<   2018年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

こげ茶は難しい

a0263388_13144184.jpg
ベージュやグレーより似合うのに、黒の次に手強い、焦げ茶色スムーススカートが今季の出番。
ショップで見かけた、立て襟のレースブラウスに茶のカーデなら合うのか。


地味なわりに強い焦げ茶が、ベースカラーに向かないのがわかる。
ヘマタイトのロングネックレスと。




a0263388_13151281.jpg
カーディガン6枚。こげ茶のボトムスにはトーン(明度と彩度)が違うと、合わせるのが難しい。





a0263388_13165455.jpg
ジャケット4枚。黒以外はスカートに合わせられそうだ。







(黒服限定)
a0263388_13153830.jpg
トップス3枚×ボトムス3枚、理屈では9通りに着回せるはず。ただし肌コンディションが良いときだけ。

小柄な私がリミフゥのロングベストをどうしても着たければ、ジョセフの台形ミニスカならばバランス取れる……
たられば服の最たるもの。


両側から迫力の黒スケがドリンク片手に無言の……………生存確認か。







a0263388_13154219.jpg
鶏の鍬焼き弁当、アサリと油揚げの煮物、ナスおかか和え、佃煮ピーマン、オレンジ。







a0263388_13154775.jpg
柚子胡椒唐揚げ弁当、エビチリ、衣笠焼、チコリサラダ、ラフランス。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2018-10-31 20:05 | 流行色

無地ストール買い替え

a0263388_13334023.jpg
パソコンをアップデートに出したら、動作に不慣れでいる。

ベージュにグレーのストールはロイスクレヨン。今夜のネイビードレスに合う。ピンクベージュは処分。






a0263388_13473933.jpg
休日、白金台から庭園まで歩く。2年振り鑑賞してから夕飯、のんびりライブに行くつもり。
旧館でポワレのドレスとV&Aやショーメの宝飾品に飽きて、2階をパスして新館に直行する。

こちらは私好みのプリミティブな椅子や野獣の描かれた絵画があって、心浮き立つ。平日の夕刻は人もまばら。

屏風仕立ての巨大板絵の前に、周囲と頭ひとつ抜きん出た先客がいた。背筋が真っ直ぐな後ろ姿だけで誰か分かった。
アースカラーのコートとパンツが、絵に溶け込みそう。数時間後にはハロウィンの扮装に身を包むのだろう。

あの中でここに来るとしたら彼ぐらいなものだろう…と予測は付いた。
チケット売り場で「日本庭園は4時半閉園ですので、先にお庭を」と薦められた、入館のタイミングに感謝した。


彼は私を横目で一瞥し、それはまるで机や鉛筆を見る目だった。私は目を合わせずに視界から外れ、鑑賞した。荒々しく打ち付けるようなタッチのラインやドットが気に入った。Uターンする、見慣れた茶色の靴音が部屋に響いた。


映写室では1930年代モノクロ映画を解体した、赤い粒子の散乱映像が流れていた。
暗がりの向こうに、座席から伸びた背筋が見える。

ここは赤と黒がチカチカして目に悪い…チョップかよ………1分といられず退出(そしてあの一人時間がとても楽しかったらしい、と後々知る)。


仄暗い旧館2階は、可憐なフリル傘電球の寝室や青味を帯びたバスルームや車庫がパリ。
通路を行きつ戻りつして観る、ジョセフィンベーカーのポスターや、とろみを帯びた釉薬の大物陶器は見逃せない。

どの小部屋も不安になるほど暗いが、学芸員達が調度品のように控えていて「順路6を見そびれました」と言えば、助けてくれる。





a0263388_13490992.jpg
JUNの肉食ベースに、楽しみが増えた。
4日目は好きなバンドばかり。客に混じって既出の演者もフロアでイントロから泣く準備してんのに、あのdry……一生の記念だ。

