人気ブログランキング |

カテゴリ:美意識をやしなう( 158 )

HMIJ2019の思い出

a0263388_12332942.jpg
投票を済ませ、初めてハンドメイドインジャパンフェス2019に行った。



東京ビッグサイトは20年ぶりで、週末パスとりんかい線直通で片道30分は短縮された。


出店料と交通費、梱包輸送費に人件費がかかるフェスの作品は、割高になりがち。会場で七尾旅人のライブが無ければ出掛けなかった。

3000人の出店者のうち、10人ほどと話した。メーカーで鍛えられたプロや、独学でやってる勤め人は見てて気持ちいいけど……何をしたいのか首を傾げたくなるその他は飽和状態で、ゴミにしか見えない。



アクセサリー、服、素材ブースだけ見て、器や家具、アート作品は時間がなくて諦めた。





a0263388_12351756.jpg
だからインドクルタにインドジュエリーは踏み絵だ(笑。




a0263388_12353282.jpg
フードカーもいっぱい。食べながらライブ観るのは、最高にリフレッシュ出来る。






a0263388_12354323.jpg
オレンジ色の天然石(サンストーンかシトリンの)リング12号を探し続けていた。まるでオレンジサファイアのごとき輝き、石の大きさも加齢で節の目立つ指にピッタリ。

アクセサリーブース3時間も駆け回り、ジュエリー作家Macky U.のシトリンリングに決めた。







a0263388_12355125.jpg
100均ワゴンセールのケミカルレースは、素材ブースではなくて洋服ブースにある。


湯で溶かす今の簡易タイプではなく、古き良き時代の生地に刺繍したものを薬品で溶かして穴空けした日本製品。ここまで糸を贅沢に使って分厚く細かい柄は、もう工場で嫌がられ、作られない。

高級品だけどパック詰め1メートル未満の為、これで会社を知ってもらいたいそうな。




北欧産業の会場限定100円コーナーでドクロパーツを購入。







a0263388_12361623.jpg

by kimawasanai_2 | 2019-07-22 20:05 | 美意識をやしなう

今季は全身パステル

a0263388_13104038.jpg
総刺繍のクルタドレスに、イタリーレースのショールを羽織る。


誕生石のアクアマリンは13ミリもある。
ライトグレーのパンプスとワンデイバッグのセット使いが、どの服にも合って重宝してる。



昨年大阪の夜行バス往復で、死ぬ思いをした。行きの新幹線は満席になる勢い。

昼飯と夕飯を作り置き、友とランチ後に改札口まで見送ってもらう。
彼女は親の空き家対策も兼ね、きちんと会社形態にすると息巻いた……片道40キロ通勤なんて…。


私が「覚えのない額が引き落とされて、カード情報盗用でサプリでも買われたのかと焦ったら、大学受験ネット講座だった」
と笑えない冗談を言うと、彼女もスポーツジムで似たような思いをしたという。
身近なところが震災ビジネスとか、昨今の多角経営ぶりにはビックリねぇ…という話になる。



そして私がキャッシュで切符を買うから「ビューカードならポイント付くのに」と眉をひそめた。
夜行バスネット予約はともかく、何でもカード引き落としだと金銭感覚が麻痺……向こうの思うツボ。
宿もネット予約は割高で満室でも、電話予約ならば禁煙部屋を確実にとれる。








a0263388_13105030.jpg
店長が関東の大学OB。私はYMCAクラスが縁で30年前、そこの大学教授の妻に招かれた事がある。






a0263388_13105946.jpg
開演前に、ガーデンと生地コーナーも見て回る。
地獄絵より若々しいノンレムノンと、艶めかしいアンブレラが同日なので遠征した。
ハコらしからぬ、澄み切った空気の中で聴くのは泣ける。
ここにいる大阪ギャは明日、デッドマンとゴシックイベントの二派に分かれそう。


TAGはソフバのようでもあり、ホログラムにご縁が無いので、りょうの豹変ぶりにビックリ。

アンブレラファンは優しくて、アンミュレダイズで前を譲ってもらった。
一年毎の重みを噛み締め、来年もここで漆黒のペアを見守りたい。



私もハイハイで帰りたい……天王寺メトロ経由で南海なんばに出るのは不安なもの。
発車25分前にバス停に着いたら身体が伸ばせず、10時間半不眠不休で散々だった。
過去最安の3700円バスで行った事はあるが、それはシーズンオフの高級バスが空席底値なので快適だった。
本年度最後の大阪遠征を終えて、ホッ。




