ブルーラグーン

a0263388_22365627.jpg

中学生の夏服引き取りのあと、向かいの日本画展で知人の作品をみる。胸が沸き立つようなビワだった。

近視予備軍の娘は再検査の紙を学校でもらってきたが、夕方の眼下受診で眼鏡をまぬがれた。
2人で気が抜けてレインボーハットのサクランボとミックスベリーのアイスをダブルで頼んでしまう。

眼鏡代でミッシェルクランの2wayワンピースを買う。
ブルーの海にエメラルドを混ぜたような色は、ランジェとおそろい。

a0263388_22365646.jpg

ラムチョップとカボチャのロースト、いわしバーグ、みょうがサラダ、アミの佃煮


あなたに似る人 (二十)
ジィの鎖骨のくぼみに鼻を埋めながら、そのきめ細かい肌のあらを、どこかにないかとチェックした。

大抵はシミやアザ、ひきつれや爛れのひとつやふたつあるものだが、見当たらない。せいぜいショルダーストラップが食い込んだ形跡ぐらいだ。

若さのバロメータは肌、髪、歯、爪に現れるというが、歯以外は完璧だ。おでこと目許に目だたない横ジワが走るだけで、シミらしきものがない。

「まあ、女の子の手みたい」
ジィの爪には大きな半月が浮かんでいる。
[PR]
by kimawasanai_2 | 2014-05-13 22:36 | 流行色

着まわせない主婦が組み立てる、ワードローブ


by kumadori