頭からアールデコ様式の洋館が吹き飛んでしまった。




a0263388_13493153.jpg
ワンコインランチ行列で有名な、ここの点心は最高。
大根餅は香り高く美味、今までの自作は一体何だったんだ……落ち込む。






a0263388_13494976.jpg
週明けのコーラス発表会が終わり、来春までお役御免でホッ。頚椎症で楽屋で寝ていた。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2018-10-29 20:10 | お買い物

5代目紺ジャケット

a0263388_13090818.jpg
金ボタンのフェルト紺ジャケットを処分して、クレージュの銀ボタンウールにした。

クラシックに肩が尖ってウエストシェイプ、袖口を折り返して着られる。基本はミリタリージャケット好き。



去年もキュウイカラーのボーダーTとターコイズブルーの中畦コーデュロイスカート、グレータイツとトートバッグ、ジョニーモークのパンプスだった。
マイ定番をマイナーチェンジしてるわけだ。


(本題)
私もかつて、手持ち服を撮影したカード、エクセルでワードローブのパソ管理など、やれるだけのことはやった。
やらないよりかはマシだった。しかし根がパンクな上にズボラの、達観主義者。

決して少ないとは言えない服を、さらに服飾小物でパリ左岸の女、ポートベローのビンテージディーラーや街のおばあさん、余力があればミラノマダムに着分けたい……30年も同じ事を言っている。


電車の乗客が横一列に秋色をまとっているのは、良いものだ。

スウェットシャツがエンジ色、ナイキのスニーカーがグレーのスウェードだったり、サコッシュがモスグリーンだったり……
その程度の変化でじゅうぶんだ。そこには連れへの思いやりを感じる。






a0263388_13095490.jpg
胡桃蕎麦
いか天、ネギ小女子のかき揚げ
グリーンサラダ
酢だこ
ローストビーフ
ブルーベリー






a0263388_13100053.jpg
ニジマスのムニエルプレート、フランスパン、サラダほうれん草、ナス焼き、ハムキャベツ炒め、トマチーオムレツ。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2018-10-24 20:05 | ベーシックカラー

バッグ底面の見直し

a0263388_13052111.jpg
底面35センチ以上のバッグを3つ処分して、31センチ程度のを3つ買う(えぇ…)


今までは譜面と飲料、学校見学の受験資料がサクッと入るA4サイズにこだわったが、次はサブ持ちで済ませばいい(15個……)。

ピンクの布帛ミニボストンは軽く、マチたっぷり。そして、一部に革が使ってないとダメ。



ゆるトップスとワイドパンツを、シャツインで着倒す。
店員は、まだこれらのシルエットが旬のうちに
「ビッグシャツは、もはや定番」「ワイドパンツはスカート感覚」などと、口八丁手八丁で売るのだ。





a0263388_13053334.jpg
グレーのしぼ加工が傷を目立たせない2way。ホックの開閉で台形や長方形になる。
エッフェル塔スカーフを巻いてアクセントに。
茶×ピンク×淡グレーは可愛〜〜ぃ。





a0263388_13060234.jpg
「その、にの腕は公然猥せつだッ」と娘がうるさくて、セクシーサンドレス2着処分した時はさみしかったが、1枚で着られる七分袖ワンピは安心と悟る。







a0263388_13061739.jpg
ご飯
ピクルス
ラムステーキ紅玉りんごソース
千切りキャベツ
秋鮭唐揚げすだち風味
いかキムチ鍋






a0263388_13062242.jpg
ポークカリー
帆立のカルパッチョ
コンニャクおから煮








a0263388_13064555.jpg
海老バゲット
ツナにんじん白胡麻和え
ステーキ春菊サラダ
エリンギソテー
ベイクド紅あずま
黒胡麻ワカメのネギスープ

[PR]
by kimawasanai_2 | 2018-10-22 20:05 | ワードローブ
a0263388_13230039.jpg
大好きな白いハラコベルト。摩擦厳禁で収納場所に気をつかう。初代の細タイプは捩じれ、スタッズが剥がれ落ちた。
これにアレクサンドルの髪留めでもあれば、幸せな年代。





a0263388_13231867.jpg
コットンブロード地のスカートでは寒く、チノクロスに着替える。
ロンダスタークのフリースケープに、ミネトンカモカシン。春との違いは、他アイテムの茶色度が上がるところ。