往復ともに京都で途中下車したくなって困る。

by kimawasanai_2 | 2019-06-24 20:05 | 美意識をやしなう

京都お耽美弾丸ツアー

a0263388_12295731.jpg
朝8時半の四条通りを河原町方面へ。気温34度予測されるも、打ち水のあとが心地良い。
いつもは河原町OPAから四条烏丸へ入るので、新鮮。







a0263388_12300742.jpg
ノムラテーラーへの道すがら錦市場で買い物。人でごった返す日陰を歩く。





a0263388_12301644.jpg
午後3時……遅い昼飯、兼、早めの夕飯。





a0263388_12315810.jpg
夕刻、堀川御池ギャラリーで土産を広げたのが間違いのもと。旅行鞄を受付に預ける前に、確認すべきだった。


夜間、はす向かいの夜想で封筒からチケットとドリンク代を支払い、終演間際になってようやく、財布が無いのに気づく。

私と2人でソファーを占拠した学生に、自作ドレスの原画を見せてもらい、感激。私も楽しみながら気長に作ろう。
ライブ自体は素晴らしく、まるで異界への入り口のよう。今までで最も感動した。




早々に地下鉄で京都駅夜行バス発着所に向かう。所持金を封筒とSuicaに振り分けておいたので翌朝、家には帰れた。





帰宅後はホテルの進学説明会やら、書類申請で役所通いの現実が押し寄せた。
京都府警に遺失物の件を相談したら、派出所に無事に届いていて、拾って下さった方の情報は教えられないとの事。



ギャラリーにお礼の電話をするーー♪




a0263388_12320742.jpg
素麺
精進揚
鮒ほうずい

by kimawasanai_2 | 2019-05-29 20:05 | 美意識をやしなう

チロリアンテープ三昧

a0263388_13474254.jpg
手芸店オントラベリングのカット売りお値打ちテープたち。



スタッフが「お子さんの服に着けるんですか?」と、程よく声を掛けてくれる。
1階の壁面パーツを見て頭に血が上り、元金払いを予算内に納めたく、店舗の外に出て気を鎮める。


ワンピースの裾に配するには2メートル要し、贅沢なので初心者は50センチパックにした。
「こちらなんてお好きだと思います、安いですよ」

問屋街にあって、高級リールの量り切りを薦めない………商売っ気ない。



日暮里繊維街を2時間で、ON TRAVELINGとLOOM INDIAの2軒だけ見て買った。







a0263388_13481239.jpg
オントラベリング2階は、お目当のアフリカンワックスコットン生地をメインに、ワッペンやレースがいっぱい。

デザインは英国とオランダの影響を受けているそうで、これはオランダのメーカー。




「実物を巻いてみますか」
欲しい長さは決まっていたが、ネット画像とかけ離れた質感から、仕上がりイメージが浮かばない。

「糊が落ちれば、木綿の質感になります」

オーナーがあらゆるサイズのカットクロスをバンバン広げ、私が胴に巻きつける度、
「タイトで歩きづらいのでは?」と注意する。



日本の110センチ幅なら80センチでミディスカートが縫えた。アフリカのは116センチ幅。

オーナーが水色を80にカットして
「黄色のほうは上下の向きがあるので、余計に要ります」と注意。

そして「型紙は?まず、その辺で売っている安い布で練習してから」と繰り返し、心配そう(笑。

「まず簡単な筒形のを縫ってみて、慣れてきたら上下交互で2段縫い用に1メートル欲しい」と頼んだ。








a0263388_13482960.jpg
アマゾンUS23ドル。カンボジア製コットンストレッチワンピは、肉感を拾わずお値打ち。
素っ気ないナイトガウンみたいなので、前後にチロリアンテープ、袖にミニポンポンブレードを配した。








a0263388_13483885.jpg
背面。







a0263388_13484665.jpg
夜は池袋。攻めたバンドばかりで見応えあった。マナ様と知らず、またもやジロジロ見てしまった。

by kimawasanai_2 | 2019-05-13 20:05 | 美意識をやしなう
a0263388_13102898.jpg
Dream AngelのドレスはJaipur Kurtiの丁寧な縫製に比べたら、可も無く不可も無くといったところ。




