初めて育てた花の色


a0263388_09310274.jpg
旅から戻るとグラジオラス・ヴェネツィアが揃い咲き。植物画が趣味の母にもあげた。昭和の仏花・刀花と違って、改良品種は濃淡が見事で、新鮮な驚きをおぼえる色。


昨日の4年経過検診は、初めて見る最新式マンモ機器だった。去年一昨年と、挟まれる痛さに声を押し殺して泣いた私。

台とクリアなプラ引き出し状で挟むソフトな見た目から想像するに、圧迫痛も改善されているだろうと期待したが、挟んでから撮影までのわずか数秒間が待ちきれないほど痛ーーい……
加齢で胸の谷間が15センチ下垂していて、すり抜ける……
放射線技師が萎みかけた水風船みたいなのを何度もすくい取るように掴んでは、台に乗っける。



a0263388_09312969.jpg
ミナヅキも満開。


a0263388_09342711.jpg



a0263388_09344087.jpg
泥はねを避けるジニアとサフィニアは、コンテナで育てる。




a0263388_09441684.jpg
ご飯
サンマの塩焼き
湯豆腐
白ナスのもろみ焼き
ダイスカット夏野菜炒め



a0263388_09445460.jpg
ご飯
ぬか漬けきゅうり
油淋鶏
夏野菜のキノコオムレツ
練りゴマ紫蘇タレ掛けグリーンアスパラ
豆腐とみょうがのみそ汁


府立植物園で陥ったのはおそらく、熱疲労というものだ。熱を奪われたんだから冷やすんじゃなくて、体温を元に戻さないといけなかった。
これでもし(身体のむくみ防止に)塩分摂取を避けていたら、熱中症になっていた。ランチの消化の良い出し巻き卵と、赤出しのみそ汁に感謝した。


[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-07-19 20:05 | 更年期のらりくらり

京都大阪1泊ツアー


a0263388_16232144.jpg
大阪泊前に、京都府立植物園に寄り道してさんざんな目に遭った私。しかし初の大阪ということで、大丸デパ地下で紅茶を物色……懲りてない。



a0263388_16281104.jpg
たこ焼きと苺アイス抱えて、チェックインと仮眠。
夜のライブが迫ると、宿のフロント係が裏口を開けてトンネルを指差す。
「そこをくぐるのはちょっと……高架下を渡ってね。自転車がごちゃっと」


FPCはベースが変わって、見栄えも音も良い。タイトになったケビンは、フロアに飛び降りた。
ストロベリーソングオーケストラは、ちょっとエピタフ。土着で土俗的なのを想像していたら、白塗りでも綺麗なこと………斬平の四弦と美歌さま。でもロングステージであの語りはね…つくづく椅子があってよかった。

地元のコが「東京で見るダイズのステージは、明らかに熱量が違う」と言ってたけど、そんなことない。めまいがするほど熱かったーー。


三重窓の部屋で列車通過音を聴きながら、アイマスクと耳栓で眠りにつく幸せ。



a0263388_16281897.jpg
翌朝7時チェックアウト。ふたたび懲りずに京都に戻り、八坂神社参拝、さらに猛暑の花見小路へ。祇園甲部歌舞練場の敷地内に、例の水玉南瓜が素敵。



a0263388_16384707.jpg
FMOCAにて草間彌生コレクションを、埼玉の主婦と観て回る。ふうん、ドットは外界から保護するお守りなのか……。

極彩色ばかりじゃなくて、渋い小紋模様の水玉もある。夏の百合やヒマワリに貝と魚のエッチングが楽しい。ガーリーかつ艶なる美の殿堂にそぐわしい展示に、感動した。



a0263388_16495660.jpg
四条大橋を渡り先斗町へ。鴨川をのぞむ。


a0263388_16500632.jpg
ずんずん奥に進み、11時オープンの勝牛でランチ。家で夕飯を作る約束をしたので、12時半の新幹線で帰路に向かう。地元駅からマイカーを運転して帰る。




a0263388_16592089.jpg
志津屋のパンで夕飯。マグロペースト、セロリとシラスのサラダ、白桃

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-07-16 20:05 | 更年期のらりくらり

a0263388_12021537.jpg
剪定バサミとノコギリ担当。睡眠時間6時間半に、足りないぶんを昼寝で30分間補う……長椅子で目を開けたまま気絶しているらしい。


