タグ:ガーデニング ( 282 ) タグの人気記事

椿のネックレス

a0263388_13124823.jpg
黒いゴシックブラウスに合わせて、絹の丸くげから、つまみ細工で椿のネックレスを作った。位上がり寸法60センチ。花に七五三のかざりをぶら下げると、しゃらしゃら鳴る。無地の椿がクラシックなので、葉を水玉模様にした。
イヤークリップはちょうちょ。



a0263388_13130321.jpg
布に葺くと押し絵みたいになる。丸カンを付けた裏面は、すかしパーツ。




a0263388_13132862.jpg
ROUAGE TOUR 2000[TV] 2
ヤローのハダカ見てて(抱かれたいじゃなくて)マジ抱きてぇ!と思ったのは、未だにズシだけ。同人女と「犯られるために産まれて来たようなカラダだ〜」とオオヨロコビの妊婦であった。



a0263388_13134358.jpg
マルゲリータピザ
みょうがサラダ
フレンチフライ



a0263388_13140022.jpg
ご飯
ししゃも
豚冷しゃぶの香味ソースがけ
ナスのおかか和え
みつばサラダ
大根と油揚のみそ汁

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-05-26 20:05 | オシャレ小物

五月のばら

a0263388_14062874.jpg
アンジェラ、バレリーナ、サラバンド、スプラッシュ、アイスバーグ、トラディスカント………バラを届けてくれた奥さんは、ペットボトルに生けて炎天を抱えて歩いて来たんだなあああ。

軽井沢土産のあんずジャムで何、作る。多忙な旦那からオールドローズ30鉢の世話を引き継いだとか……もし私ならば殴り蹴りますけど…。


娘さんの浴衣用に、つまみ細工のバラの中からひとつ選んでもらって、あげた。香椎由宇みたいなシンメトリーのお顔立ちで
「まあ、バラをあげてバラをもらうなんて」とキョトン……。
(美人大〜好きの男組がいたら、ひっついて離れないだろう)

キッチンでごはん食べてる最中に、背後からバラの芳香が漂う。



a0263388_14063821.jpg
じゃこご飯
バタール
ムール貝とタラとアスパラのガーリックハーブ蒸し
タコのカルパッチョ
キュウイのヨーグルト掛け


a0263388_14065467.jpg
焼きそばパン弁当、鶏手羽元唐揚、竹輪きゅうり、チェリー、りんご。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-05-24 20:05 | 美意識をやしなう

和ゴスのイヤークリップ

a0263388_13330663.jpg
つまみ細工のちょうちょ。片耳用のイヤークリップは私用、イヤーカフを友に送る。色違いで青と茶のソロバンビーズをあしらって。

御耽美シスターズにぴったり。服が黒尽くめのときは、赤やピンクも入れたほうが良い。


a0263388_13332843.jpg
パンジーが引き抜かれ、初夏の花にチェンジ。
「明日は役員ランチなので、譜面を私にいただけると伝えますね」と(最後の念押し)言ったら、「えっ、レッスン当日にお持ちするのではダメですか」と来たもんだ(まったく通じてないね)。ダーメ、時間前に並べとかなきゃ。



a0263388_13334071.jpg
一株が分岐したミニバラ。彼は私を一瞥して、無言で立ち去った。ひとことで言うと(女嫌いではなく)10代の女性不信からの屈折したアレだ(どれ)。

そうなると大抵は、同世代の女と向き合うのが怖くなり、何でもおおらかに受け止める年増か、気後れする必要のないロリに走る両極端なことに。
4年間愛して来たものの、握手に応じることはなく……あの指が好きじゃないから(オーイ)。