コーラルレッドの色味と張り艶のある綿は、取り寄せたメーカーの中で過去一番。

七分袖にピコットボタン……10代でこの形のインド綿ワンピを好んで着ていた。
ファスナー着けの技術が無さそうだし、これでもヴィクトリアンドレスと呼ばれる。






a0263388_13104767.jpg
着丈が長過ぎ、フレア1段を減らして95センチにする。裾のプリントを切りたくないから、手縫いで一周ぶんを内側に挟み込むのは大変。

デニムとスペルガに合わせて、茶のスエードコートを羽織る。






a0263388_13110740.jpg
夜はバラードワンマンへ。バラード集CDも買いに行く。



東口の味気ない坂を下り、恵比寿の五差路に出るのが大嫌い。平地に帰って畑が見たい。






a0263388_13111740.jpg
タクちゃん在籍時が好きで、率先してライブに行かなかった。でも昨夜は、もはやCDでは物足りない。


セッションanswerはダイスケと田嶋が大暴れ、髪の伸びた梅がビシッ……目が笑ってない。
フロアに飛び降りて柵にしがみ付き、頭を振るヒロはイカす。ねーちゃん達が途端にイモに見える。




帰りの直通電車でうつらうつらねむる。今朝は全身がミリミリして痛い。





a0263388_13112824.jpg
つけ麺
小海老天
豚しゃぶの春菊サラダ
鯵の塩焼き







a0263388_13114467.jpg
エビフライプレート、肉じゃが、ちりめん雑魚佃煮、りんご。

by kimawasanai_2 | 2019-04-16 20:05 | 美意識をやしなう
a0263388_13290683.jpg
うららかな日曜の朝、パナソニック汐留美術館へ。


ゆめかわユニコーン好きな高校生がネットで調べて指定したのに、
「始業式で疲れたーーー鬼太郎を見てるほうが良い」と突っぱねられた。
ゲゲゲに負けたモロー……星野源三昧のくせに。


16年前、オペラ座の帰りにサンラザール駅に降り立つと、目の前が黄色くなり、モンマルトル行きを断念した。
背中で眠る1歳児のフランス製紙おむつは、炎天に臭気を発する。日本の紙おむつは世界一……という思い出。
帰国後「庭の花はガイドブックほど咲いてない、モローは他所に貸し出し中で見どころ無し」と慰められた。
以来、美術館は朝のうちにをモットーにしている。



モロー美術館の映像を見る限り、螺旋階段やシノワズリーの壺と家具を見とくべきだったと後悔。
展示会場はパリと同様、ストロベリーピンククロス貼りの壁紙で再現されていて可愛らしい。
日本でまとめて観れるのは14年ぶりなので、感慨もひとしおだ。

18世紀象徴主義の巨匠ギュスターヴモローは、市長の娘で慎みと教養を兼ね備えた母、建築家の父という両親の元、一家で世界を周る機会に恵まれた環境で、既に13才にして画学校で頭角を現す。
10才年下のアレクサンドリーヌ・デリューに絵画の手ほどきをしてラブラブに。彼女は鉛筆すら持った事が無かったという。

老いた母親が難聴になると、打ち合わせなどで重要な件は、筆談を交わすようになる。
その美麗文字のメモ書きが翻訳されているのを読むと、ビックリ。
次回作における僕の(哲学的な)主義主張が通らなかったとしたら僕は…………理解不能。
もしこれを82の婆が逐一毎度、理解していたとしたら……奥さん要らない。
母の手紙も見つかる。昔あなたに来た縁談相手は、今や何処何処の奥方で現状は。結婚しなくてよかったわ。



母が煩いせいかどうなのか。結婚には至らなかったが、30余年もお向かい同士行き来し(先にデリューが亡くなるまで)親密な時を過ごす。雲の上を翼つけて歩く二人のラフなインク画に微笑む……それが、たとえむくつけき髭のオッサンでも。

