四条烏丸の宵

a0263388_12271068.jpg
両隣の割烹が風情たっぷり。消灯エントランスの暗証番号を渡されて出発。





a0263388_12274402.jpg
本能寺の変…コナンでは山王寺公園だった、同じ街並。坂倉の看板があって、りょうちゃんて闇夜に叫んでた(難治)。


a0263388_12280176.jpg
宿を出て10分後に到着。38年ぶりの二条城。


a0263388_12282758.jpg
ラーメン屋の隣、無料ギャラリーで暖をとる。




a0263388_12283676.jpg
私には異界だ(笑。昭和のスナックやキャバレーみたいな雰囲気。バンドマンがいっぱい見に来てる。女の子もトーク帽でオシャレ……東京でそんなカッコしたら(ネラッテル)て行き遅れ軍団から牽制の嵐だろ。

あたしがトイレに立った隙に、息子にハンドタオル投げてくれたそうじゃないの……あいつ未成年だから、「20代もひとり見つけた」って喜んでたが……女なんて28に見えても34ですから。
ちゃんと前見てステージに投げろ、な。


カーマはキャッチーで贅沢なメンバー。ハクいスケ……女同士の掛け合いに怖気立つ。マダーも負けじと暗黒に引き摺り下ろす。

ステージで仰向けになってるポストパンクバンドに一目惚れ。若いバニヤンみたいなアーリーの歌に合わせて、ギグ様の官能的なダンス(大さんが老けたらああなる)。ギグは「あんなにカッコいいのにCDはないんだ」と言った。

ムスボレでアテフリ習う。アイシTELLが京都特典映像にサインしてくれたので「こっちにも!」と新譜をビリビリ開封したら、TELLは押し黙った……。


終演後のカーマがBGMに合わせ、オーリオリオダンシーーンと噛み付くように歌う。
「ああいった80年代の音楽を語る仲間を探し……神戸の生まれなん?」と言いかけたまあちんに、彼らは今どうしてるのかと訊かれた。それぞれ所帯を持って、あのとき彼らはすっぱり足を洗ったと言ったが、まあちんの状況を羨ましがっていた。

JPTの配布CDは抜きん出ていたが、土俗的で悪魔的でハマるのが怖くて、一聴してしまい込んだ。
怪しげで危うい理想のハコをクリーンに保ち、10年以上継続するのがどれほど大変なことか。非凡と謳われた美脚店長は、ストイックなのだった。


忘れないでいてくれて…と、見送ってくれた。地上では笑い転げるアーリーと中谷さんのあとに続く。吸血鬼も地下鉄に乗るのか。





a0263388_12291072.jpg
午前中の新幹線に乗るッ。




a0263388_12292721.jpg
また六角形に遭遇、きっとリッキーも見たはず。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2018-01-26 20:05 | 美意識をやしなう

着まわせない主婦が組み立てる、ワードローブ


by kumadori