ちゃんとご挨拶もせず…とあるけどいいの………もうこれからは朝昼晩、彼の事だけ考えて過ごす……そうしていないと気がくるいそう。




a0263388_13335142.jpg
ご飯
鶏と椎茸のバターソテー・ライムソース
ロケットサラダ
カツオの叩き
春菊ゴマ和え
根セロリのスープ

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-05-20 20:05 | オシャレ小物

a0263388_12510569.jpg
朝イチで髪を染めに行きセットしてもらった。髪を切ったら頭が軽〜〜くなって、首がラクちん。ボーダーTとワイドパンツにピンクを添えて。
ロングパールネックレスをアンバーにチェンジ。



a0263388_12512239.jpg
手弁当で出勤してギョッ。己のトリミングがやっと済んだかと思うと、中庭が………紅芽のカナメモチ生け垣が3メートル。
知らぬ間に25本の樹木(に加えてハーブ類)がブッシュ形成、ジャングルになりつつある。とりあえず素手で毟る。



a0263388_12514379.jpg
蛇イチゴブースにて。怒ってるのかスネてるのか………ここをチェックしてるとなんとなくわかるの。わかりたくないときはお人形さんに変身する。さんざん、女の涙を見て来たの。





a0263388_12520957.jpg
ステーキパスタ塩レモンソース
ロメインレタスサラダ


a0263388_12522106.jpg
ご飯
さんまの塩焼き
カルビ焼き肉ライムソース
潮汁


a0263388_12523279.jpg
カニコロ弁当、サラダ、いちご。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-05-19 20:05 | クロップドパンツ

すみれ色キブン

a0263388_13485497.jpg
真夏日、息子が選んだ綺麗色シャツ、ヒューマンウーマンの今季スカート。上下ともにふんわりのときは、ハットのリボンとサンダルの黒で引き締めるがよろし。



a0263388_13490716.jpg
昨日の休日。夫とのランチを断り、公民館長と練習室で譜面を探したけど見つからなかった。他の役員に電話したら、険しい声で

「近々、先生と会うから新しいのをもらって来るけど…そもそも私の担当じゃないし。隈鳥さんは皆の連絡係だから責任者になっちゃってるね。楽譜は○○さん担当、いったい何してるの彼女」


思い込みとは恐ろしいもので……次にこれを聞かされた途端、頬が引きつった。
「先生から隈鳥さんが譜面を受け取るところを見た気がするの…他の役員も見たって……」
「いいえそんな。あのときは先生に背を向けて、黒板に練習日とランチの日程を書き出してたんだから」

帰り道、花畑の青が目に痛い。部員から「早く見つかるといいね」とメールが舞い込む。旅先からも「内部の人が持ち出したんだから、安心」と来た。
譜面は先生の訳詞・編曲でいわば命。それを剥き出しでポイと置く無神経さ。


その夜、思いも寄らぬ優等生妻から「ごめんなさい、早退した際に持ち帰りました」と来た。お詫びに全員の枚数ぶんコピーをとり、私のアパートに届けるという。

「それじゃあ私…役員さんたちが先生への連絡をちゅうちょしている間……何も知らずに、庭のバラを先生に届けたりしてたのね。隈鳥さんに叱られる……」

電話口で吹き出した私。そこからあとはオールドローズ談義。私が妊娠中に習ったフラワーデザインと同じ流派だそうで、薔薇を見せてもらう約束はした。


やっと眠れる。これで横浜に行ける〜〜。



a0263388_13491996.jpg
ご飯
カルビ肉のもやし炒め
サラダ
こんにゃく煮
シラスおろし


a0263388_13492912.jpg
冷やし中華

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-05-12 20:05 | 流行色

匠の技

a0263388_15090086.jpg
実家お片づけの駄賃。七五三の丸ひも。46年前の匂い袋の香り。きゃーー♪

「どうしてあなたは、こうなの(ため息)」
「紅絹に触れると血潮が騒ぐ〜〜(和ゴス好き)」



a0263388_15091387.jpg
つまみ細工のかんざし一式。


a0263388_15092608.jpg
斑入りノリウツギがかんざしみたい、樹木も初夏の準備。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-05-09 20:05 | 断捨離効果

a0263388_13303775.jpg
昨日は実家の片付けに行った。今季はちょっとヘンな組み合わせ……オレンジ×ピンク、赤×ピンク、緑×青などが気になる。


大きなオレンジには小さなブルー。お手製の青いカラーコードネックレスと、友だちのターコイズイヤリング。

白いパナマハットは夫のもの。
「ちょうだい、私のほうが似合うかも」なんて、ドラマ「賢者の愛」の百合状態。


あのミポリンの変態ドラマ。若い人は(原作者エイミーの路線変更に)がっかりしたようだが、五十路の私には面白かった。谷崎のパロディかと思うと、そうであってそうでもない。