僕が死の床に入る際にはどうか、僕の手を握っていて欲しい…ラブレター(全世界に公開されちゃうんだ)。
デリューの死を深く悼み、自室にデリュー家の家具と調度品も置いた……モロー家のと遜色ない。








a0263388_13294278.jpg
季節毎に変わるバンドの好みと、観る絵画は似ている。さっさと行けと体内時計が命令する。
春モロー、陽春エヴァレットミレイなどのラファエル前派、夏カンディンスキーとパウルクレーにマティス、秋マグリット、冬ターナー。


現実でモローの選んだ女性は、慎ましやかで教養のあるお母さんと同じタイプだった。

自分になびかぬ男の首を所望して義父の前でクネクネ踊ったり
美しすぎる余り、亡国に貶めた人妻とか
生まれながらの淫蕩ゆえ、売春宿に入り浸る王妃とか
その美声で船乗りを拐かし、海に引きずり込む半人半魚とか
乱心ヘラクレスへのお仕置きで奴隷にした王女とか
自らを毒蛇に噛ませて死んだ絶世の美女でもなく。

白鳥や白馬に化けた所帯持ゼウスに絆されて、なし崩しに子を産む乙女でもなく。




ターコイズグリーン、ペルシャンブルー、夕陽の赤、土色、人工的な紫などは愛弟子のジョルジュルオーや、その教え子マティスに引き継がれても。細密で陰鬱で官能的な画風は弟子に見当たらず、サロメのエキゾチックな衣装と装飾品は、エジプトやギリシャの民族衣装をモチーフとして描かれ、モロー独自の美学に貫かれている。






a0263388_13295264.jpg
ご飯
油揚げ入りコンビネーションサラダ
煮込みハンバーグきのこソース
ニンジンとインゲンのソテー






a0263388_13300197.jpg
ご飯
青梗菜のお浸し
ネギトロ
アサリの白ワイン蒸し
牛スジとコンニャクの味噌煮込み






a0263388_13301157.jpg
アンチョビキャベツパスタ、カリカリチキンとナスのチーズオーブン焼き。

by kimawasanai_2 | 2019-04-10 20:05 | 美意識をやしなう

映画「メアリーの総て」

a0263388_12424881.jpg
小説「フランケンシュタイン」の原作者、メアリー・シェリーの昏い青春と無軌道な結婚生活。
1810年代としてはビッグスキャンダル。

進歩的思想の実母を、自分が生まれたが故の産褥熱で無くし、継母と折り合いの悪い16才の少女が。


書店を営む有名思想家の父親に背き、妻子ある高等遊民詩人の元に、義妹を伴って駆け落ち、安宿で内縁関係に。

野心家の義妹(実年齢は上)は、放蕩者バイロンの子を孕んでしまう。


貧しさで赤ん坊は死に、18才で書き上げた怪奇小説はどこでも出版を断られる。
シェリーの本妻は自殺、ようやく出た初版本に女の名は記載されず、八方塞がりの結婚生活。

観てるほうも難破船に乗せられてる気分。懐かしいセントパンクラスが出てくるのが、せめてもの救い。

イートン校からオックスフォードに進んだシェリー、ケンブリッジ出のバイロンは、女逹が這い上がるための格好の標的だったのだろう。



第二版はメアリーの名で出版されたから、良い人生だったではないか。ホンワカ気分でシェリー夫妻をWiki検索すると………

出るわ出るわ…映像化出来ない実態…似た者夫婦だった、強烈。




a0263388_12430034.jpg
2019伊勢丹ビーズフェアは春めいていた。設営会場縮小とはいえ、素材が天然石一辺倒ではなく、スパングルや防水紙の切り絵パーツが新鮮。




a0263388_12430994.jpg
天むす
ハムとカリフラワーのグラタン
厚揚げと大根の味噌汁







a0263388_12432212.jpg
タコと釜上げ桜海老と筍の春パスタ
小松菜とフジリンゴのポン酢和え
カツオのカルパッチョ







a0263388_12433115.jpg
タコと帆立のポテトグラタン
きゅうりのピクルス
生ハムサラダ
椎茸と海老の玉子蒸






a0263388_12433924.jpg
手羽元揚げプレート、塩鮭フレーク、海老帆立と小松菜の玉子とじ。

by kimawasanai_2 | 2019-01-25 20:05 | 美意識をやしなう
a0263388_14160988.jpg
仕上がり寸法85センチ。オレンジのバラの蕾をワックスコードでつないだネックレス。