遠いサロンまで髪の根元をリタッチしに行く。自分で済ませると、まだら修正にペナルティーがつく。
年々、顔が縦に延びてユーウツ。




a0263388_13232964.jpg
異常気象で剪定と消毒を一度サボったら、黄変した葉が落ち、縮れたヘルシューレンが咲いた。
土台の肌がズタボロだと、縮れた爪が生えてくるのと同じだ。






a0263388_13233562.jpg






a0263388_13235006.jpg
厚切ベーコンとイカのトマトソースパスタ
カブとピンクグレープフルーツの水菜サラダ








a0263388_13235532.jpg
ご飯
漬け物
焼きカレーコロッケ
千切りキャベツ
高野豆腐煮
枝豆
鮭中骨缶の白菜鍋

[PR]
by kimawasanai_2 | 2018-10-20 20:05 | オシャレ小物
a0263388_17235364.jpg
ローファーのシルバーはグレーの代わり。今季は大阪カラースキームで行く。

23区の赤煉瓦ベロアパンツにベリーカラーのバッグ。レンガ×ボルドーのマネキンを二度見したから、店員に「よほどこれがお好きなんですね」といわれた。

基本トラッドなので、ハイゲージロングカーデと白シャツが落ち着く。
ロング黒蝶真珠のイヤリングは使える。






試験週間は丼やワンプレートで済ませる。

a0263388_17241108.jpg
穴子天丼、小松菜胡麻和え、焼たらこ。







a0263388_17241773.jpg
牡蠣きのこ小松菜のドリア
ステーキわさびそーす
もやしソテー
ピーマン海苔あえ









a0263388_17243976.jpg
海老チリプレート、春巻き、チリチリこんにゃく、もやしとハムの辛しあえ。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2018-10-18 20:05 | お買い物
a0263388_13435756.jpg
リジッドデニム回帰。立ち襟のピンタックシャツに茶色カーデ、ウールトート、トレッキングシューズ、羽根イヤリングで秋の雑木林を散策したい。

ソックスはローラアシュレイ野苺。丈夫で、ここに匹敵する可愛い靴下はもうないのか。


40代は襟の堅いカッターシャツが好きだった。50を過ぎて、柔らかいブラウスが似合うようになった。





a0263388_13441667.jpg
ヴィヴィアンの水色デニムは、毎年ピンクカーデと。今年は水玉のてろてろボウブラウスと合わせて。

グランフロントのロンハーマンはピンクラッシュと称し、ピンクアイテムが可愛かった。


夕飯の支度に取り掛かる私の背後から、高校生がすり寄って来て…

「お母さん……背中のハミ肉が…腰に乗っかってるッ!!」
「浮き輪ね。あんたの30年後の姿だから安心しな」


身体は、おいおい絞るとして、、、もう重量デカトートは疲れた、処分決定。
心身ともにタフなときは、これ持つだけで外国車に守られる頼もしさだったけど、気力だけでは持たないと知る。







a0263388_13442812.jpg
庭でチューリップの植え付け中に、寒緋桜が狂い咲きだと喜んでたら、
友だちに「それは10月桜、冬桜なの」と教わった。







a0263388_13451057.jpg
ご飯
サンマの塩焼き
シュウマイとサラスパ
キノコの根菜シチュー






a0263388_13451557.jpg
いくら飯
白海老と三つ葉の玉子焼き
手羽元オーブン焼き
あさりの大根煮





a0263388_13452080.jpg
ヒレカツサンド、柿、みかん。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2018-10-16 20:05 | レース

