色素沈着対策の色選び

担当医師に、乳がん初期治療と補助療法について説明を受けた。
10年再発率(18%)リスクを7%減らすべく内分泌療法、化学療法併用で6%減らす。

がんの浸潤径0.8と0.3センチ、pT1b、悪性度2/2、増殖能25%やや高‥オーダーメイド疾患と呼ばれるゆえんだ。

夕べの家族会議で、エストロゲン受容体陽性HER2陰性乳がんに対するS-1術後療法ランダム化比較第三相試験に参加することにした。
友人の夫が胃がん手術の後に服用で効果を上げていると教えてくれた。

a0263388_1022236.jpg

5年間ホルモン療法の副作用は肥満、更年期障害、うつ、子宮体癌など。
1年間無償抗がん剤の副作用は口内炎と皮膚の色素沈着など。

つまり、色白の小太りちび→→色黒の加齢臭デ○ちびになる。
腹が立つが5年後10年後と定年無く働いてオシャレする為に、併用療法を受けるしかない。

肌を白く見せるのはアイボリー、紺、赤のトラディショナルカラーだろう。
白、黒、ペールトーンは難しい。
[PR]
by kimawasanai_2 | 2013-07-31 10:02 | バランス考察

コンサバとは

a0263388_14193859.jpg

自転車のパンクを直すついでにデパートの最終セールに寄る。

「あーーもう、何着ても似合わない!ぜんぜんダメ」とかボヤいてるマダムがいた‥入院中もこの口調だった。

私は店員に聞こえるように「背は高いし顔も小さいんだから、全部買いな!!」と言った。

痩せ形のリンパ節郭清マダムは、私のレインブーツとショートパンツに目が釘づけ。
「うわっ、派手、若い」と後ずさりした。

かく言うリンパ節郭清マダムはショートボブで、退院日と同じ半袖ニットにロングスカートにパンプス。頑なまでに変えないんだな。

私の知り得る限り、税理士や開業医の妻は上から下までこのパターンである。(近所のパート主婦がうるさいから車は国産、外観は那須の山荘みたいで、中は大理石のオール床暖房の屋敷に住み、子どものサピックスと年に数回の海外旅行に捧げている)

「足の甲が日焼けすると貧乏くさいから」真夏でもストッキングにパンプスしか履かないし、「他人につま先を見せません」だ。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2013-07-29 14:19 | バランス考察

異素材カーデ

a0263388_14271651.jpg

今日から出勤。
白の上下にモカブラウンの前シフォン×後テンセル素材のカーディガンを羽織る。(スコットクラブ)
プチメゾン店員は私が購入したものを把握している。

夕べはコンソメ・気仙沼味噌仕立てのロールキャベツだったが、右手で料理すると倍の時間がかかるフラストレーションが噴出した。
昼に女だけでパンケーキを食べに行くが、皿に向かうと痛い。

小学生「何で乳首もないんだよバカーー」

私「何もしないで死んだほうが良かった?」

小学生「うん、死体のほうが綺麗なままだからマシよぉ!」


[PR]
by kimawasanai_2 | 2013-07-26 14:27 | ベーシックカラー

雪平片手鍋があれば

a0263388_18363236.jpg

夕暮れどきの買い出しで小学生がぽつり。

「お祖母ちゃん(80)家で5日間白いご飯ばっかりで、生姜焼きとかすきやの豚丼‥おいしいけど量が多くて吐きそうだったよ‥病院のお食事、美味しいんでしょ?私も食べてみたかったなあ」

☆アジのカルパッチョ、フジりんご和え
☆グリーンサラダ叙々苑ドレッシング
☆タラモサラダ
☆殻付きアサリの剥き身とエリンギのジェノベーゼソース焦がしパン粉かけ、エスカルゴ風オーブン焼き
☆バケット

ホーロー鍋でジャガイモを茹でる間に、カルパッチョを作り冷蔵庫へ。
茹で上げジャガイモを雪平鍋の中でつぶして、熱々のうちに辛子明太子・レモン・マヨ・コショウで味付け。

使った雪平鍋にオリーブオイルと赤とうがらしで殻付きアサリを炒め(あとで剥き身)、エリンギを加える。耐熱皿に敷き詰め、市販のジェノベーゼソースをかける。

使った雪平鍋で細引きパン粉を乾煎り、トッピングしたらオーブンへ。
イモを茹でた熱湯に雪平鍋を付け置き洗い。(その間にグリーンサラダとバケットスライス)
[PR]
by kimawasanai_2 | 2013-07-24 18:36 | 更年期のらりくらり

退院しました

a0263388_1244946.jpg

雨の退院日、微熱と痛みこそ続くものの、一週間ぶりに口紅を塗るとシャキッとする。
退院窓口で155860円を支払い、残金でタクシーに乗った。

夫がどのくらいケチかというと。
「ほら♪眼科で車を停めてバスの時刻表をケータイで撮ってきた、ひとりで帰れるよ」

眼科医院前のバス停まで徒歩1キロメートルある。
(1時間に2本のバス運賃500円なり。しかし、がんセンターから交通手段なし)

a0263388_1244951.jpg

帰宅すると部屋は整然‥悪しき床置きの習慣はなりを潜めたようだ。

テーブルに請求書やこども会の通知が積んであった。
ヤフオクで落札したパープルのゴールドビットベルトも届いた。

短縮授業を終えた小学生が
「お母さん、もう一回、おかえりって言って」と玄関で繰り返す。
[PR]
by kimawasanai_2 | 2013-07-24 12:04 | お買い物