ロンドン行きヴァージン航空機で、繰り返し聴いたアルバム。TESCOの芋虫みたいなジェリービーンズを思い出す。


a0263388_12022580.jpg
新枝を生かす方向性で突き進める。



a0263388_12023413.jpg
三位一体になったモモイロヤマボウシ・ノリウツギ・アセビ。小道に花を絶やさず。


a0263388_12025085.jpg
朝6時の水やりと除草は夫担当。ゴムホースに触れた事の無い私。



a0263388_12030194.jpg
カシワバアジサイのがく片が色づき、桜の下でアガパンサスが蕾を付ける。



a0263388_12031124.jpg
トキワマンサクが地下茎で増え続ける事実に驚愕、根切りをした。
芋虫だらけのユキヤナギとコデマリの根周りも、地道にノコギリで刈り取ったら、すんなり掘り上げられた。



a0263388_12014756.jpg
ストケシアは、父の生家に咲いた憧れの花。実家の母と姑が、種をとり蒔いても増えない。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-06-20 20:05 | お手入れ

神楽音覚え書

a0263388_14043364.jpg
夕べはひょうたん坂の御食事処で、梅酒と土鍋の穴子炊き込み御飯……青山椒って柑橘系なのね、と感激した。ライブの時刻が迫っていたので、残りを頼もしい板さんにおむすびにしてもらった。昔は会員制秘密クラブで、お忍びの誰かが隠し階段から逃げた経緯を教わった。


それはそれは素敵な、神楽坂にぴったりの3人だった。目の前のちっちゃい宅録少年は…ナマリッキー………若返ってた。

沖縄から直行のロビンは、梅雨明け宣言の笑顔。ダウニーのときはサイケデリアで聞き取りづらいけど、アコギの下弦の月が滑舌良くて色っぽい。

ハタノのダンスダンスダンスと、ディスウーマンズワークのcoverに心酔。男の美声で歌うとケイトより説得力ある。帰りがけにお話し出来て幸せ。
ここまでは心地よさと同時にヒリヒリ感が伝わって来たステージング。


すべてを外しまくりのリッキーは、譜面めくっちゃ「出来るかな」と弾き始め、即やめるので安心した(笑。
「何で俺がトリなんだ…2人とも歌がとても上手くて、俺が(順番が)一番だと思ってた」とポツリ。
スカートや14soulsでさめざめと泣いた。泣いたのは、歌詞の精度がまだ高かった頃を思い出したから。またねラブ。



a0263388_14044808.jpg
2年ぶりの赤城神社。まだ余韻に浸っていたいのに。


a0263388_14045861.jpg
コーラス朝練。現実は、前任役員に「黒の網を止めようなんて誰が言ったの?先生と私も気に入ってるのよ」と衣装代で大目玉を喰らう。
今朝は試しに、白で集合するように頼んだ日(上下とも黒はよほどの美形にしか許されないんだよ)。
またもや「今日、白を着てくる事に何の意味があるの?」と、うるさい。

「ひとえに白といっても千差万別だから、慌てたくないだけ」
これは試して正解だった。襟の形もてんでバラバラだし。

「家族に集合写真を見せたら、'デブとブタがヘビメタみたいなネット着てて凄いね'っていわれちゃった」
と言い返しちゃったヒィ。

こんなに余ってる部費を購入に使っちゃいけないなんて、誰も聞かされてないからショック。隣で友だちが「引き継ぎがまだのようね」の一点張り。10年前は折り合いが悪かった彼女と、こうして共同戦線を張ってる…感心してる場合じゃ…ない。


もう、この際だから前任ブーデーに当てつけがましく、デブとブタしか言わんかった(笑。小太りの五十路で悪かったね。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-06-14 20:05 | 美意識をやしなう

匠の技

a0263388_15090086.jpg
実家お片づけの駄賃。七五三の丸ひも。46年前の匂い袋の香り。きゃーー♪

「どうしてあなたは、こうなの(ため息)」
「紅絹に触れると血潮が騒ぐ〜〜(和ゴス好き)」



a0263388_15091387.jpg
つまみ細工のかんざし一式。


a0263388_15092608.jpg
斑入りノリウツギがかんざしみたい、樹木も初夏の準備。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-05-09 20:05 | 断捨離効果

a0263388_13433158.jpg
「庭のお手入れにご熱心ですもの」と、エステシャンにいわれた。
自分の手入れは底が見えても、庭は際限がないもの。



小さい頃は食が細くてヤキモキさせられたけど、皿に鼻を突っ込む息子にホっ。
a0263388_13481514.jpg
バケット
ミラノカツレツ
鶏唐揚げ


a0263388_13545486.jpg
ご飯
柴漬けきゅうり
かに酢
あさりバター
しめじとベーコンの炒め物



a0263388_13562283.jpg
バケット
チキンカツのトマトソース掛け
椎茸ステーキ
ラディッシュサラダ


a0263388_13574220.jpg
ご飯
ほうれん草のかりかりベーコン乗せ
ナスとカジキマグロのガーリックソテー、アボカドソース
さつもいもレモン煮
豚汁