私を構成する3枚

a0263388_13231904.jpg
私のワードローブに多大な影響を与えたであろう、わが家の3美女を紹介します。
アラモアナショッピングセンター購入、ペギーホッパーのポスター。ハワイの言葉で「メリークリスマス」。

実家の母と私は当時、姑が水路で育てるジンジャーリリーにゾッコンで即決。
近隣でオーダーした額が高くつくが、眼が合う度にパワーチャージ。



冬もPコートに、キルトや花柄でハワイアン…未だROXYロゴにキュンキュンする。




a0263388_13235354.jpg
かつてロリータレンピカとシャンタルトーマスのお耽美ガーリー服は、スゴかった。
20代はヒロミチナカノの燕尾スーツや、マリココウガのワンピースが好きだった。


マスキュランドレスのルックは永遠の憧れ(ただしモデルはスキンヘッド……)。






a0263388_13234599.jpg
フレデリックレイトン「燃ゆる6月」の、オレンジの薄物でまどろむ美女に心なごむ。

マルコムマクラーレンの名盤「ワルツダーリン」ジャケでも有名。
こんなエレガントなのに、中身がパンク。


「あるもので済ませな」がパンク精神だから、向こうの若い子が制服をカスタマイズしたり、貴族出身者がわざとズタボロにしたりと、魅力的。網タイ好きもここから。






a0263388_13240952.jpg
ルクルーゼ鍋の鶏五目炊き込み御飯
タコとインゲンの黒胡麻ドレッシング和え
なめこの天ぷら
さつまいもスティックフライ
フルーツ






a0263388_13241874.jpg
たらこと三つ葉のバタースパゲティ
タコとカブのマリネ
みかん

[PR]
by kimawasanai_2 | 2018-10-14 20:05 | 美意識をやしなう

3代目オレンジモヘア

a0263388_12593904.jpg
ここ四半世紀、オレンジモヘアニットを更新し続ける。初代サイラス&マリア、今回アニエスb.のニットワンピ。
スケスケモヘアに防寒性は期待してなくて、シャツとミニスカに被せるニットアクセサリー。
シルバーのミニバッグもアクセサリー代わり。
カルダンのスカーフ八の字巻き。

グレージュブーツを出したら、いきなりロングでも違和感ないほどに寒…。




体調と記憶が回復して来て、ブランニューの思い出を記す。
華奢な色白、二重まぶたで黒髪をまとめてる男は、どれも大さんに見える……(交通費25000円掛けても、大阪のハコにいる実感がない…ない……)アーリーだけパッキンで偉いぞ。

ロウズの手を引いて、ギグルスが静々と進む。さまざまな色味の紅茶染レースの袖口を、触らせてもらった。さぞや白い出で立ちが、ステージに映える事だろう。



ゴーストインサイドオブミーは語りが減ったぶん、楽しいギャルバン編成(若干1名、男も混じる)。
ノン†レム†ノンはそうそうたるメンバー、早くも音源が待たれる……地獄絵のときも聴きやすかった。
レムナントは囁くような歌い方に、トリップホップの要素も入る。
11年目という2-BULLETは、昔の無料配布CDが素晴らしくて宝物…しかしナマはうるさい(嫌。
ローズドレフィクワァルエギグルスは今回6人、ショートステージが新鮮。たぐり寄せる赤い糸が印象的。
待望のポワゾンデルメス再始動、華やかエロチックで素敵。凛々しいカーマ鍵盤とマリアマリ四弦。



