<   2017年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

聖夜の着け襟

a0263388_12560291.jpg
ラルフの綿ローンブラウスで作った巾着は、捌けた。フリルの襟は端処理をして
着け襟に再生。すみれビーズでコスチュームジュエリーみたいなイヤリングを作る。


休日は映画「DESTINY~鎌倉ものがたり~」を観た。葬式は残された人を納得させる為にあるのだと、つくづく思う。地味な日常と黄泉の国のギャップが醸し出す面白さは、実写化にぴったり。死者をこの世駅からあの世駅へ運ぶ、江の電の幻想的シーン(逆走はお盆限定)と輪廻転生。死神役の安藤サクラが良かった。ゴス女としてはバカップルより、一途な悪鬼が好ましい。




顔用ステロイド軟膏2度目の塗布にて、頭皮の痒みと腫れまで退いた。しみじみ地続きなのだと感じる。
「すっぴんでも可愛いよ」なんて嬉しいこと言ってくれたる友人は、ただひとり。




a0263388_12561315.jpg
北風に舞い上がる、濃厚な香りのプリムラジュリアン。夕べは賀状を書き、同級生の焼くクリスマスケーキを思い出して彼女に電話した。
「リーコから電話だよ」と、(ひとつ先輩だった旦那が)学生時代と変わらぬ調子で彼女にいうのを聞き、不思議な感じ。







a0263388_12562655.jpg
小いなり寿司
ホワイトアスパラとロメインレタスのサラダ
肉詰めピーマンとマッシュルームソテー
ごぼうチキンスープ






a0263388_12563396.jpg
ご飯
ふぐ刺し
筑前煮
セリの湯豆腐
生ハムとクレソンの胡麻和え
春菊の玉子焼き





a0263388_12564041.jpg
ごぼうと小松菜のミートソースパスタ
壬生菜漬
ラタトゥイユ
インゲン胡麻和え
紫かいわれサラダ
クリスマスプレゼントは大学生の帰宅。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-12-25 20:05 | レース

補色をピリっと利かせる

a0263388_14232707.jpg
既成のネックレスは小柄な私に長過ぎるので、数個間引いてイヤリングを作る。


琥珀色のビーズネックレスを取り寄せたら、このバレンシアオレンジ色が落ち着かなくて取り外す。色の濃淡やボリューム質感が、単調にならないように配置されていて申し訳ないが、もっとオレンジは小さな面積で良い。

ドロップカラーの同系色で果実をまとめ、淡水真珠と白珊瑚にゴールドを少し。反対色ターコイズブルーをひと粒。こんな乙女チックなやつを作る精神状態がわかる。






a0263388_14233994.jpg
来年の開運カラーはオレンジ。




a0263388_14234795.jpg
連休に向けて休日出勤……毎年恒例、クリスマス前にはヘルシューレンの剪定を済ませる。「鉛筆より細い枝を刈り取りましょう」とテレビで説明していたが、可哀想でそんな単純に行かぬ。べつに大輪の花を咲かせなくても良いわ…という性格によるところが大きい。

通路中央までせり出した枝を泣く泣く切り落とす。業者が出入りする際に棘でケガでもしたら、管理責任を問われそう。







a0263388_14240049.jpg
根菜のビーフカリー、パイナップルの擂り胡麻サラダ。


カレーのページがヒットした。千波センセと同じ作り方だが、読んでいるだけで耳鳴りがして発狂する。よくもまあ放牧地の砂粒みたいな中から可愛い子を見つけ出すこと……あれは天性の資質だろうか。

この30余年間、勘違いしてた。ルクルーゼ鍋で15分以上の煮込みをした事がなくて……だから角切り肉カレーは家族に不評だった。試しに45分間煮込んでから15分間余熱に切り替えたら、お店の味になって大好評だった。






a0263388_14240715.jpg
ハムきゅうサンド、マスのバター焼き、イカフライ、サラダ、オレンジ。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-12-21 20:05 | オシャレ小物

クリスマスプレゼント

a0263388_13160484.jpg
バラ色珊瑚みたいなドイツビーズでイヤリングと指輪を、ピンクベ夏・色白の友だちに作って送る。ゴールドは身につけないとか。ミルキーピンクとジェイドグリーン。






a0263388_13161579.jpg
試しに私が着けたら、土気色の顔になって60才かと思った。






a0263388_13203512.jpg
ご飯
千枚漬け
冷やしトマト
しらすきゅうり
茹でカニの胡麻ネーズ
カキのキムチ鍋






a0263388_13220959.jpg
実家へ年内最後の挨拶がてら、お歳暮交換会。
「今年のクリスマスは息子が帰って来なくて、ひと安心だわ」と言うと、「去年も心配したけどヨカッタヨカッタ」と両親はおおよろこび。

皆が来るまでの15分間、ユーミン・オフコース・ワムを弾く。恋人はサンタクロース、さよなら×3、ラストクリスマス。



次妹から笑顔が消え去り、84で職場復帰した父だが、隣へも掛け持ちで復職してしまった。それ自体は立派な事だが、深夜に電話が鳴ると(また帯状疱疹で寝込んだのか…と)冷やっとする。