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-05-06 20:05 | お手入れ

七五三の着物(46年前)

a0263388_08150306.jpg
昨日、母に「こういうものは長女が持つの」といわれて、引き取ってきた七五三のズタボロ着物。甥っ子が天袋から引っ張りだしてくれた。

親族で女児の初孫だった私、次妹、従妹2人が順繰りに4人で着た!!お参りのあとに祖父母を招いてはまぐり鍋を囲み、みんなと結い髪でバレーボールした。

「あの当時にしては、長男夫婦として精一杯のもてなしをしたわ」


正絹に鋏を入れて、つまみ細工にする。こうして見ると朱の鹿の子や紫が強烈で、お細工物に不向き、ちっとも可愛くない。(自分ではコーヒー牛乳だと記憶していたが)証拠写真はビターチョコ色の肌の私に、クリーム色が選ばれたんだろう。




a0263388_08442313.jpg
この春こそ、火焔ツツジが満開の予感。日照時間が4時間未満なので、低温でつぼみが落ちてしまう。




a0263388_08444406.jpg
ブリオッシュ、ガーリックトースト
シャリアピンステーキとサラダ
スパイシーポテト
かにかまと大根のなます



a0263388_08445662.jpg
チキンカツバーガー
ハムきゅうりロール
赤かぶサラダと果物


a0263388_08450746.jpg
ご飯
キムチ鍋
焼き鳥
パインとロケットのサラダ


a0263388_08451844.jpg
ご飯
花豆煮
タコの若筍煮
赤エビとナスのふんわり玉子炒め
エビ頭のみそ汁

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-04-27 20:05 | 美意識をやしなう

a0263388_13544259.jpg
晩秋とは違い、春は葉の色がライムグリーンの柳。鴨が子連れで戻った。ン千ヘクタールの田んぼに人工池を作り、なだらかな起伏をつけたなんて信じられなーーい。


a0263388_13552065.jpg
実生ノイバラが整備され、背丈の低い植物が目立つようになった。


a0263388_13553565.jpg
次回は通院日に来よう…せめてもっと近ければなあ…。

a0263388_13584228.jpg
河津桜とサクランボの樹が向き合う光景なんて、雑木林では無理。


a0263388_13585077.jpg
石釜パン
じゃこむすび
わかめ酢
鮎の塩焼き
豚肉の味噌漬け青ネギのっけ
サラダ
かぶとタマネギのポタージュ

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-03-21 21:05 | 美意識をやしなう

巻き物が主役

a0263388_18441507.jpg
スカートの色味に合わせてVARAを履く。エルメススカーフは鼻ピの王妃。

けいみたいにオシャレブランチupするのかな。もう見ないことにするっ。


私は出会い結納即挙式だったけど。夫の家は封建的な家系で有名だと心配した叔父が、父に告げた。

父が私の枕元で「人生の一大事を、たった一度きりの事で決めてはいけないよ」と諭しに来た。

同居なし、職場に通って来る夫の両親に食事は一切作らない事を条件に決まり。向こうは「これだからお嬢様は」と、ぶうたれてた(笑。

さすがに人生舐めきってるみたいで怖くなって、夫の両親と親類縁者に「入籍はどうなってるの?」と、せっつかれても無視。

あまやかされた長男長女の変わり者同士というのはわかっていたし。こんなはずじゃなかったーーというのは、ないな。



a0263388_18435117.jpg
ご飯
ぬか漬け
マボちゃん
ながらみ貝
鶏天
ポテトマカサラダ

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-02-15 20:05 | オシャレ小物

オリーブグレイ

a0263388_11165755.jpeg
クレオディーテヘアカラーエマルジョンを持ち込みで染めてもらった。

長らく続いたピンク味を落ち着かせるためなので、オリーブにはならずスモーキーなニュアンスが出た。

私は断然艶髪が好みだけど、マットニュアンスは売り切れ。


a0263388_11172097.jpeg
20キロハイク定番。



a0263388_20105609.jpeg
ミートソースパスタ
カリフラワーサラダ
イカの塩辛オムレツ
きんぴらごぼう
黒蜜ごま豆腐


[PR]
by kimawasanai_2 | 2016-11-05 20:05 | 顔色補正

着まわせない主婦が組み立てる、ワードローブ