過去に愛する男2人を、新興成金の娘・百合に奪われた生粋の令嬢・マユは、少女時代から愛し続けて来た兄さまと百合との間に産まれた息子に、「直己」と名付けて復讐がわりに調教を開始する。
女同士のドロドロ…どっちもどっち……問題は直己の父。

「お前のは愛じゃなくて、性欲に突き動かされてるだけだ」と、息子との取っ組み合いで諭し、「愛とはしょせんエゴなのか」と、頭を抱え込む……一見まともそう。
生後から成人に至る今までひとり息子がオモチャにされたのを知れば、マユと刺し違える覚悟だろうが……そうではなかった。ショック。

ピシッと足のつま先を揃えて立つ敏腕編集者・ミポリンと、処女立ちの専業主婦・早紀。
そして、歯止めの利かないハタチの直己に「あんなに制限無くセックスしたら、すぐに飽きちゃうわ」と、微笑むミポリンの2度の回想シーン…じゅる。

マユのオンのボウブラウス×ワイドパンツの着回し、オフのリゾートドレス。ユリのレオナールのワンピースやダイアンのラップドレスに、特大ヘッドのチョーカー。すべて似合ってて素敵(私、カーデの肩掛けがずり落ちてしまいます)。



仏最年少新大統領を想像しちゃう……すみません。
a0263388_13305818.jpg
母が私たちのラーメンを作る間、庭にパステルオレンジのジニアを植えた。
ピアノを売ってリビングを事務所にしたいそうで、「パパとふたを開けても、製造番号がどこにも見当たらないの。偽物かしら?」と首を傾げる。

何の事はない……新聞の切り抜き広告に「天井を開けろ」と書いてある…カミソリみたいだった両親にも、公平に老いが訪れたのだ。
母はおおよろこびでピアノカバーの洗濯を始めた。


あああ、これからどうしようーー。
「妹たちはお受験させたのに、あんたたち夫婦は公立中に通わせてダメダメね」てな具合の親と、しゃべりたくなかった私はピアノで時間を稼いだのに(泣。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-05-08 20:05 | 流行色

お手本はバラ

a0263388_14241530.jpg
テキストは新に限る、親切丁寧なこれ一冊があればいい。図書館で古いテキストを借りてきて作ったら行程が釈然とせず、時間ばかりかかった。

基本の丸つまみさえマスターすれば、応用でバラが出来ちゃう素晴らしさ。


問題はサウスポー。そこは伝統工芸、ピンセットを右手に持ち替えてつままないと。
耳たぶをつまみたい。



a0263388_14243850.jpg
ヘルシューレンの消毒をする。今季もカミキリムシにやられた。



a0263388_14245818.jpg
ルイ16世の立派なアブラムシも、素手で捕殺。



a0263388_14251073.jpg
ラベンダーを縛ったのは誰だよっ。


a0263388_14253229.jpg
姑も誘い苗木屋へ。ケース売りを2軒で分けっこ。「その色が好きねえ」といわれる。庭のあちこちに男が植わってるから、いまだ退屈しないの(笑。