夏のチノパンを穿いて出掛ける父を、慌てて引き止める母。職員通路に、壊れた漬け物樽の水が流れ出す……そこまでして両親は、白菜漬けを毎日食べたいそうだ。

検診を控える私に、いつも茶菓子を隠していた母が「大丈夫なの?」と、菓子と煎餅の危険なジップロックを持たせる。えいたろはしんたろと同じぐらい心地よい響き。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-12-20 20:05 | オシャレ小物

ニットを着ない、忘年会

a0263388_12175049.jpg
忘年会はスキャパ千鳥格子ワンピに、ジュベルニースカーフ。皆も朝練のカーデを脱ぎ、布帛のプルオーバー。結局ぐたぐたで声が出ず、幹事が勤まらなかった。





a0263388_12191052.jpg
今年の景品は(昨年の100均はやめて欲しい…という本音が耳に入り)、焼き菓子とハンドメイドアクセにした。(ビーズは着けないわ私)という人には、アクセ用巾着を縫った。

「ゲームの前に…25種類並べておいたのでご覧下さい。この為に材料を購入する事は致しません」と小イヤミを言うと、誰かがそっぽを向いた。


そのあとの反響にはビックリ……巾着を選ぶ女が皆無だった。
「すごいのねえ」「細か過ぎて…」と遠巻きに眺めていたマダムが、ワイヤージュエリーの指輪を着けた途端「素敵、こんなの見た事ない」とか「お休みした人に、巾着に入れて届けたい。何倍も素敵に見えるもの」などと言い出した。

五十路と六十路がテーブルで見せっこ(笑。人気があるのはゴロンとしたビーズアクセよりも華奢なコード、ステーションネックレスとワイヤージュエリーだ。セミプロ級の人もいて「カクテルリングは初めて」と言った。

恐ろしくてどれが誰に……という嫁入り先の把握はしない。でも可愛い人は私のテーブルに「アシメトリーでセンスいい」と見せにくるので、なるべくアドバイスする。
「ビーズが通年使える色よ」とか「サンゴは金属と組み合わせると素敵」など。


あらかたが着けて帰った。
「アクセサリー、大盛況だったじゃない!」

嬉しさよりも戸惑い、複雑な気持ちのほうが勝っていた。
(華奢な××にはこれが似合う、女優顔○○には…)と、ひとりひとりを思い浮かべながら、半年間かけた(私に似合わないものを組み替えた、コレクション断捨離だ)。

ところが皆、自分のパーソナルイメージとは真逆のブツを嬉々として選ぶ。白百合みたいな痩せた奥さんが特大リングをはめたので、慌てて止めたら。
「私、骨と関節が男みたいなの」……なるほど。

チョーカーに収まり切らない首でも「これから痩せるから大丈夫。手元に置いて眺めたい」て…………。

「お似合いだわ、さらに指が長く見える」
私の指輪をはめたマダム達の手の甲を、頬に当ててその感触を楽しむ(役得)。





就寝前の「来年も隣にいてね」メールにホロッと来た。





a0263388_12182025.jpg
ご飯
まぐろの刺身
小松菜とベビーホタテに中華炒め
ローストポーク
富有柿




a0263388_12183538.jpg
ベーコン揚げナス小松菜のトマトソースパスタ
タコのカルパッチョ




a0263388_12184124.jpg
エビ天シイタケ煮弁当、タラコ、玉子焼、ハムもやし炒め、カリフラワー、紅玉。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-12-16 20:05 | ワンピース

fiber heatの季節

a0263388_12141692.jpg
気温10度未満、手袋にはライナーが無いとつらい朝。ツィードジャケットにライダースベストとエンジニアブーツを足して、夜はライブへ。シャツの下にしまむら、シースルースカートに毛糸パンで冬コート要らず。





a0263388_12150639.jpg
ISPで今世紀最大の発見をした(笑。姑にも買う。





a0263388_12163346.jpg
ムニムニダイズ12周年記念ギグ。朋の脇の下からシンタロを覗く幸せ……くるくるすると、明日の忘年会幹事がとても務まりそうも無いからがまん。

朋のコーラスってオスだ……どちらのバンドも11周年のときより凶暴。ピンヒールのニーハイをクロスで締め上げた筒と太ももの隙間に、ハゲシク萌え。

新生児で縦揺れの手本を見せる、るりに惚れ…今後の活躍を祈ろう。
お花めがねでパワーパワーの大さんは、お人形さんみたい…ピンクでも毒は盛れる。そして、バーサーバーサーの光景は忘れられない。上下フロアをスタスタスタスタ(静々ではない)行き来するボーカルを、男女が取り囲む図。


この前、私の車で家族とホームセンターに出掛けたら、後部座席から
「タータンの声ってキレが良いよな」
「うん、タータン好きーー」と聞こえて来る。
「今夜は……納豆ご飯ね」と答えた時点で、近々現れる予感がしてた(笑。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2017-12-15 20:05 | ベーシックカラー

着まわせない主婦が組み立てる、ワードローブ


by kumadori