1人を紹介されると、律儀な人が次の人を引っ張って来てくれて、ぼっちで踊る事も無かった。
SNS見てると、同じ音や建築が好きなんだね。
悩みが尽きぬ私は当分、昼の水上バスで楽しむよ。






a0263388_13003466.jpg
舌平目のカレー風味ムニエル弁当、黒酢酢豚、レッドキャベツサラダ、ふじりんご。







a0263388_13004354.jpg
ご飯
白菜柚子漬け
トマト
ステーキ、グリーンアスパラポテトソテー
かきと水菜の鍋






a0263388_13004997.jpg
鮭の西京焼弁当、エビカツタルタルソース、ニラ玉、サラダ、ふじりんご。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2018-10-12 20:05 | ワンピース

大阪30時間ツアー

a0263388_12334912.jpg
夜行バス経由地で降りては、真っ青な顔で外気に当たる。車窓から寝ぼけまなこで見た、船場ビルと橋に安堵。

前夜の出発から9時間半後、てんしば到着。キンモクセイが満開の動物園に収まるかのような通天閣、目指してひたすら歩く。


新世界は串カツの油の匂いに混じって、フルーツポンチの匂いが漂う(笑。



a0263388_12340738.jpg
紺のドレス20ポンド、ローラアシュレイのヘアコサージュと雫パールを合わせて。

リネンカーデ羽織って新世界の純喫茶で、おめざのプリン。街をあげてクリーンにして人を呼ぼう、という気概が感じられる。
スーツ姿のサラリーマンやOLが、自転車で通り抜けてパワーをもらっているみたい。

天蕎麦230円の立ち食い店から覗く、爺ィ達の傷だらけの脚に震え上がるも、小綺麗な身なりのご隠居が集うレトロな店もあって楽し♪




ネット予約したアクアライナー乗船までの待ち時間に、寝屋川橋トン太本店でシソ巻定食。
午後の大阪城公園は、クラフトビールフェアで盛況だった。


一時間のクルーズはガラス越しに、行きたいレトロな建物と降車駅を確認する。





a0263388_12341654.jpg
北浜のティールームで90分待ちでお茶。陶器ポットではない紅茶と、ヘビーな英国ケーキに疲労困憊。


a0263388_12342769.jpg
rem † non † rem - Paradise Lost & 蝕罪~the Redemption~
夜食のたこ焼き予約、宿にチェックイン。裏口からトンネルくぐってブランニュー。

ロウズ様を機に人づてに紹介されて、ぼっちで踊るような事は無かった。
関西勢は演者もファンも、関東にちょこちょこ来てるし。

白塗り多し、好みのバンドばかりで楽しい。一見暗いが、カリガリ好きにウケそうなメロディだ。
ぷわぞんデルメスのランゼに魂を抜かれ、猛ダッシュで宿に帰った。



バスで9時間半掛けてまで来て(座席フルフラットにならない)、アリエにのろけ聞かされるとはな………

長〜いうでで肩を抱かれ、バラ色の耳と口角と舌を貫くぶっといボディピアスを眺める。
柔肌におぞましい金属が融合……私をビィビィ泣かせては屈託なく笑うが、互いの親達も同世代。

3分置きに私の名を尋ねるので、「あなたと似たようなもんです」と応える(笑。
今宵は無言劇だが、次こそバンドで歌って欲しい王子様。








a0263388_12343925.jpg
一夜明け、帰宅日。悩み抜いたのが嘘みたいな餅肌、スルスルと化粧乗り良し。

淀屋橋からの見事な朝の景観に、皆が立ち止まってパチリ。
河沿いの歴史的建造物を見て回ろうと、市役所から府立図書館へ抜け、建物内を探検(日曜祝日はカフェのみ)。








a0263388_12344552.jpg
中之島バラ園のFLはまだまだ、HT品種は見頃。北浜まで歩き適塾を見て、便利な御堂筋線で梅田へ。





a0263388_12345124.jpg
グランフロントの雲丹パスタランチ。食後に色の氾濫する秋物を見て、関西マダムの装いに息をのむ。

[PR]
by kimawasanai_2 | 2018-10-09 20:05 | 美意識をやしなう

着まわせない主婦が組み立てる、ワードローブ


by kumadori