友のメッセージを見る。
「きりちゃんて女ですか?」
「そうよ惚れたな…ま、どっちでもいっか」

「あれ以来忘れられなくて、ドラムを追いかけてみようかと」
「ヒステリックじゃないのは希有だよね」


a0263388_14254666.jpg
大きな声では言えないが。
加湿厳禁の白い河原撫子にきりちゃんと呼びかけ、いざ花を満開に着けると実家に里子へ出すという、屈折した愛よ。
夏の植物園経由大阪泊、ふたたび京都がさくさく進むんでしょうか?この私に。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-05-07 20:05 | 美意識をやしなう

a0263388_13433158.jpg
「庭のお手入れにご熱心ですもの」と、エステシャンにいわれた。
自分の手入れは底が見えても、庭は際限がないもの。



小さい頃は食が細くてヤキモキさせられたけど、皿に鼻を突っ込む息子にホっ。
a0263388_13481514.jpg
バケット
ミラノカツレツ
鶏唐揚げ


a0263388_13545486.jpg
ご飯
柴漬けきゅうり
かに酢
あさりバター
しめじとベーコンの炒め物



a0263388_13562283.jpg
バケット
チキンカツのトマトソース掛け
椎茸ステーキ
ラディッシュサラダ


a0263388_13574220.jpg
ご飯
ほうれん草のかりかりベーコン乗せ
ナスとカジキマグロのガーリックソテー、アボカドソース
さつもいもレモン煮
豚汁

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-05-06 20:05 | お手入れ

つまめていなくても

a0263388_13362441.jpg
思ったよりも(きたない)仕上がりがデリケートなので、何に仕立てよう……ケの日の小物はヘアピンとイヤリング。

昭和46年製・七五三着物の正絹を四方角に切り溜めしておいて、テレビタイムにつまむ。憧れの桜花とちょうちょ。鹿の子模様好きとしてはポイント使いしたい。



乾かすにはこのようにメラミンスポンジで代用可。ズタボロ着物のために飾り紐を買うのは嫌。蝶蝶の胴体と触覚はビーズ用ワイヤー。桜色の裏地がポリエステルで糊を吸収しないので、手縫い。

庭のワスレナグサ、ピンクデージー、ヘビイチゴが満開。



a0263388_13363691.jpg
昨夜のりかさまピックを枕の下に置いて寝たら、夢でキスしたり他にもいろいろ。
たかしで盆踊り、身体の隅々まで呼吸してるのを感じた。

2年ぶりに話す。隙っ歯で笑うりかは44には見えない。胸までさらさらの髪が伸びていて、適度にボリュームのある腿にデニムが似合う。
10年ひと昔。パパのギャラは高いからりかちゃんに払えるの?と言ったら、パパは「だーいじょうぶだよ」と吹き出した。


4ヶ月ぶりのソマリライブ。弾け飛ぶクロを鎮静させるかのような、純の三拍子。
めいめいが無彩色の衣装に、瑠璃Fenderミントグリーンだけがステージに色を添える。今日も素敵なハットのカズ君、アリスの似合う瑠璃は男服。シャキシャキしてて、切りたてのスターフルーツみたいなバンド。攻めの姿勢。かくれんぼ…きみとぼく…過去の曲がしっくり来る。この流れのまま5月チケを買った。


しんも観に来て、きゃしゃな立ち姿とあどけないスッピン。骨太で妖艶なステージとのギャップに戸惑い、背を向ける(いつもこの調子)。
目の前でドアをバタバタ開閉して往復する純……後ろを盛ったショートはクール…ううん嫌い…来月までに20センチ伸ばしてきてくれ。


ディブスを2年ぶりに観た。きょうのバンドはみんな歌が上手く、りかも遜色なくて安心した。音のほうは切り口がザラザラ。目の前でシクシク泣く。こんな男がそれほど好きか?っつーくらい泣く……他に私を泣かせる男は、あさきチャンぐらいなものだろう。第一子、第二子と大きな腹で見に行ったのは、この2人だけだから。


スラッシャーでかっこいいデジール、こういうバンドがあると飽きない。
卑屑を一曲だけ聴いて帰宅、じつに惜しい。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-04-28 20:05 | オシャレ小物

着まわせない主婦が組み立てる、ワードローブ