入院費用概算

a0263388_14274168.jpg

術後5日目ドレーン抜去の朝、退院する3人の姉様を見送る。
「ワコールとユニクロで充分よ」とブラを見せてくれた。この先も勉強会で会える。

明日は私も退院。8日間の入院費用は160000円と出た。
数千円しか補助金が出ないことになる。

シャワーを浴びると化け物みたいだが、70万円かけて再建となると、皮膚を引っ張る痛みでおおごとだ。

ヒレカツをがっつり喰らい、壁向き腕立て伏せ30回が始まる。
[PR]
by kimawasanai_2 | 2013-07-23 14:27 | 更年期のらりくらり

土用丑の日

a0263388_781055.jpg

夕べは鰻とみょうが浅漬けをいただいた。

看護士いわく
「ラウンジに集うのは乳腺部の患者さんだけ(笑)。部に固有の集団カンファレンスの賜物です」

術前は互いに既往歴や家族の病歴などを探り合いながら、「傾向と対策」を練るという無為な時間を過ごした。
(癌の顔つきはそれぞれ異なるのだから、治療法と期間・費用もマチマチだ)

徐々に皆の意識は
「いつ死ぬんだろ」から、「お婆ちゃんになったら乳がん以外の病気で、肺炎あたりでコロリが理想」に変容した。

医局の先生トリオ(毎回、手術室に3人で入る)はテンション高め。

腕のリハビリと併用してエレベーターを使わなくなった。
「あなた、全館に出没してるわね」といわれる。

毎時間傷口のチェックで慌ただしい中、屋外のポスト投函はオッケーなので、暑い空気を吸っています。
[PR]
by kimawasanai_2 | 2013-07-23 07:08 | ブロガー様へ

マグリットにプラリネ

a0263388_9323037.jpg

見舞い客は、私が乳房全切除で落ち込む姿をおもんばかって来るが、声のトーンが一段高くなった私に驚く。

病理診断待ちの今、(ラインすれすれに乗っているが)抗がん剤使用の有無を選べ、定期的なホルモン治療で済む可能性も浮上した。

(ネオアコの雄、オレンジジュースのCDジャケットでも有名な)上半身が魚で下半身が女性という、シュールレアリスムの画集にぴったりな、差し入れの菓子たち。
マカロン(スミレ・フランボワーズ・ショコラ)とプラリネ(リップ・クラウン・ハート)

石垣島のパイナップルは夫にあげた。幼い頃から慣れ親しんだフィナンシェやジュレの味‥よそとダブらないように抹茶羊羹と海老せん‥スミレ色のタオルもいただいた。

一日の摂取カロリー1660kcalでBMI値19になった。20超えはファッション値から外れる。25超えは乳がん転移を助長する。

独身時代はBMI値14で危険だった。
[PR]
by kimawasanai_2 | 2013-07-22 09:32 | 美意識をやしなう

入院中の下着はジミに

a0263388_11492318.jpg

午後から実家の両親と夫が来るので、頑張ってブラを交換した。
ショーツは看護師が「落ち着いたデザインね、素敵ね」
ブラは医師がひょいと持ち上げて隅に置いたりするので、キティやマイメロでは赤っ恥をかく。

お見苦しいが私は見慣れた、ドレーンパックの排液が4日目ともなると薄まってきた。


両親は約束の面会時間に来て、入院費を置いていった。

番狂わせの夫は、
「ひと目、オヤジさんに会えると思ったのに‥ヴァカ娘ども、1時間遅れで祭りに行きやがった‥浴衣なんかで‥祭りなんてくだらない」と、カンカン。

「しかし、ふたつしかないのを良く取ったな。俺なら金玉の片方を取れない」と感心していた。
(そこかい!!)
[PR]
by kimawasanai_2 | 2013-07-21 11:49 | ベーシックカラー

さくらんぼネグリジェ

a0263388_11454325.jpg

夜明けに窓から見おろす松林やヒマラヤ杉の中を散歩したいが、外出禁止だ。

電話口で「わたしも同情されたい」と、しょげてた小学生も祖母にみそ汁と鮭をご馳走になり、元気な声だった。

夫曰く、買い出しから庭の手入れまで、姑の張り切りぶりがスゴい(笑)

朝食は「あまちゃん」をラウンジでstage1の7人衆で観る。
皆、女の園が心地良いと見えて「仕事がなきゃ3ヶ月いたい」


乳がん以外の書籍も読みたくなり、患者図書室で朝吹真理子「きことわ」を借りてきた。
日替わりパジャマを楽しみつつ、下半身浴・シャンプーと洗濯に挑戦。

回診で傷口に触れられると、飛び上がるほど痛い。
胸をくり抜いて神経が分断されているから当たり前か。
[PR]
by kimawasanai_2 | 2013-07-20 11:45 | プリント

着まわせない主婦が組み立てる、ワードローブ