大好きなシャンパンカラーのボンボンビーズで自由にコード開閉。
黒いウールトップスや、紺のドレスにサラッと合わせるつもり。


9月にもらった花束のつぼみをドライにして、ネイルラッカー塗装、レジンで固めた。
ベビーパールとパーツに仕立て、黒ケミレースを付けたら海苔………



忘年会景品は無難に、雫パールで飾り立てた水引ブローチや、シーグラスアクセにした。
ハンドクラフト2回目ともなると、芸達者な皆さんはハッキリ物申す。
ミュージカルの自前衣装は、ミシンなければ手縫いで仕上げるツワモノ揃い。



「シーグラスだけで良い。ビーズは自分で好きなのをつなげるから」
「モノはいらないから、こういうのを児童館で教えて欲しい」

私も「30分座り続けられないので、25分間ピンポイントなら」と言った。








a0263388_14161634.jpg
アジフライプレート、辛子明太子、松前漬、サラダ、アジフライコッペパン。

by kimawasanai_2 | 2018-12-09 20:05 | 美意識をやしなう

つるつるすべすべ

a0263388_14345714.jpg
暖かい午後、モッズコートとサテンスカートでバラの選定。上下とも草の実が着きにくい素材。
ボア裏地付きコートの下にカシミアニットを着込めば、真冬もイケる。
服を減らした結果、毎朝のコーデにときめく事は無い。

修学旅行生に3万円小遣いを渡して、ぐったり。
さすがに気が引けたのか、私のクローゼットから服を借りていく。



昂まるのはガーデンブーツ。






a0263388_14350830.jpg
ヘルシューレンを隔年で、強剪定すること15分…蜜月は15分。
忘年会は賑やかだったが、一人時間が貴重だ。

空き地のドロボウグサがバラに悪影響を及ぼすので、業者に伐採させ、自力で掻き集めること60分。



花の蕾がキャンドルみたい。
庭は教えてくれる。苦しむ作業のほうが多いから、小さな変化と喜びを見逃さない。






a0263388_14352262.jpg
ワッフル
舌平目のムニエル、深谷ネギのソテー
ウインナ、サラダ
オマール海老のビスク
さちのか







a0263388_14353337.jpg
ハンバーグプレート、ジャコ佃煮、しそ大根、サラダ、フルーツ。






a0263388_14360436.jpg
スパゲティミートソース
ヤリイカの大根煮
ポテサラ








a0263388_14370884.jpg
黒豚焼肉プレート、ポテサラ、トマチーオムレツ、しそ大根、りんご。

by kimawasanai_2 | 2018-12-07 20:05 | 美意識をやしなう

京都東山の午後

a0263388_14161230.jpg
「永観堂行かへんなら、楊貴妃の寺に行きなはれ」と東福寺駅前の商店街で勧められる。


山門まで坂道を登ること15分、泉湧寺(せんしゅうじ)は皇室の菩提寺で大きなお寺。
撮影禁止の観音像は、楊貴妃を模している。有名なナマズみたいなあれは、ヒゲではなく(笑、口元の表情を表している。
今まで見たことないcry綺麗だったYO




早朝から夕刻まで6キロ歩いただろうか。
太ももは凄まじい筋肉痛で限界に達し、別料金の特別公開御座所をパス。




a0263388_14164335.jpg
夜のライブ前に白河で過ごす。





a0263388_14165438.jpg




a0263388_14171634.jpg
昔、デヴィッドボウイが一年間京都に住んでいた時に来た、商店街。






a0263388_14173770.jpg
観光地のにしん蕎麦はお高い。ここはお手頃。







a0263388_14175450.jpg
ライブは素晴らしく、声も演奏も美しくて清い。知恩院前の市バスで京都駅に出て、23時発夜バスで帰る予定。






a0263388_14181467.jpg
翌朝9時帰宅。山一パンでパルミジャーノチーズトースト、京都のジャコをかけると美味。

by kimawasanai_2 | 2018-11-17 20:05 | 美意識をやしなう

着まわせない主婦が組み立てる、ワードローブ


by kumadori