ欲しい。これは針葉樹みたいになれて秀逸。繊維入りは、ひじきみたいに仕上がるので買わない。
価格よりも軸が持ちやすくて扱いがラクな事が、第一条件。


さくらんぼのネックレスとイヤリングは、染め珊瑚で作った。

a0263388_15145559.jpg
ビューラーを使わずマスカラを塗ると目元スッキリ。

剪定が終わらず……旅行トランクに取りかかりたいのに、服の上から全身毛虫に刺されて水風呂に浸かる憔悴図。

自分の意志で植えた中庭の25本に関しては、昼休み返上で責任持つ。しかし職場の25本に関しては、どうでもいい男のトリミングをする気持ち……。




a0263388_15150767.jpg
芥子明太子と刻み沢庵のパスタ、塩揉ナスのオリーブマリネ、春菊胡麻和え




a0263388_15151700.jpg
玉子ドッグ・野菜ドッグ、コーン、グレープフルーツ、さくらんぼ

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-07-01 20:05 | 顔色補正

a0263388_12021537.jpg
剪定バサミとノコギリ担当。睡眠時間6時間半に、足りないぶんを昼寝で30分間補う……長椅子で目を開けたまま気絶しているらしい。


ロンドン行きヴァージン航空機で、繰り返し聴いたアルバム。TESCOの芋虫みたいなジェリービーンズを思い出す。


a0263388_12022580.jpg
新枝を生かす方向性で突き進める。



a0263388_12023413.jpg
三位一体になったモモイロヤマボウシ・ノリウツギ・アセビ。小道に花を絶やさず。


a0263388_12025085.jpg
朝6時の水やりと除草は夫担当。ゴムホースに触れた事の無い私。



a0263388_12030194.jpg
カシワバアジサイのがく片が色づき、桜の下でアガパンサスが蕾を付ける。



a0263388_12031124.jpg
トキワマンサクが地下茎で増え続ける事実に驚愕、根切りをした。
芋虫だらけのユキヤナギとコデマリの根周りも、地道にノコギリで刈り取ったら、すんなり掘り上げられた。



a0263388_12014756.jpg
ストケシアは、父の生家に咲いた憧れの花。実家の母と姑が、種をとり蒔いても増えない。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-06-20 20:05 | お手入れ

つまめていなくても

a0263388_13362441.jpg
思ったよりも(きたない)仕上がりがデリケートなので、何に仕立てよう……ケの日の小物はヘアピンとイヤリング。

昭和46年製・七五三着物の正絹を四方角に切り溜めしておいて、テレビタイムにつまむ。憧れの桜花とちょうちょ。鹿の子模様好きとしてはポイント使いしたい。



乾かすにはこのようにメラミンスポンジで代用可。ズタボロ着物のために飾り紐を買うのは嫌。蝶蝶の胴体と触覚はビーズ用ワイヤー。桜色の裏地がポリエステルで糊を吸収しないので、手縫い。

庭のワスレナグサ、ピンクデージー、ヘビイチゴが満開。



a0263388_13363691.jpg
昨夜のりかさまピックを枕の下に置いて寝たら、夢でキスしたり他にもいろいろ。
たかしで盆踊り、身体の隅々まで呼吸してるのを感じた。

2年ぶりに話す。隙っ歯で笑うりかは44には見えない。胸までさらさらの髪が伸びていて、適度にボリュームのある腿にデニムが似合う。
10年ひと昔。パパのギャラは高いからりかちゃんに払えるの?と言ったら、パパは「だーいじょうぶだよ」と吹き出した。


4ヶ月ぶりのソマリライブ。弾け飛ぶクロを鎮静させるかのような、純の三拍子。
めいめいが無彩色の衣装に、瑠璃Fenderミントグリーンだけがステージに色を添える。今日も素敵なハットのカズ君、アリスの似合う瑠璃は男服。シャキシャキしてて、切りたてのスターフルーツみたいなバンド。攻めの姿勢。かくれんぼ…きみとぼく…過去の曲がしっくり来る。この流れのまま5月チケを買った。


しんも観に来て、きゃしゃな立ち姿とあどけないスッピン。骨太で妖艶なステージとのギャップに戸惑い、背を向ける(いつもこの調子)。
目の前でドアをバタバタ開閉して往復する純……後ろを盛ったショートはクール…ううん嫌い…来月までに20センチ伸ばしてきてくれ。


ディブスを2年ぶりに観た。きょうのバンドはみんな歌が上手く、りかも遜色なくて安心した。音のほうは切り口がザラザラ。目の前でシクシク泣く。こんな男がそれほど好きか?っつーくらい泣く……他に私を泣かせる男は、あさきチャンぐらいなものだろう。第一子、第二子と大きな腹で見に行ったのは、この2人だけだから。


スラッシャーでかっこいいデジール、こういうバンドがあると飽きない。
卑屑を一曲だけ聴いて帰宅、じつに惜しい。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-04-28 20:05 | オシャレ小物

チューコレ3

a0263388_14150405.jpg
宿根草ガーデンに、ホットカラーのチューリップが集められた。遠近法の庭で入り口のほうが突き当たりよりも、横幅が1メートル広い。



a0263388_14151782.jpg
ダークナイトの足元には、暗色葉のフウロソウ。



a0263388_14153963.jpg
咲き終えた苗がスタッフの手で引き抜かれる中、斑入り葉は残された。



a0263388_14155404.jpg


a0263388_14162980.jpg
りんご樹の葉陰から低床花壇を見おろす。

a0263388_14164060.jpg
おしまい。次はローズシーズン5月終わり訪問の予定。


[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-04-26 20:05 | 美意識をやしなう

チューコレ2

a0263388_13384761.jpg
地べたから匂い立つぶどうの……ムスカリの香り。針葉樹には花弁が鋭角のチューリップがふさわしい。広葉樹にはカップ咲きチューリップ…という植栽計画。



a0263388_13385932.jpg
蛇行する小道に、ホットな色が見え隠れする。A&Wは「英国より樹木の生育が10年は早い」そうで驚いたとか。



a0263388_13393010.jpg
キクモモ、フジ…今年は低床花壇の花木シーズンに、間に合ってよかった。



a0263388_13394786.jpg
テラスから見おろす。英国に習い、積み上げただけの石塀の隙間に植物が育つ。



a0263388_13401431.jpg
(私たちは東屋や御太鼓橋を撮りがちだけど)A&Wは東屋や御太鼓橋からの眺めを楽しんで、造園意図を汲み取って欲しいとのこと。

キクモモの奥に、桃色シャクナゲの花。



a0263388_13402582.jpg
紅いジューンベリーの実のはるか前方に、深紅のシャクナゲの花がちら見え。人口池から吹き上がる風が冷たいので、ストール必須。


[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-04-25 20:05 | 美意識をやしなう

着まわせない主婦が組み立てる、ワードローブ